2008年04月14日

報道と映画の違いなんて線引きできるものだろうか?

事件は“現場”で起きている。

でも、

それを知っているのは“当事者”だけで、客観性を必要とするジャーナリズムは大抵の場合“当事者”にはなり得ない。

で、やがて報道人は“体験記”に走り、「現場に身を置いたからこそ気づいたこと」みたいなレポートになる…

そんな潜入捜査のような形式(3現主義?)を経て、やがて報道と映画の違いは曖昧になり、

“劇場型”の報道と、

“ドキュメンタリータッチの映画”が

さらにカオスを助長する。


ドキュメンタリータッチ(実話風)の広告を素直に受け止められずに胡散臭いと感じてしまうのは、こんなうがった『情報リテラシー』が身についてしまったから?

かといって、自らが生み出すアウトプット自体、すべて真実と言えるのか?


この記事だって、とあるマイミクさんのネタあってこその備忘ログなだけに、どうにもこうにもオチない記事になってしまったじゃないか…


オトナのメディア・リテラシー
オトナのメディア・リテラシー渡辺 真由子

リベルタ 2007-10
売り上げランキング : 182167

おすすめ平均 star
star昨日の常識は今日の非常識?
star鋭い視点
star目からウロコの暴露本だ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
元民放報道記者の著者が、みずからの現場体験と、本場仕込みのメディア・リテラシーで、広告、テレビ、新聞、映画、インターネットの裏に隠された作り手の意図を読み解く。自分の頭で情報を判断したいあなた、メディアと付き合うノウハウを、まずはしっかり身に着けよう。
■目次:
第1部 これがメディアのウラ側だ(広告は価値観を操作する
客観報道は幻想である
映画を作る女性)
第2部 そもそも、言葉づかいを疑おう(政治家の言葉はなぜわかりにくいのか
枠にハメられる言葉たち
医者言葉と健康トークの落とし穴
お笑いの反撃
芸能ゴシップがジェンダーを変える)
第3部 子どもとメディアの危うい関係(「子ども時代」はビジネスになる
メディアと暴力・性表現)
第4部 インターネット時代のリテラシー(サイバーフェミニズム
社会を左右するコミュニケーション技術)
■出版社/著者からの内容紹介
元民放報道記者の著者が、みずからの現場体験と、本場で学んだメディア・リテラシーを活用して、広告、テレビ、新聞、映画、インターネットなどの裏に隠された作り手の意図を読み解く。自分の頭で情報を判断したいあなた、まずはメディアと付き合うノウハウをしっかり身に着けよう。
■著者からのコメント
メディアの特質、手法、影響を理解するには、メディアの作り手がどのような「意図」を持って情報を流しているかを知らねばらない。この本は、カナダのメディア・リテラシー教育が採り入れる世界先端のメディア分析理論と、作り手としてメディア業界に身を置いてきた私の体験にもとづき、メディアの裏に隠された意図を解説する。広告、テレビ、新聞から映画、インターネットまで、メディア全般の読み解き方の基本がおわかりになるはずだ。
また、メディア・リテラシーは子どもに教えるものと捉えられがちだが、この本は敢えて大人のあなたをターゲットにしている。私たち大人は、メディアの読み解き方を教わる機会がないまま成長したからだ。まずは大人自身が、メディアと付き合うノウハウを身に着けることが急務である。子どもに手ほどきするのは、それからだ。
なお、この本で述べる「メディア」とは、特定の人を対象とするサブカルチャー系のメディアではなく、不特定多数の人に向けた市場規模の大きい、いわゆる「大手」メディアをさす。大手メディアは自らが権威と化しており、その強大な影響力に絡め取られないためには、より主体的に読み解くテクニックが必要となるためだ。
メディアに左右されず、自分の頭で情報を判断したいあなたに、読んでほしい。
■著者について
メディア・ジャーナリスト。慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所非常勤講師。
元テレビ局報道記者。いじめ自殺と少年法改正をテーマにしたドキュメンタリー「少年調書」で日本民間放送連盟賞最優秀賞、放送文化基金優秀賞など受賞。ジェンダー、セクハラなどの女性問題や、性同一性障害、自閉症、若者の性行動などを中心に取材。
■「読売新聞」、2007/10/24
「セレブな感覚」や「ここだけの限定品」といった巧みなイメージで、CMは大衆の消費意欲を刺激する。また、外見を笑いのネタにするテレビ番組や性衝動をあおるような広告は、いじめや性犯罪を誘発する可能性がある。
情報の隠された意図に踊らされるな。報道番組元記者による情報とメディアのクールな読み方の指南書。



posted by 課長007 at 20:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 報道と映画の違いなんて線引きできるものだろうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。