2008年05月05日

もったいないからリデュース・リサイクル・リユース

今日・5月5日は「こどもの日」ですが、昨日・5月4日が「みどりの日」だってこと、皆さんご存知でしたか?

………

……

はぁ、そうですか。知らなかったのは我が家だけですか...

みどりの日 - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みどりの日(みどりのひ)は、国民の祝日の一つである。日付は2007年より5月4日。1989年から2006年までは4月29日であった。国民の祝日に関する法律(祝日法)では「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている。ゴールデンウィークを構成する休日の一つである。

〜中略〜

2007年以降、「みどりの日」には国公立公園の無料開放を行うほか、国民が自然に親しむための各種行事等を各地で実施することになっている。


国民の祝日など知らずとも、我が家は、『昨日』みどりの日にみどりに親しんでいたんですね。

そこで我が家のチビ共が、みどりを大事に、自然を大事に、なんてことに思いを致すことがあったかどうかは定かではありませんが、

大量消費社会の現代なれば、まずは「もったいない」を知ることが大事かなと思うのです。

もったいない - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もったいない(勿体無い)とは、仏教用語の「物体(もったい)」を否定する語で、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している。

もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていたが、現在では一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を戒める意味で使用される日本語の単語である。

MOTTAINAI・もったいない運動

ワンガリ・マータイ
ワンガリ・マータイは、ケニア出身の環境保護活動家である。環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞した人物でもある(2004年)。


ふむふむ

もったいないと来たらこれですね。

3R - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
3R(すりーあーる、さんあーる)とは Reduce(リデュース:減らす)、 Reuse(リユース:再び使う)、 Recycle(リサイクル:再資源化)の頭文字をとった言葉。

1.リデュース(ごみの発生抑制)、 2.リユース(再使用)、 3.リサイクル(ごみの再生利用)の優先順位で廃棄物の削減に努めるのがよいという考え方を示している。


役所が使い出すと陳腐化していくのがキーワードではありますが、改めてこの3Rを考えさせてくれたニュースがこちら、

吉兆・食べ残し使い回し、20年以上前から…関係者証言 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 大阪市中央区の料亭・船場吉兆の本店が、食べ残した料理を使い回していた問題で、同社関係者が読売新聞の取材に対し、「使い回しは20年以上前から行われていた」と証言した。

 魚や肉など複数の食材を含め、使い回しはほぼ毎日、行われていたという。

 同店の山中啓司料理長(取締役)はこれまで、「5、6年ぐらい前から2週間に1回程度、アユの塩焼きなど6品を再利用していた」と説明していた。

 同社関係者によると、使い回しは、1991年に法人化される前の「吉兆船場店」時代からで、客が手をつけずに回収された銀ダラやハモ、牛肉などの焼き物を再び調理して提供していたほか、折り詰め弁当に入れることもあったという。

 また、刺し身に使うワサビは、客がはしを付けた場合も回収してしょうゆに混ぜ、「ワサビじょうゆ」として別の料理に使っていた。うな丼は電子レンジで温め直したうえで器を替え、石焼きにする魚介類、フルーツゼリーなどはそのまま別の客に出すこともあったという。

 一方、山中料理長は取材に対し、「(20年前からは)ありえない。これまでに明らかにしたことがすべて」と否定している。

(2008年5月3日23時33分 読売新聞)



見事なまでのリユースとリサイクル、「もったいない」実践例!?

地球温暖化問題、京都議定書などが注目を浴びるはるか以前から、見事に3Rを実践していらっしゃったわけですね。

そんな高級料亭の振る舞いが各所で取り上げられております。

船場吉兆のもったいないって。。。単なる使い回しだけ?:独断と偏見の気になる情報セキュリティ - CNET Japan
もったいない・・・懲りない方々。これって、高級料亭だからの問題なのか?

食べ物の使い回しと聞いて、すぐに浮かぶのは”クリームソーダのサクランボ”と”何気なく存在感のあるパセリ”程度しか浮かばない。私の食のレベルが透けて見えるところだ。

昔、”ムー一族”ってドラマで、樹木希林が話ながらちゃぶ台の上にあった煎餅を舐めて、ケースに戻したシーンを鮮明に覚えている。あくまでドラマの1シーン。


おぉー、「食のレベル」で共感!

さらに、『ムー一族』で感動!!


