2008年06月01日

地下鉄開通のミニバブル?

新宿三丁目交差点

東京・新宿区で生まれ育ったわたしには思い出深い場所です。

なにせ我が家(実家)でデパートと言えば『伊勢丹』(1933年開店)。

同じ新宿東口の『三越』(1929年開店)でもなく、ましてや西口の『小田急百貨店』(1962年開店)、『京王百貨店』(1964年開店)でもなく、

地下の食品売り場から屋上の遊園地・大食堂まで、休日の丸一日を家族で過ごした場所でした。


そんな伊勢丹のある新宿三丁目に幼少の頃は都電で通い、高校の頃には原付バイクでチョロチョロとやってきて、交差点に面したビルの居酒屋で、まかない付きのバイトしてたこともあったなぁー。(笑)


そんな思い出深い場所ですが、最近は地下を歩くことが多くなり、地上の変化に気付けなくなってました。


北東側は、映画館の入ってたビルが建て替え中

新宿三丁目


南西側は、丸井(?)の入ってたビルが、同じく建て替え中

新宿三丁目


間もなく、この交差点を南北に貫く明治通りの地下に、池袋・新宿・渋谷を結ぶ『東京メトロ・副都心線』が開通するってことで、建て替えラッシュになってるようです。


以前、『もう東京に地下鉄はいらない』みたいな記事を載せたことがありましたが…

この新路線開通で、池袋の先の城北・埼玉方面や、渋谷の先の城南・神奈川方面にも商圏が広がると読んで投資がなされているのなら、それはちょっと無理があるんじゃないのかなと。


それでなくても明治通りの東側は、色んな店が入っては消えを繰り返してる場所でしたから、すぐ目の前に鎮座する伊勢丹並みの集客力を持つのは容易なことではないと思うわけです。


でも、丸ノ内や六本木のように、デベロッパ中心の大がかりな再開発よりも、個々の店舗による商業中心の雑多な個別再開発の方が、新宿っぽくていいのかもしれませんね。


東京の消えた風景 (ショトルライブラリー)
東京の消えた風景 (ショトルライブラリー)加藤 嶺夫

小学館 2003-02
売り上げランキング : 90070

おすすめ平均 star
starいいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
銀座・新宿・浅草などの繁華街。JR・私鉄の各駅。路面電車の都電と玉電。豆腐売り、納豆売りなどの物売り。ビル、商店、民家の数々。盛り場、山の手、下町、駅周辺の写真280枚。
■目次:
銀座
築地
新橋
有楽町・日比谷
丸の内・大手町
日本橋・京橋・湊・新川・月島
上野・日暮里・町屋
浅草
神田・お茶の水
水道橋・飯田橋〔ほか〕
■MARCデータベースより
日劇、後楽園球場、丸ビル、帝国ホテルなどの建物。銀座、新宿、池袋、浅草などの繁華街。都電、玉電などの乗物。豆腐売り、紙芝居、ちんどん屋…。急速に都市再開発が進んだ昭和40年代の懐かしい東京の姿を写真で紹介。
■出版社/著者からの内容紹介
 日劇・国際劇場・後楽園球場・丸ビル・帝国ホテルなどの建物、銀座・新宿・池袋・浅草などの繁華街、都電・玉電などの乗物、豆腐売、紙芝居、ちんどん屋など、今では消えたり様変りした東京の懐かしい姿を写真で紹介します。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
加藤 嶺夫
1929年、東京都生まれ。54年、立教大学経済学部卒。出版社勤務。退職後、フリーカメラマンとなる。在職中から東京の祭礼・行事を中心に写真を撮り続けている。75年から産経新聞に東京各地の風物にまつわるフォトエッセイを長期連載した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 13:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 地下鉄開通のミニバブル?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。