2008年04月29日

CMアイドルのベストテン

広告コピー・ログの番外編です。

朝日新聞・生活面(2008/04/29)掲載の「CM天気図」、『天野祐吉』氏のコラムから

べっぴんの魅力
ある人に「CMアイドルのベストテンをあげてほしい」と頼まれた。「そんなのわかんない」と断ったら、「CM天気図を書いててわかんないはずないでしょう」と言う。
で、仕方なく考えてみたのだが、



そこで列挙されていたのが、下記女性タレントの皆さん

上戸彩(うえとあや)
蒼井優(あおいゆう)
仲間由紀恵(なかまゆきえ)
長澤まさみ(ながさわまさみ)
小雪(こゆき)
宮崎あおい(みやざきあおい)
新垣結衣(あらがきゆい)
菅野美穂(かんのみほ)
相武紗季(あいぶさき)
エビちゃん 蛯原友里(えびはらゆり)



よかった

何とか全員わかりました。^^;

で、ここで終わらないのが天野氏の天野氏たるところか

ぼくの場合は、CMに出ている本数や稼ぎの多さには興味はない。あくまでタレントとしてのぼくの個人的な評価で順位をきめるのだから、やってやれないことはないのだ。が、困ったのは、1位・2位・3位…という順列のなかに入りにくい人がいる。先週ちょっと触れた『PUFFY(パフィー)』がそうだ。何位かに無理に押しこんでも、どうもおちつきが悪いのである。

〜中略〜

そこから、たぶん「別嬪(べっぴん)」という言葉も生まれてきたんだろう思うけれど、CMアイドルとしての『PUFFY(パフィー)』の個性的魅力は、順位をつけるならまさに「別品」ということになるんじゃないだろうか。


と、見事にベストテンと特別賞が選出されてます。

「別嬪」なんて言葉が出てくる博識さもそうですが、新聞のコラムという厳格な文字数制限のある場所で、素っ気なくベストテンを列挙しつつ主張を織り込む。

いつの日か、課長007もそんなコラムを書けるようになりたいものです。(泣)


そんな天野氏に敬意を表しつつ、氏の出自『広告批評』に関する最近のニュースだけ掲載しておきます。

asahi.com:「広告批評」来年4月休刊 創刊30年で区切り - 文化・芸能
2008年04月09日22時33分

 雑誌「広告批評」(マドラ出版)が、来年4月の創刊30年の記念号で休刊することになった。79年に創刊、メディアの中で重要度を増してきた広告を様々な視点から考察してきたが、ウェブとの連携など広告の形態が多様化し、いったん役割を終えたと区切りをつける。同誌は朝日新聞の人気コラム「CM天気図」の筆者でもある天野祐吉さんが創刊、天野さんや島森路子さんらが編集長を務めた。



も少しゆるいとこも

2ちゃんねる【芸能】「2008年CM女王ランキング」1位は上戸彩、8位長澤まさみに「もう危ない。現時点では新垣結衣に追い越されているのが現実」との声
1 :みゅんみゅんφ ★:2008/04/16(水) 10:21:55 ID:???0
きょう発売の写真誌「フラッシュ」で2008年版のCM女王ランキングを発表している。
ついに仲間由紀恵がトップの座から陥落。代わってトップに立った女王はあの人だった…。

(1)上戸彩 3億6000万 8社
(2)仲間由紀恵 3億6000万円 6社
(3)藤原紀香 3億2000万円 4社
(4)蛯原友里 3億1500万円 7社
(5)菅野美穂 3億円 6社
(6)相武紗季 2億4500万円 7社
(7)ベッキー 2億1000万円 6社
(8)安田成美 2億円 5社
(8)蒼井優 2億円 5社
(8)長澤まさみ 2億円 5社



実は天野氏も、2ch参考にしてたりして。^^;


CMタレント「好感度」のひみつ―時代が読める、消費がわかる
CMタレント「好感度」のひみつ―時代が読める、消費がわかる関根 建男

東洋経済新報社 2002-03
売り上げランキング : 365918


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
本書では1999年度〜2000年度にかけて活躍したCMタレントたちの中から、上位にランクインし、なおかつエポックメイキングであったタレントをピックアップ、それぞれについて分析を試みた。
■目次:
1 CMタレントの好感度を斬る(SMAP
藤原紀香
山崎努・豊川悦司
田中麗奈
樹木希林
■MARCデータベースより
「紀香効果」のほうが政府の経済政策より影響がある、といわれるタレントの力。CM好感度の高いタレントを様々な角度から分析し、「好感度」の秘密に迫る。ビジュアルに構成。
■出版社/著者からの内容紹介
「紀香効果」の方が政府の経済政策より影響力がある、といわれるタレントの力。CM好感度の高いタレントを様々な角度から分析。ビジュアルに構成。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
関根 建男
株式会社東京企画代表取締役CM DATABANK/CM総合研究所代表。1939年群馬県生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科中退。在学中よりフリーランスのジャーナリスト、プランナーとして、大宅壮一門下・上野壮夫(東京コピーライターズクラブ初代会長)の薫陶を受ける。1965年日産自動車に入社。1966年より宣伝部制作室チーフ・コピーライターとして「隣のクルマが小さく見えま~す」「ゆっくり走ろう、ゆっくり生きようローレル」など数々のヒットコマーシャルを世に送り出した。1975年日産自動車退社。1976年株式会社東京企画を設立。出版・編集企画と広告・マーケティング企画を2本柱に営業を開始。1984年わが国初の本格的テレビCMデータバンクを設立。同時にCM総合研究所を設置。テレビコマーシャルとその消費者反応の定点観測調査を続けて、会員各社(主に一流企業経営企画室や宣伝部と大手代理店)に情報を提供している。日本広告学会会員、日経広告研究所会員、在日米国商工会議所(ACCJ)会員、日本ペンクラブ会員、月刊「CM INDEX」編集発行人、エッセイ誌「東京春秋」編集発行人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 15:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - CMアイドルのベストテン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録