2008年03月22日

アーサー・C・クラークが遺したもの

今朝の朝日新聞・文化面で、「未来への夢、宇宙への夢 アーサー・C・クラーク氏を悼む」(巽孝之 慶應義塾大教授)というコラムを読んで訃報を知りました。

一部引用させていただきます。

1945年、人工衛星スプートニク打ち上げまで10年あまり先駆けた時代に発表した科学技術的な論考「地球外中継」によって、衛星通信の到来を予想し、以後も衛星利用の天気予報はもちろん、電脳空間やインターネット、携帯電話の普及する時代すら見通していくこの作家は、そのアイディアで特許を取っておかなかったことで、「億万長者になるチャンスをみすみす逃した」とうそぶいていたものである。



何とも、スゴい人だったんですね。


「申し分なく発展を遂げた科学技術は魔法と見分けがつかない」



そんな名言もあるそうです。


偉大なナイトに敬意を表し、以下、Googleニュースで見つけた各社の訃報をサマリしておきます。


「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去 | エンタテインメント | Reuters
2008年 03月 19日 08:33 JST
 クラークさんは昨年12月、90歳の誕生日に友人向けの別れのメッセージを録音。その中で、生きているうちに地球外生命体が存在する証拠を見たかったと述べていた。



CNN.co.jp:A・C・クラーク氏死去 「2001年宇宙の旅」作者
2008.03.19 Web posted at: 09:34 JST Updated - CNN
(CNN) 著名SF作家のアーサー・C・クラーク氏が19日未明、スリランカの主要都市コロンボの病院で死去した。90歳だった。非営利団体アーサー・C・クラーク基金の関係者が明らかにした。
第二次世界大戦中の英空軍将校時代にレーダーの開発を担当。1945年に無線関連雑誌に、衛星通信の構想を提示する論文を寄稿した。



asahi.com:SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去 - 文化一般 - 文化・芸能
2008年03月19日10時38分
 ダイビングを愛し、スリランカの海に魅せられて56年に移住。同国の伝説をもとにした「楽園の泉」を発表。「宇宙のランデヴー」に続き、この作品でもヒューゴー、ネビュラ両賞をダブル受賞した。
 精力的に小説を発表する一方で、科学技術の振興にも尽力。95年には英リバプール大の名誉博士号を受けている。



訃報:アーサー・C・クラークさん90歳=世界的SF作家 - 毎日jp(毎日新聞)
毎日新聞 2008年3月19日 11時07分 (最終更新時間 3月19日 19時34分)
 45年、通信衛星を静止軌道で使う理論を発表。同理論はその後実現し、静止軌道は今もクラーク軌道と呼ばれる。このころ、2000年までに人類が月に到達することも“予言”した。
〜中略〜
 AP通信によると、SFの優れた作品に与えられるネビュラ賞を3回、ヒューゴー賞を2回受賞。00年、英国のナイト爵位を授与された。



SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去--「2001年宇宙の旅」など作品多数:ニュース - CNET Japan
2008/03/19 11:28
SF界の大御所Arthur C. Clarke氏が死去したと、各種メディアが報じている。
 米国時間3月18日午後3時現在、Clarke氏に関するWikipediaのページはすでにアップデートされており、上部に「この記事は最近亡くなった人物に関するものです」と書かれている。



「2001年宇宙の旅」アーサー・C・クラーク氏が死去 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
(2008年3月19日12時51分 読売新聞)
56年にスリランカに移住、水中探査などにも取り組んだ。



TechCrunch Japanese アーカイブ » さらば、アーサー・C・クラーク(1917〜2008)
クラークは、2000年にナイトの称号を与えられ、2001年の火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」はクラークに因んで命名された。
晩年オンラインに参加するには齢を重ねすぎていたが、彼の先見性のある数々の功績は、今日の技術の多くを作り出した世代を鼓舞してきた。



時事ドットコム:アーサー・C・クラーク氏死去=SF小説「2001年宇宙の旅」の巨匠
 40年代に通信衛星のアイデアを示し、2000年までの人類による月面着陸を予言。「宇宙文明論」など科学解説書も執筆し、テレビの科学番組やSF映画でも活躍した。後年はスリランカに暮らしていた。



