2010年12月29日

なんだ、チミは課長になったのか

どうやら半年ぶりの投稿でございます。

なにせ年の瀬に乗じて気を抜いたつぶやきを流したところ、期せずして「たまにはブログ書け!」コールが巻き起こってしまいましたので。

kacho007 / 課長007
大掃除出社後、ランチョンビールの納会を終えた今、年内最後の会食までの時間をどう使おうか途方に暮れているなう at 12/29 13:14


ということで、満を持して3ヶ月ぶりに当ブログにアクセスしようとして、いつもの通り[課長ほど]でググったところ↓こんな記事を発見してしまいましたよ。

課長ほど面白いポジションはない | ヒューマンキャピタル Online:その他
 東レ経営研究所の佐々木常夫社長は「ビッグツリー」に始まり「部下を定時に帰す仕事術」など立て続けに3冊の本を書き上げた。特に、3冊目の「そうか、君は課長になったのか。」は発行から3カ月で8万部を超えるベストセラーとなった。それはなぜなのか。佐々木氏への直接のインタビューで明らかにする。


タイトルのセンスが、、、我がことのように恥ずかしいです。。。

どうやらご著書が売れているということはツイッターで認知していたのですが、

kacho007 / 課長007
二匹目のドジョウは「そうか、君はまだ課長だったのか」で決まり!w RT @yaskin69: 皆様、ありがとうございました! 引き続き何卒よろしくお願い申し上げます! 『そうか、君は課長になったのか。』増刷 at 09/08 11:14



ブログのネタをご提供いただいたことに衷心より御礼申し上げつつ、
来年も覚えておりましたらぜひぜひ拝読させていただこうと思います。


【関連エントリー】
- マイクロ・マネジメント(極小管理)の戒め
- マネジメントとは
- リスクとバッファしかマネジメントしない!?TOC−PM
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



そうか、君は課長になったのか。
そうか、君は課長になったのか。佐々木 常夫

WAVE出版 2010-02-20
売り上げランキング : 806


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 まずはじめに、「志」をもちなさい
第2章 課長になって2か月でやるべきこと
第3章 部下を動かす
第4章 社内政治に勝つ
第5章 自分を成長させる
■内容紹介
●今、“課長受難”の時代を迎えています。少ない人員・予算で、かつてより難易度の高い成果を求められているからです。
●こんなときこそ、課長職の「核心」をしっかりとらえることが重要。そして、部下の心ガッチリ掴んで、最短距離で成果を出す知恵を絞る必要があります。
● 東レ経営研究所の佐々木常夫氏は、39歳で課長になったちょうどその年に奥様が病に倒れ、自閉症のご長男を含む3人の子どもの世話を焼くために定時で帰ることを余儀なくされました。
●当時、佐々木氏が課長を務めた部署は超多忙。「課長職の本質」を一刻も早く掴まなければ、仕事も家族もともに倒れてしまう状況でした。そこで、佐々木氏は、試行錯誤を繰り返しながら“上司力”とマネジメント・スキルを磨き上げていきました。
●そして、困難な状況のなか数々のビッグプロジェクトを成功させました。その後、部長、取締役、社長に就任。今では、奥様も完治され幸せな家庭生活を送っていらっしゃいます。
●本書では、その佐々木氏に、課長の「心得」と「仕事術」の真髄を伝授していただきました。大小さまざまなスキル・ノウハウを紹介しながら、その背後に欠かせない「志」について熱く語っていただきました。
●課長時代に苦労した佐々木氏だからこそ書ける、「悩める課長」への心のこもった37通の手紙。ぜひ、多くの職場のリーダーに読んでいただきたいと思います。
■内容(「BOOK」データベースより)
課長時代に、病に倒れた妻と自閉症の長男を守りながら、部下をまとめ上げ、数々の事業を成功させた「上司力」の真髄。
■著者について
1944年秋田市生まれ。1969年東京大学経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男に続き、年子の次男、年子の長女が誕生。初めて課長に就任したとき、妻が肝臓病に罹患。うつ病も併発し、入退院を繰り返す(現在は完治)。
すべての育児・家事・看病をこなすために、毎日6時に退社する必要に迫られる。そこで、課長職の本質を追究して、「最短距離」で「最大の成果」を生み出すマネジメントを編み出す。数々の大事業を成功に導くことに成功する。
2001年、東レ同期トップで取締役就任。2003年より東レ経営研究所社長。経団連理事、政府の審議会委員、大阪大学客員教授などの公職歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在となる。
著書に『新版 ビッグツリー』(WAVE出版)、『部下を定時に帰す仕事術』(WAVE出版)。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐々木 常夫
1944年秋田市生まれ。1969年東京大学経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男に続き、年子の次男、年子の長女が誕生。初めて課長に就任したとき、妻が肝臓病に罹患。うつ病も併発し、入退院を繰り返す(現在は完治)。すべての育児・家事・看病をこなすために、毎日6時に退社する必要に迫られる。そこで、課長職の本質を追究して、「最短距離」で「最大の成果」を生み出すマネジメントを編み出し、数々の大事業を成功に導く。2001年、東レ同期トップで取締役就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タグ:課長
posted by 課長007 at 17:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - なんだ、チミは課長になったのか

