2008年04月07日

鉄道整備は30年スパンの投資?

東京メトロ・南北線

東京メトロ・南北線

現時点では、東京で一番新しい地下鉄でしたかね?


東京地下鉄 - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(東京メトロ から転送)
東京地下鉄株式会社(とうきょうちかてつ、英称 : Tokyo Metro Co.,Ltd.)は、東京都の特別区(東京23区)の在する区域およびその付近[1]を走行する地下鉄路線を運営する鉄道会社である。愛称は東京メトロ。

〜中略〜

7号線 南北線 目黒駅(N-01) - 赤羽岩淵駅(N-19) 21.3km



この路線、平日の日中・仕事の移動ぐらいしか乗る機会がありませんが、いつ乗っても空いてます。


以前、

「山手線の内側は、15分歩けばどこかしらの駅に着くようになった。」

と漏れ聞いた記憶がありますが、果たしてそれだけの数の路線や駅が、本当に必要なんだろうか?と疑問が生じてしまうのが人情。


これは、地方空港や『整備新幹線』、さらには今熱く議論されている『道路特定財源』などで常に問題視される共通の論点、

地方 対 中央

持てるもの 対 持たざるもの

という対立軸ですね。


■東京には何でもある

■地方にはインフラがない

だから地方を少しでも東京に近づけるんだ…

と言ってるそばから東京に地下鉄を作ろうとする…

おかしなイタチゴッコです。


ふるさと税より東京あこがれ税』などと語っていたものとしては、これ以上の東京一極集中と人口過密から、失うものはあっても得られるものは何もないと思ってますので、

少なくとも東京とその周辺に新たな鉄道を作るようなことは勘弁して欲しいという立場です。


え?

カクレ『鉄ちゃん』なのに、新路線や新型列車が嬉しくないのかって?


………


それより、『往復3時間の通勤で使うJRのラッシュ』が、もっともっと緩和された方がよっぽど助かりますYO!

(´Д`)


もう東京に、新たなインフラ投資はいりません。

地方や海外から集まってきてしまった人たちを、早く人間らしい環境に帰してあげてください。

そして我々東京人にも、人間らしい暮らしを返してください。

めったやたらと鉄道を整備して、表面的に便利な街を作ったつもりかしりませんが、

毎日どこかで痴漢やスリなどの犯罪が起き、

毎日どこかで人身事故(自殺)によって運行が止まる

そんな鉄道は決して“投資”とは言えないと思うんですよね。


地下鉄・大手町駅の駅長をしていた、今は亡き叔父貴の顔を思い出しながら、そんなこと考えてしまった春雨の夜です。


ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 11144

おすすめ平均 star
starもう一人の天才に始まる大事業
star「必要な大事業」
star時系列を飛び越えて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
古代ローマの歴史には多くの魅力的な人物が登場するが、もう一つ、忘れてはならない陰の主役が、インフラストラクチャーである。「人間が人間らしい生活を送るためには必要な大事業」であるとその重要性を知っていたローマ人は、街道を始め様々な基礎的システムを整備してきた。現代社会にとっても欠くことができないこれらのインフラは、すべてローマに源を発している。豊富なカラー図版も交え、ローマの偉大さを立体的に浮かび上がらせる。
■目次:
巻頭カラー(アッピア街道
各地で築かれたローマ街道
「タブーラ・ペウティンゲリアーナ」
クラウディア水道
各地で築かれた水道)
イタリア本国のインフラ(イタリア地図(ローマ時代/現代)
イタリアの遺跡
ローマ近郊地図(ローマ時代/現代)
フォロ・ロマーノ
紀元前六世紀及びコンスタンティヌス帝時代のローマ復元模型
ローマ市内の遺跡
ローマ市内の橋
ナポリ近郊地図(ローマ時代/現代)
ナポリ近郊の遺跡)
第1部 ハードなインフラ(街道

それを使った人々)
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
塩野 七生
1937年7月7日、東京生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。68年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。82年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。83年、菊池寛賞。92年より、ローマ帝国興亡の一千年を描く「ローマ人の物語」にとりくむ。93年、『ローマ人の物語1』により新潮学芸賞。99年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労賞を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 21:01 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 鉄道整備は30年スパンの投資?
この記事へのコメント
こんにちは、
一年以上前の記事に、コメントで失礼します。全く、同感です。 今、民主党が選挙に勝って、公約の高速道路無料化が実現されるか見守っているところですが、鉄道がある為に、150万人を超える、埼玉都民、神奈川都民が可能になりますものね。 高速道路無料化で、直ぐに通勤混雑を解消出来る訳ではありませんが、、初めの一歩、ですね。
Posted by unipolar at 2009年09月01日 22:28
神奈川の人口は大阪を間もなく抜きますか?
Posted by 課長007 at 2009年09月02日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。