痛いニュース(ノ∀`):船場吉兆の「食べ残し使い回し」、20年以上前から…ワサビはワサビ醤油に、焼き物は弁当に、うな丼はレンジでチン
30 名前: 美優(神奈川県)[] 投稿日:2008/05/04(日) 09:46:12.53 ID:SnVqgzqL0
節約上手のドケチ主婦みたいだな

34 名前: 凜(東京都)[sage] 投稿日:2008/05/04(日) 09:46:30.74 ID:NrQ0lfCg0
常連涙目ってレベルじゃねーぞw

35 名前: 愛奈(catv?)[sage] 投稿日:2008/05/04(日) 09:47:00.72 ID:DDIVXdMz0
馴染みの客はしばらく物食べれないなw
料亭に行くような金持ちが生ゴミ食わされてたんだからw

しっかしここまでの使いまわしぶりはもはや感心するわ。


自慢じゃありませんが、母方の実家が京都で、さらに20歳前後に大阪で4年ほど暮らしたわたくしですが、『吉兆』の常連になっていなかった事が残念でなりません。


船場吉兆カッコイイ! - 脳髄にアイスピック
 暗いニュースばかりを目にする昨今ですが、こんだけ愉快痛快なニュースは久々聞きましたわ。

 以前、知り合いの外国人が、ミー思いマース、イエローモンキー……ノーノー、ジャパニーズは食べ物を残しすぎではないでしょうか。とてもとても食料自給率4割切ってる、薄汚い後進国の国だとは思えませーん。もっと一所懸命生ゴミを漁ってる東南アジアの人々を見習うべきDEATH。って言ってたよ。養老の瀧で。

 それがどうだい、船場吉兆。

 高級料亭でありながら、食い残したものをもったいないと言って、再利用するというこの食品に対する誠実さ。世間の連中は今回の件で憤怒してるけれども、俺ぁ感動して涙が止まらねえよ。

 だって、食通達に残飯一歩手前の食い残しを食わせて、大金をふんだくる。それも二十年に渡ってっていう、こんなにロックな話そうそう無いぜ。こんな派手な真似をやってたのに、大量食中毒事件が起きてないってのも素晴らしいね。


吉兆の振る舞いを「ロック」と称される記事を見て、雲が晴れました。

「高級」は地球温暖化の敵だ!

「低級」こそが地球を救う!!

こどもの日の家族の団らんでは、ぜひこんな問題提起に取組んでみよう…


↓グルメな食通の目を養えるように…(爆)

おひまつぶしの読書日記 | おとなの週末2月号
注目はやはり山本益博氏の365日食べ歩き手帳です。
船場吉兆の偽装問題が取りざたされています。
しかし氏は、「吉兆のニセモノを最初に見破ったのはこのわたしである」と。
いや、「東京吉兆」でお造りの山葵が混ぜ物であったというのと、今回の「船場吉兆」の偽装とは全然レベルの違う話では?
では氏は山葵以外には問題なかったとおっしゃるのか。
「東京吉兆」の食事において、問題は山葵だけたけったのか。
もしそれ以外の素材で偽装があったとすれば、それを見破れなかった氏はどのように弁明されるのでしょうか。



そんな食べ方ではもったいない! (青春新書インテリジェンスシリーズ)
そんな食べ方ではもったいない! (青春新書インテリジェンスシリーズ)山本 益博

青春出版社 2006-09
売り上げランキング : 104330

おすすめ平均 star
star自慢話の羅列ですな・・・
star「食べるをまなぶ」より
star友里は山本益博チルドレンか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
著者が一流料理人から学んだ「おいしく食べる」極意を初公開します。
■目次:
第1章 「弁天山美家古寿司」四代目・内田榮一さんから教わったこと(おいしく食べるための「集中力」
お楽しみは「美家古寿司」 ほか)
第2章 料理研究家・辻静雄さんから教わったこと(『パリの料亭』との出会い
本場のフランス料理を求めて ほか)
第3章 完璧主義者・ジョエル・ロブションから教わったこと(丘の上の旅人、ロブション
コンクール荒らしからホテルの料理長へ ほか)
第4章 割烹「千花」主人・永田基男さんから教わったこと(京都の割烹食べ歩き
「千花」初見参での失敗 ほか)
第5章 「すきやばし次郎」小野二郎さんから教わったこと(ご主人の握りを食べてみたい
寿司屋でスウィング ほか)
■MARCデータベースより
おいしいものをよりおいしく食べるには「食べる技」を磨くことが不可決。料理評論家として20年以上のキャリアを持つ著者が、一流料理人から学んだ「おいしく食べる」極意を初公開する。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
山本 益博
1948(昭和23)年、東京浅草生まれ。料理評論家。早稲田大学第二文学部演劇科卒業。20代から料理評論家を志し、再三渡仏して当時のフランス料理の最高峰を食べ歩く。’82年、画期的な飲食店ガイド『東京・味のグランプリ200』(講談社)を出版。以来、“毎日、外で食べていれば食っていける不思議な職業”を確立する。著述業を中心に、講演、テレビ・ラジオ出演、イベント企画及びプロデュース、食関係の広告制作や各種アドバイザーなど、「食」に関する幅広い活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 16:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - もったいないからリデュース・リサイクル・リユース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。