2010年06月19日

「バカと暇人」ってのは「バカな暇人」でも「暇なバカ」でもない件について

例えば、Amazonでレビュー書いてる人って「バカ」と「暇人」のどっちなんでしょう?
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)中川淳一郎

おすすめ平均
stars本のタイトル通り
stars結構納得
starsかしこい人はわかっている
starsウェブに特有の問題ではないのでは?
stars第五章ネットはあなたの人生をなにも変えない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



先日、某紙の方と会食した際(あ、ご馳走様でした)、

「マスゴミって言われるほど、うちはマスじゃないんですよねぇ(エヘッ」というような会話の流れで、

「この段階ぐらいのツイッターとか見てると、バカと暇人を体感できてよいです。」と、

夢をかなえるツイッターのビジネス活用をお薦めしておきましたYO。


もうこれホント、リアルではほぼ確実に接点を持たないであろう面白キャラの存在を知らしめてくれるところが、インターネットってやつのスゴいところだと実感する日々でございます。

英語できない取締役は2年でクビとかって普通に任期中のミッション遂行基準を無視した経営がまかり通る我が国ですが、

海外の方々とお付き合いしなくたって、英語ができなくたって、

わたしは我が日本の国土のコンマ数%しか踏みしめたことないですし、友達100人に対して会ったこと・コミュニケーションしたことのない人なんて1億3,000万人ぐらいいるわけです。


で、過去を振り返りながら日々進化する日本課長の会的に、この「バカと暇人」についてあれこれ妄想する中で、

なぜ「バカな暇人」ではなく「バカと暇人」だったのだろう?

と余計な疑問がわいてきました。


・男と女

・巨人と阪神

・バカと暇人


他の種族から見ればなんてことのない同類でありながら、厳密に区分されたクラスタ「バカ」と「暇人」

それぞれで数冊の本が書けるぐらい深い世界が広がっていそうなので、特に探求する気は起きませんが、参考情報ありましたらお気軽にお寄せください。


【関連エントリー】
- twitterの短かった夏...はてな難民の憂鬱 #twitter
- 人間は皆、囲まれた集団ごとに異なるキャラを持つ生き物
- 1Q84というタイトルからバブルを想起してしまうバカと暇人がウェブには多いということです
- 日本的経営の三種の神器を支えたものは新聞の宅配制度だったのではないか?
- ネット上で「マスゴミ」とかって発信する人々が何を言いたいのかよくわからない件
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)
今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)中川 淳一郎

おすすめ平均
stars前作を読んでいれば要らない
starsこの本の視点を持っておくことは必要
starsそんな結論では、だれも救われない
stars自分視点 と コピペ だけでまとめた本
stars前作のようなインパクトはないけど面白い読み物

