2008年05月06日

マイクロソフト×ヤフー、日本だけ合併しちゃうとかどう?

これだけ騒がれ、一般紙誌でも取り上げられているので、何か一つは書いておかねばと。


2年ほど前に『3大検索エンジンの利用者の特徴』なんて記事書いたり、その後半年ほどうなされたように『にわか通信業界ウォッチャー』やってたり、『Microsoft Officeは不滅か?』とか『Googleがグループウェアになる』なんてこと書いてた身としましては、

とってもドメスティックな狭い視野で、

マイクロソフト×ヤフー、日本だけ合併しちゃうとかどう?

とか言い放って終わりにしておきます。


以下、一連の騒動だけ備忘ログ

Google 検索: ニュース検索結果 マイクロソフト ヤフー の検索結果 約 629 件
ヤフーCEO、マイクロソフトとの買収交渉再開を希望
AFPBB News - 1時間前

ヤフーの「カードの家」は倒壊するのか?
TechCrunch - 5時間前

米ヤフーの目標株価を31ドルから27ドルに引き下げ=バンカメ
ロイター - 11時間前

新条件提示なら交渉再開も 買収問題でヤフーCEO
東京新聞 - 12時間前

ダウ88ドル反落 NY株式 ヤフー株下落などが要因
MSN産経ニュース - 12時間前

【Klug】NY株式:ダウ平均反落、原油高が圧迫
中国情報局ニュース - 12時間前

米株式市場、マイクロソフトのヤフー買収撤回や原油高などで反落
AFPBB News - 13時間前

米ヤフー株が大幅安、マイクロソフトによる買収撤回で=独株式市場
ロイター - 13時間前

米ヤフー株が大幅安、マイクロソフトによる買収断念で
ロイター - 13時間前

MSの買収断念 ヤフー、次の一手着々
フジサンケイ ビジネスアイ - 14時間前

MS、ヤフーCEOが社員にメール・新たな企業提携の可能性示唆
日本経済新聞 - 15時間前

5日NY市場、マイクロソフトのヤフー買収計画破綻を受け反落-ダウ88ドル安
IBTimes - 15時間前

米国株、ダウ88ドル安――原油120ドル重し、MS買収断念でヤフー15%安
日本経済新聞 - 15時間前

NY株、1万3千ドル割れ 原油高やMS買収撤退で
東京新聞 - 15時間前

米ヤフー株:買収交渉決裂で反落
毎日新聞 - 15時間前

米ヤフー株急落、MSの買収案取り下げで
読売新聞 - 19時間前

2008/05/06-01:16 NY株急落、一時110ドル安=MSのヤフー買収断念で売り
時事通信 - 20時間前

米ヤフー株、一時2割下落・ダウは原油高嫌気し大幅反落
日本経済新聞 - 20時間前

米ヤフー株急落、MSの買収提案取り下げで NY市場
朝日新聞 - 22時間前

米国株、売り先行で始まる・ヤフー株が急落
日本経済新聞 - 22時間前

米株価指数先物 マイクロソフトのヤフー買収案撤回で軟調
Klug クルーク - 23時間前

マイクロソフト、ヤフー買収を断念
IBTimes - 2008年5月5日

米マイクロソフトがヤフー買収断念、ヤフー株は大幅安の見込み
ロイター - 2008年5月5日

アリババ:マイクロソフトの買収見送りでアリババ株下落
中国情報局ニュース - 2008年5月4日

今週の米株式市場、マイクロソフトのヤフー買収断念がプラスに
ロイター - 2008年5月4日

社員に交渉決裂メール報告 MSとヤフーのCEO
西日本新聞 - 2008年5月4日

ヤフー買収 MSが断念
東京新聞 - 2008年5月4日

マイクロソフト、ヤフー買収を断念・価格の溝埋まらず
日本経済新聞 - 2008年5月4日

MS、ヤフー買収断念 両社“いばらの道” グーグルの背中遠のく
フジサンケイ ビジネスアイ - 2008年5月4日

MS ヤフー買収断念 ネット戦略振り出し
フジサンケイ ビジネスアイ - 2008年5月4日

米マイクロソフト:ヤフー買収を断念 価格折り合わず
毎日新聞 - 2008年5月4日

MS、ヤフー買収断念…5千億円超引き上げも交渉決裂
サンケイスポーツ - 2008年5月4日

マイクロソフト/ヤフー、今日のニュースの要約―「Gillmor Gang」は特番を配信中
TechCrunch - 2008年5月4日

背水MS、次の手急務 グーグルとの差、拡大懸念
朝日新聞 - 2008年5月4日

