2008年06月06日

新橋に橋がない件

新橋?なわきゃない歩道橋

この歩道橋が地名の由来?
なんてことがあるわけないと…


その歩道橋の上から銀座方面を望む

銀座はまだ眠ってます


えぇーっと、

鉄道発祥の地として名高い「新橋」ですが、ホントは徒歩10分ぐらい離れた『新橋演舞場』あたりの地名だったんだと、どこぞで読んだか聞いた記憶あり。
※前に書きましたっけ?


かつて、尊皇攘夷で江戸幕府が倒れた明治維新の頃、新政府の役人は薩摩長州の面々で占められましたが、彼らに江戸の土地勘がなかったがために、東京の新しい区割りをする際に「エイや!」と決められてしまったそうです。


汐留の再開発もエイや?

汐留再開発


再開発の進む汐留にやってきて、首都高の下を無理矢理くぐらされる歩道橋を歩きながら、明治も昭和も、お役人の考えること・することってのは大して進化してないもんなんだなぁーと気づかされた感じです。


ここ最近、官公庁や旧・現業系の案件が続いてまして、彼らの要件を見れば見るほど、も少しマシなものに仕上がるように提案の余地を与えてくれればと思いながら、要求仕様に則した提案にならざるを得ないところがちょっとストレスになってます。

ま、

これが民間だからって、大きな組織が相手の時はさして変わらないものなんですけどね。


とは言えこちらもその道のプロと見ていただいたから提案の機会をいただけているわけで、それなりにノウハウを盛り込むところに面白味があるわけです。


ホントのプロの成果物?

黒川紀章よ永遠に

汐留再開発以前は、この地区のランドマークだった黒川紀章氏デザインのビルを見上げてみて、独創的な提案を許容してもらえるようになるまでの努力があったからこその成果物だったんだろうなと想像してみた次第です。

中銀カプセルタワービル - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
中銀カプセルタワービル(なかぎんかぷせるたわーびる)とは、黒川紀章が設計し世界で初めて実用化された、カプセル型の集合住宅(マンション)である。



東京・江戸 地名の由来を歩く (ベスト新書)
東京・江戸 地名の由来を歩く (ベスト新書)谷川 彰英

ベストセラーズ 2003-06
売り上げランキング : 343840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
京都 地名の由来を歩く (ベスト新書) スーハ゜ーヒ゛シ゛ュアル版 江戸・東京の地理と地名

■BOOKデータベースより
大好評『京都 地名の由来を歩く』に続く、地名シリーズの第2弾。東京70カ所を著者・谷川教授が歩きに歩き、地名の由来の謎を解く。「坂」「橋」「水」「大名屋敷」「江戸」「寺院」「戦い」「近代」をキーワードに浮かび上がる歴史の街、東京・江戸の知られざる魅力が満載!!各項に地図と写真を盛り込み、周辺のお勧めスポットや見どころも紹介。
■目次:
第1章 坂のある町、東京
第2章 東京の橋を訪ねて
第3章 水にちなんだ東京の地名
第4章 大名屋敷は今
第5章 江戸の歴史を歩く
第6章 江戸情緒を訪ねる
第7章 訪ねてみたい寺院など
第8章 戦いにちなんだ地名
第9章 東京の近代を往く
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
谷川 彰英
1945年、長野県松本市生まれ。東京教育大学、同大学院博士課程修了。現在、筑波大学教授、博士(教育学)。筑波大学学校教育部長を務める他、日本地名研究所評議員など。柳田国男研究をベースにした地名研究・マンガ論・教育研究などで知られる。なかでも地名研究はライフワーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 16:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 新橋に橋がない件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。