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
はじめに ネットのすごさは分かるけど、ネットに疲れてしまったすべての人へ
第1章 今日も誰かがボコボコに叩かれている
滝川クリステルと青木裕子の炎上騒動/「原爆をもう一回落とす前に国へ帰れ、クソったれジャップ!」/「爆笑問題・太田vs殺害予告男」テレビ対決のてんまつ…
第2章 いつまでも罵倒を続ける暇人と、常に可能性を説くネット教信者
ネットの「自民優勢」予想はなぜ大はずれしたのか/あまりにも多かった選挙特番へのバカ投稿/衝撃的な梅田氏の「残念」発言…
第3章 ネットは芸能人とバカなファンのパラダイス
堪忍袋の緒が切れたガリガリガリクソン/美人代議士のオッパイ丸出しDVDは4万円…
第4章 ネットの通説はウソばかり――「夢」と「煽り」に騙されるな
「妹にオナニーを見られた時の反応」スレッド/クラウドコンピューティング=「グーグルを使え」ってこと?…
第5章 本当に大切な人も仕事も人生も、ネットにはない
あまりに不気味なオフ会/ネットを熱く語る人はラーメン評論家と同じ…
■内容紹介
●内容紹介
みんなが持ち上げるTwitterなんて、本当はただの「暇つぶし駄文垂れ流しツール」じゃん!
辻希美、イチロー、島田紳助、新山千春、ダルビッシュ紗栄子……たちを叩いて面白いのか?
「デジタルネイティブ」なんて、単に「約束できない奴ら」「本を読まない奴ら」だろ?
…… など、『ウェブはバカと暇人のもの』著者が、ありあまるウェブ上の抱腹絶倒バカ事例を紹介・分析し、流行と通説に「NO!」を突きつけ、今回は「ネット万能論=ネット教」とその信者たちをガツンとぶっ叩く。ネットへの「夢」と「可能性」をバッサリ批判しつつ疾走する、怒りと笑いの最強ウェブ論!
■著者からのメッセージ
「私は断言する。ネットほど不気味で、不自由で、窮屈で、疲れる場所はない、と。
それは、ネット万能論を信奉する『ネット教信者』と暇人のせいだ。
やたらと新しい言葉を生み出し、『世界を変える!』『革命だ!』と煽る人々、Twitterというオモチャが大好きな『かまってちゃん』たち、太っているというだけの人を『豚野郎』と叩く連中、何にでも文句をつけるクレーマーども……。彼らの本当の姿を暴き、「ネットへの期待と幻想=ネット教」を終わらせるために、私はこの本を書いた。
ネットはとんでもなく便利な道具。ただそれだけだ。
本当に大切な人も、人生も、思い出も、ネットには存在しない」
ブログもSNSもあなたの人生を何も変えない。ブロガーイベントも企業の業績を上げない。
「オバマ大統領がTwitterを使っていた」なんてウソだったじゃん!
ウェブの「集合知」なんて一部の頭の良い人の世界で、ユーザーの大多数は芸能人のブログにどうでもいいコメントをつける人たちだ。もうネットへの「期待」を語るのはやめよう。もっと現実とリアルな世界を見よう! ――と、軽妙かつアグレッシブな語り口で「今ここにある真実」を語る一冊。
■内容(「BOOK」データベースより)
ブログもSNSも何もあなたを変えない。ブロガーイベントも企業の業績を上げない。ウェブの集合知なんて、一部の頭の良い人たちだけの話だ。もうネットへの「期待」と「夢」を語るのはやめよう。もっと現実とリアルな世界を見ようぜ!炎上上等!かかってこい。
■著者について
●著者について
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
ニュースサイト編集者、PRプランナー。
1973 年、東京都生まれ。97年、一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業のPRを担当し、2001年退社。しばらく無職で過ごした後、ライターや雑誌『テレビブロス』編集者などを経て、06年からニュースサイトの編集者になる。編集や執筆の他、企業向けにネットでの情報発信に関するコンサルティングやプランニング、講義も行っている。09年、ネット漬け生活の結果得た知識を基に書いた著書『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)が、世間の「ネット礼賛論」を正面から批判したとして反響を呼ぶ。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中川 淳一郎
ニュースサイト編集者、PRプランナー。1973年、東京都生まれ。97年、一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業のPRを担当し、2001年退社。しばらく無職で過ごした後、ライターや雑誌『テレビブロス』編集者などを経て、06年からニュースサイトの編集者になる。編集や執筆の他、企業向けにネットでの情報発信に関するコンサルティングやプランニング、講義も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 14:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 「バカと暇人」ってのは「バカな暇人」でも「暇なバカ」でもない件について

2010年05月14日

世界のアキバの喫煙所

201005141456000.jpg

なんとも洒落た喫煙所。

中央改札を出てヨドバシカメラ側のロータリー手前でござる

posted by 課長007 at 15:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 世界のアキバの喫煙所