マイクロソフト、ヤフー買収断念の背景
MSN産経ニュース - 2008年5月4日

マイクロソフト、ヤフー買収の断念を発表――金額面で歩み寄れず
コンピュータワールド - 2008年5月4日

マイクロソフトのBallmer、ヤフー買収撤退で全社員に公開状
TechCrunch - 2008年5月3日



市場へのインパクト、大したもんですな。

CNET Japanのサマリ記事はこちら

買収を断念--マイクロソフトのヤフー買収交渉の経緯をたどる:ニュース - CNET Japan


吉例のパネルディスカッション

MSがYahoo買収断念、本当にこれで良かったの?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
村松竜さん(GMO VenturePartners取締役、インキュベーション・戦略ファンド統括)

「買収を失敗させるものは感情であり、成立させるのは顧客視点である」
今回の一連の報道やコメントでは、「キャッシュや企業価値云々」、「シリコンバレーのベンチャーvs非シリコンバレーの大企業という単純・感情論的な対立図式」ばかりが目立ったが、「顧客視点」はどこにいったのだろうか?という点について書かせて頂いた。


というのが、こちら↓

ブログビジネスファンド | 買収を失敗させるものは感情であり、成立させるのは顧客視点である。
顧客視点、はどうなるのだろうか?

検索・SNS・ネットメディアといっても結局は法人ビジネス。造るのはエンジニア、トラフィックを提供するのは消費者かもしれないが、「顧客は広告主」である。かつて、世界中のあらゆる企業の広告、つまりマーケティング・販売促進のプラットフォームとして機能し短期間に急成長してきた。それが崩れてきている。


ふむふむ

広告市場としてとらまえるんだと。


大西 宏のマーケティング・エッセンス:Yahoo!を諦めたMicrosoftは企業分割したらとなんとなく思う - livedoor Blog(ブログ)
というか、Microsoftのネットでの遅れは、技術的な問題ではなく経営がやはりOSのビジネス、オフィス製品のビジネスからの収益に集中していて、ネット戦略が中途半端に終わってしまっていることではないかと思えてなりません。
Yahoo!を買収するのではなく、思い切って、求められる企業文化が違うOS事業と、ネットやゲーム事業とに企業を分割したほうがいい結果になるのかもしれません。


わたしこちらに近いんですが、歳のせいですかね。^^;


404 Blog Not Found:News - マイクロソフト、ヤフー買収を断念
実は、株式市場は、MicrosoftとGoogle, Yahoo, Amazonといった「ネット系企業」を、別セクターの会社だと判断している。その根拠となるのが、P/E (Price/Earning Ratio; 株価収益率)。Microsoftの株価収益率は、わずか16.99倍。これは全市場平均からそれほど離れていない。要するに「安定企業」。これに対しGoogleは40.85、Yahooは37.87、Amazonは64.75、EBayに至っては98.76。これらは「まだまだ成長する企業」と見られている。今回の「婚約破棄」は、「歳の差」がありすぎたという見方もできなくはない。

次の合併シナリオは、「Google対その他」になるのだろうか....


さっすが、オン・ザ・エッヂ!?


ちょうど一年前のこんな記事も発見

グーグル、マイクロソフト、ヤフー、それぞれの思惑:夢幻∞大のドリーミングメディア - CNET Japan
 こちら側(リアル)には、マイクロソフトがあり、あちら側(バーチャル)には、グーグルがある。あちら側からはこちら側にこれるが、こちら側からあちら側には行けない。住む世界が違うからマイクロソフトはグーグルを飲み込むことはできない。ただ、おびえるだけである。



今回の騒動で注目されているそちら側(ネット)はちょっと様子見にして、マイクロソフトの得意なエンタープライズ分野で足場を固めるのが先決なように思う。

しかも、『日本的経営』の強みが活かせるであろう『エンタープライズ2.0』の分野で確固たる地位を確立するためにも、かつてのMS-DOSのように日本市場で独自のアクションを起こしてみたらいいんじゃないのかなぁー?