成長を止めない精神:40年来の友人によるアーサー・C・クラークへの弔辞(2) | WIRED VISION
 40年に及ぶ交流の間に、私は、スリランカのクラーク氏を4回訪れた。具体的には、1983年と、1993年(雑誌版ワイアードの取材)、1996年(『スタートレック』に関する本のため。『スタートレック』は、生みの親であるジーン・ロッデンベリー氏の、クラーク氏に対するあこがれから誕生したものだ)、そして2005年だ。
 コロンボ郊外にあるクラーク氏の「テクノ・オアシス」を訪れるたびに、私は同氏のレーダーにひっかかった最新のガジェット、本、動画、おもちゃ、ジョークにひっきりなしに触れることとなった。



追悼アーサー・C・クラーク 20世紀そのものを牽引 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
2008.3.21 08:08
慶応大学文学部教授 巽孝之(たつみ・たかゆき)
 クラーク死去のニュースが一瞬にして世界中を駆けめぐり、追悼記事がやりとりされる−−まさにこの衛星通信網、すなわちインターネットに結実する未来を、クラークは1945年に「地球外中継」という論考で予測していた。その意味で、われわれはいま、すっかりクラーク化してしまった日常世界を何の疑いもなく生きている。



アーサー・C・クラーク - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーサー・C・クラークアーサー・チャールズ・クラーク(Sir Arthur Charles Clarke、1917年12月16日 - 2008年3月19日)は20世紀を代表するSF作家の1人である。
概要
 1960年代から1970年代にはロバート・A・ハインライン、アイザック・アシモフと並んでビッグ・スリーと称されるSF界の大御所として活躍。他の2人がエンターテイメント、SF叙事詩を志向したのに対して、クラークは豊富な科学的知識に裏打ちされた近未来を舞台にしたリアルなハードSF作品群と仏教思想に共鳴した「人類の宇宙的進化」を壮大に描く作品群とに特色がある。著書は『幼年期の終わり』、『2001年宇宙の旅』などSF多数。そのほとんどが邦訳されている。短編では『太陽系最後の日』や『時間がいっぱい』などが有名。SF以外の小説はその活動の初期に1冊あるのみ。
 多くの科学者や宇宙飛行士らと親交があり、何人かは小説に登場している。アシモフともし「最高のSF作家は誰か?」と聞かれたら互いの名を答える「アシモフ - クラーク協定」を結んでいたと言われている。
 後年はスリランカに住んだ。『スリランカから世界を眺めて』というスリランカでの暮らしに触れたエッセイ集もある。ダイビングなどを趣味にしていた。晩年まで小説を執筆した。



黙祷・・・


3001年 終局への旅
3001年 終局への旅アーサー・C. クラーク Arthur C. Clarke 伊藤 典夫

おすすめ平均
starsなんじゃ これは
starsIT世界の、実現性の高い一つの未来像
starsネバー・エンディング・ストーリーの一つの結末
stars何度も読んでいます、面白いです。
starsごく平凡な・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
時は31世紀初頭、海王星の軌道付近において、宇宙船ゴライアス号は奇妙な漂流物を発見、回収した。だがそれこそ、はるか一千年前、HALの陰謀によって宇宙船ディスカバリー号から放擲された副長フランク・プールその人であった!やがて地球の軌道都市「スター・シティ」に運ばれ、蘇生させられたプールは、驚嘆すべき科学的進歩にとまどいを隠せなかった―手を触れあうだけでたがいに情報を交換する人びと、とてつもない情報量を瞬時に脳から脳に伝達することも可能なブレインキャップ、慣性場を利用した超高速宇宙エレベーター、高さ三万六千キロの摩天楼最上階の庭園で庭師をつとめる恐竜ラプトル…。だが、こうした驚異を満喫する日々にもやがて終わりが訪れた。ゴライアス号船長から、ガニメデへの旅に誘われたのである。かつて木星の名で知られていた世界には、フランク・プール中佐がやり残した仕事が待っているのだ、そしてかつての僚友デイブ・ボーマンも…。
■MARCデータベースより
時は31世紀初頭、海王星の軌道付近で宇宙船ゴライアスは漂流物を発見。それこそ、1千年前HALの陰謀で宇宙船から放擲された副長フランク・プールだった。31世紀の文明に驚嘆する日々、そして…。オデッセイの終局編。



posted by 課長007 at 16:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - アーサー・C・クラークが遺したもの
この記事へのコメント
確かにでんじろう先生とか・・・
たまに魔法使いに見えます(笑
Posted by ITおやじ at 2008年03月23日 03:12
ITおやじさん
魔法使いと呼ばれるようなサービス、作ってみたいものです
Posted by 課長007 at 2008年03月23日 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。