2010年05月03日

日本を今一度せんたくいたし申候

司牡丹』って高知の酒だったのね

『司牡丹』日本を今一度せんたくいたし申候

龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたした申候:牡丹の司:司牡丹酒造株式会社:日本酒・清酒・酒・高知・土佐・龍馬が愛した蔵元(司牡丹)・龍馬が愛した日本酒(司牡丹)
平成22年1月3日、話題のNHK大河ドラマ「龍馬伝」がスタートし、いよいよ全国で龍馬ブームが巻き起こりつつあります。坂本龍馬は、幼年期はどうしようもない「鼻たれ」で、将来すら心配されたという土佐の下級武士の次男として生まれました。しかし長じるや、日本初の貿易商社「亀山社中」の結成、奇跡といわれる「薩長同盟」の実現、海援隊長就任、いろは丸沈没事件勝訴、新政府基案「船中八策」の起草と、次々と大きな夢を実現し、ついには大政奉還、無血革命を成就させ明治維新を成し遂げるのです。しかもそれらは全て、龍馬が満29歳から31歳までの、わずか2年ほどの間に実現させたことなのです。

そして現代。まさにいまこの時代も、龍馬の活躍した幕末同様、日本の大転換期といわれています。 

政治、経済、社会、教育、家庭・・・あらゆる分野で様々な問題が噴出し、人々は未来に対する夢や希望を失いかけています。国の重要文化財となっている130 余通の龍馬の手紙は、「龍馬の精神の肉声が聞こえてくるようだ」と言われていますが、そんな手紙の中に「日本を今一度せんたくいたし申候」という言葉があります。時代はいま、まさに龍馬を、「日本の洗濯」を求めていると言えるのではないでしょうか。また、龍馬詠草の和歌に「世の人は我れをなにとも言はば言へ 我が成すことは我れのみぞ知る」という言葉もあります。現代の人々は、まさにこの和歌のように、他人に何と言われようと自分だけの「我が成すこと」を、探し求めているのではないでしょうか。

そして、龍馬と最も縁が深い蔵元とされる司牡丹酒造から、そんな龍馬の精神の肉声から発せられた言葉を酒名とし、「龍馬からの伝言」シリーズが発売されました!超辛口の日本酒(純米酒)と、本格麦焼酎 (五年熟成古酒)の2アイテムです。  (※ 本格麦焼酎は、おかげさまで完売いたしました。)


なんか、スゴいセールスページですなw


広告コピー・ログとは
クリエイティブ・スキル向上のため、テレビや街角で見かけた広告コピーをログってみて、脳ミソ鍛えるプロジェクト。


【関連エントリー】
- 家でやろう
- 忘年会とは
- 社長にしたい人−番外編−
- 孫正義氏は豆腐屋になりたいのか?!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



斎藤孝 これなら読める龍馬からの手紙 / 0日本を今一度、洗濯いたし申し候0
斎藤孝 これなら読める龍馬からの手紙 / 0日本を今一度、洗濯いたし申し候0
小学館 2010-02-01
売り上げランキング : 209261

おすすめ平均 star
star歴史の入り口として
star大河ドラマの副読本にぴったり。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
文久三年六月二十九日(1863・8・13)姉・坂本乙女あて「日本の洗濯」
文久元年九月十三日(1861・10・16)初恋の人・平井かほあて「初恋の人を革命に誘う手紙」
文久三年五月十七日(1863・7・2)乙女あて「エヘン顔の手紙」
文久三年八月十四日(1863・9・26)乙女あて「佐那さんを紹介する手紙」
慶応元年九月九日(1865・10・21)乙女、姪・春猪あて「妻、お龍を紹介する手紙」
慶応二年一月二十日(1866・3・6)姪・春猪あて「薩長同盟締結前夜の手紙」
慶応二年十二月四日(1867・1・9)乙女あて「新婚旅行報告」
慶応三年二月十三日(1867・3・18)寺田屋お登勢あて「変名の手紙」
慶応三年四月初旬(1867・5)乙女あて「浮木の亀の手紙」
慶応三年五月二十八日(1867・6・30)お龍あて「妻への手紙」
■内容説明
齋藤孝の現代語訳で読む「龍馬からの手紙」
坂本龍馬の手紙の中で、とくに女性宛ての10通にスポットを当て、ベストセラー『声に出して読みたい日本語』の著者である明治大学文学部教授・齊藤孝氏のわかりやすい【現代語訳】で読む本。大きな活字で、読みやすい訳文、書簡現物の写真や美しい日本の風景写真を添えて、素顔の龍馬を感じる1冊です。絶命までの6年間とその時代背景をわかりやすく解説したページも読みごたえ十分。姉・乙女、初恋の人かほ、妻お龍、姪春猪、寺田屋お登勢、龍馬をとりまく 5人の女性たちも実に興味深い! 坂本龍馬を初めて知った人にも、いきなり楽しめます。
■内容(「BOOK」データベースより)
坂本龍馬は、33年の生涯に膨大な手紙を書き残した。とくに、心を許した女性あての手紙からは素顔の龍馬像が浮かび上がる。敬慕する実の姉・乙女、いちばん可愛がっていた姪・春猪、初恋の人・平井かほ、年上の彼女(?)・寺田屋お登勢、そして最愛の妻・お龍。5人にあてた手紙を、ベストセラー『声にだして読みたい日本語』の著者、齋藤孝氏のわかりやすい現代語訳で読む本。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
齋藤 孝
1960年、静岡生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