にしてもわたし、↓appleのスゴさってのがいま一つわからない…

アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者
アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者小川 浩 林 信行

インプレスR&D 2008-04-21
売り上げランキング : 529

おすすめ平均 star
star革新的、とはどういうことなのか?
starAppleはずっとあこがれの会社でした。Googleは関連する技術を調査していただけに残念でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
ケータイや家電を巻き込んだ次のIT産業をつくるのはマイクロソフトでもヤフーでもない。アップルとグーグル。完全ネット時代のビジネスはこの2社に学べ。
■目次:
第1章 世界を変え続ける企業アップルとグーグルの共通項(世界を変え続ける企業
アップルとグーグルの原動力
アップルとグーグルの発想法
アップルとグーグルの特異性
アップルとグーグルの開発姿勢
アップルとグーグルの改善
アップルとグーグルの姿勢
アップルとグーグルの革命
アップルとグーグルの数知れない接点、共通点)
第2章 アップルとグーグル異なる戦略とビジネスモデル(「有料」のアップルと「無料」のグーグル
広告を出すアップルと広告を売るグーグル
肉体にこだわるアップルと魂だけのグーグル
アップルとグーグルのリーダーシップ
異なるアプローチで世界を変えるアップルとグーグル
蛇口を押さえるアップルと水道を整備するグーグル
アップルのiPodとグーグルのGMail
アップルとグーグルの模倣者とパートナー
世界の企業地図を塗り替えるアップルとグーグル)
第3章 アップルとグーグルの接近と日本にもたらす影響(グーグルの革命がネット業界にもたらした激震
日本でテクノロジーベンチャーが育たない理由
iPhoneとグーグルアンドロイドが拓く巨大市場
「シングルOS戦略」が生んだiPhoneの進化
アップルとグーグルはどのように組んでいくのか?
アップルとグーグルが導くネット家電市場の活性化
姿を現した黒船、変革力を問われる日本
デジタルコンテンツの流通革命の象徴)
■内容紹介
日本企業に足りないものすべてをこの2社が持っている。
今、世界で最も注目を集める企業、アップルとグーグル。 常に革新的な製品・サービスを発表してユーザーを驚かせ、成長を続ける両社は、家電や携帯電話などあらゆるデバイスがネットワークにつながる新時代に向け、次々と手を打っている。本書は、異なるビジネスモデルを持ちながら両社の企業文化や新戦略に共通項を見出し、未来への影響を予測。不安定なインターネット時代に、日本企業が何をなすべきかのヒントをアップルとグーグルを通して浮き彫りにする
■レビュー
本書3章より
アップルとグーグルがもたらす変化は、日本におけるさまざまな事業領域に影響をもたらすだろう。それは必ずしもいいことばかりではなく、多くの産業が破壊的なダメージを受けることになるかもしれない。(中略) しかし、彼らはまぎれもなく新しいデジタルライフスタイルと、その上で花開く新しいビジネスへの黒船である。彼らによって起きるだろう変化の波に、積極的に乗っていくほかはない。問題なのは、開国以来すでに150年近く経ちながら、なぜいまだに黒船ショックに甘んじなければならないかという根本的な疑問である。
■著者について
小川 浩 Ogawa Hiroshi
株式会社モディファイ CEO兼クリエイティブディレクター。東南アジアで商社マンとして活躍したのち、マレーシアでネットベンチャーを起業。香港、シンガポールにも拠点を広げる。帰国後、2001年から日立製作所にてウェブアプリケーションの開発などに従事し、イントラブログ製品などをプロデュース。2005年からはサイボウズでcybozu.netをプロデュース、Feedアグリゲーション「feedpath」を考案、フィードパスのCOOを勤める。2006年に退任し、現在に至る。主な著書は『Web2.0Book』(インプレス)、『ビジネスブログブック』(毎日コミュニケーションズ)など。
公式ブログ:Speed Feed : http://blogs.itmedia.co.jp/speedfeed



posted by 課長007 at 23:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - マイクロソフト×ヤフー、日本だけ合併しちゃうとかどう?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。