坂本龍馬『日本を今一度せんたくいたし申し候』幕末 名言 イラスト文字  キャップ(ターコイズxホワイト)
坂本龍馬『日本を今一度せんたくいたし申し候』幕末 名言 イラスト文字  キャップ(ターコイズxホワイト)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



坂本龍馬『日本を今一度せんたくいたし申し候』幕末 名言 イラスト文字  リブタンクトップ(赤)
坂本龍馬『日本を今一度せんたくいたし申し候』幕末 名言 イラスト文字  リブタンクトップ(赤)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 課長007 at 12:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日本を今一度せんたくいたし申候

2010年04月28日

こんなに近い、日本とフランス。

ものすごくご無沙汰の広告コピー・ログですね。

こんなに近い、日本とフランス。


山手線車内で『AIRFRANCE』の広告が目に止まったんですが、その下にあった『ノルマンディー印象派フェスティバル』のタイアップみたい。

フランス観光開発機構公式サイトへようこそ


以前、『横浜美術館』ぐらいは覗いたことぐらいはあるけれど、芸術への興味なんて高尚なものではなく、

ただ単に、ヨーロッパの広告、好きなんです。

※あとでちゃんとした画像貼る


CINEMA TOPICS ONLINE|2010年度『こんなに近い、日本とフランス。』フランス広報大使に知花くららさん、小山薫堂さん、諏訪敦彦さんが就任!
フランス観光開発機構、エールフランス航空ならびにパートナー各位は4月8日、都内で2010年度『こんなに近い、日本とフランス。』キャンペーンの記者発表、およびレセプションを開催した。

今年のメインテーマは印象派。日本でも人気の高いこの芸術潮流の発祥の地ノルマンディー地方では今年大規模な「ノルマンディー印象派フェスティバル」が開催される。モネの絵と浮世絵を組み合わせたキャンペーンヴィジュアルも披露され、今後新聞の記事広告やインターネットなど様々な媒体で展開するキャンペーン概要が紹介された。日本国内のハイライトとしては4月中旬から5月初旬にかけて展開する首都圏の列車内広告があり、山手線、東京メトロなど主要交通網の殆どがカバーされる。またフランス関連のイベント会場やフレンチレストランなどでキャンペーンサイト(PC、モバイル)告知カード10万枚を配布予定。同サイトではフランス旅行が2組4名(春・秋各1組)にあたるクイズも実施する。



朝日新聞社広告局ウェブサイト –広告事例データベース [エールフランス航空]
エールフランス航空
2009年11月17日付 朝刊  全5段  エールフランス航空



広告コピー・ログとは
クリエイティブ・スキル向上のため、テレビや街角で見かけた広告コピーをログってみて、脳ミソ鍛えるプロジェクト。


【関連エントリー】
- 酒井譲さんがオランダのプレゼンテーションを上手に見せてくれたので、あたらしい戦略の理解が深まった件
- ルネサンス2.0
- 素晴らしきかなFIFAワールドカップ!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



フライ・フライヤー・フライ―ヨーロッパスタイルのクラブ・グラフィックス
フライ・フライヤー・フライ―ヨーロッパスタイルのクラブ・グラフィックスルイス ボウ

グラフィック社 2006-09
売り上げランキング : 851374

おすすめ平均 star
starかなり偏っているような…
starうーん。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
WHERE’S THE PARTY?
DESIGN…NO RULES!
GIVING IT PROPS!
LOGOS+TYPES
POSTERS
FREAK
SEX
RETRO
FLYERS FLEYERS FLYERS
■内容(「MARC」データベースより)
フライヤーに求められるのは、メッセージがわかりやすく、ビジュアルがオーディエンスに直に訴えかけるものであることだ。ヨーロッパを中心に、個性的なフライヤーのデザインを集めたもの。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウ,ルイス
グラフィックデザイナー。ファッション写真家。バルセロナのモンサ・パブリケーションズでアート・ディレクターも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 16:48 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - こんなに近い、日本とフランス。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録