2008年03月08日

世界を救う部下手当とは

拝読しているメルマガ経由で発見した「部下手当」

エージェントが語る転職成功のノウハウ「コンサルタントのつぶやき」: 『部下手当』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社長吉村の一言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『部下手当』

日本綜合地所さんが“部下手当”たる手当を新設されたとのこと。

部下との付き合いを円滑に進めるため、管理職に月10万〜30万円の
「部下手当」を4月から支給するとの内容。
http://www.ns-jisho.co.jp/ir/ir2008/20080303.html

会食費や冠婚葬祭費に充ててもらうとのことですが、
これに拍手喝采を送る管理職の方も多いのでは?



(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆パチパチパチ!!!


ぜひ我が社も、人事制度改定の一環で導入してもらうようにしたいです!!


各所で取り上げられているようですね。

<部下手当>管理職に支給 部下との会食に…日本綜合地所(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 日本綜合地所は3日、部下との付き合いを円滑に進めるため、管理職に月10万〜30万円の「部下手当」を4月から支給すると発表した。会食費や冠婚葬祭費に充ててもらう。

 部長級23人と、それ以外の管理職(副課長から次長)39人が対象。支給額は、部長級で部下が20人以上の場合で月30万円、19人以下は月20万円、それ以外の管理職が月10万〜15万円。通常の給与振り込み口座とは別に、専用の口座を設けて、特別の手当であることを明確にする。

 日本綜合地所はこれまで、取引先との付き合いなどは経費として処理できていたが、社内の飲み会は自己負担だった。今回の手当導入で年1億5000万円の負担増となるが、同社は「部下とのコミュニケーションに役立ててほしい」としている。【後藤逸郎】



うちの部署には20人いますので...仮に月30万円...

冠婚葬祭の少ないネットベンチャーだけにちと多過ぎる気はしますが、逆に消化するのに苦労する管理職も出てきそうな気はします。


でも、わたしは確実に消化できると思いますよ!


労働保険・社会保険の知識の泉: 部下手当?
うらやましいですが、部下には還元されないのでしょうか。当然、会食では部下の分も払ってくれるのですね...。使い道まで限定されないのなら、付き合いの悪い管理職なら、ひとりぼろもうけですが、そんな人は管理職に登用されないのでしょう。



ふむふむ

「手当」として支給すると、受給者本人に所得税が掛ったり、前述のような未消化で不公平になったりする。

一方で、接待交際費のように「限度枠」として運用すると、消化する時に「領収書をもらう」ので、それを見た部下達の心情は、「やっぱり会社の金か」だったり「部下手当で飲みに行きましょうよ!」といった違う方向に向きがちな所が難点か?


ちなみに金曜日の昨夜、わがオフィスで交わされた会話です。


部下A 「課長007さん、飲みに連れていってくださいよぉ〜」

007 「バカじゃねぇか?!」

部下A 「金欠で飲みに行けないんっすよ」

007 「知るか!」
    「この中で、一番可処分所得が少ないのはわしなんだ!」

部下B 「じゃ、実家・独身のわたしが立て替えましょうか?」

007 「なら、お前がわしにおごれ!」

    _| ̄|○


何にせよ、

「世界は課長が救う」わけですから(マジですか?)、その「課長達管理職を救う」こんな制度を、

『日本課長の会』としましても、どしどし広めていきたいものです。


立つんだ課長!

頑張れ課長!

地球の未来のために!!


でもきっと、「部下手当」を支給してもらうには、吉村社長のメルマガのメインコンテンツ『地頭力』や『フェルミ推定』ぐらいは勉強しないといけないんですね。^^;


地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」細谷 功

おすすめ平均
stars久々に面白いビジネス書を読みました
stars自分の頭で考える癖をつけたい
stars全体のまとまりはよいが知識偏重型の否定はいただけない
stars就活始める前に読んどきたかった
stars良書です。斬新な切り口で問題解決手法を説明しています。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
地頭力の本質は、「結論から」「全体から」「単純に」考える三つの思考力である。この三つの思考力は訓練によって鍛えることができるものであり、地頭力を鍛えるための強力なツールとなるのが「フェルミ推定」である。
■目次:
第1章 「地頭力」とは何か
第2章 「フェルミ推定」とは何か
第3章 フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか
第4章 フェルミ推定をビジネスにどう応用するか
第5章 「結論から考える」仮説思考力
第6章 「全体から考える」フレームワーク思考力
第7章 「単純に考える」抽象化思考力
第8章 地頭力のベース
第9章 さらに地頭力を鍛えるために
■内容紹介
企業、特にコンサルティング会社の採用現場などでは、単に頭がいい人ではなく、「地頭のいい人」が求められている。
インターネット情報への過度の依存が思考停止の危機を招き、検索ツールの発達による「コピペ(コピー&ペースト)族」が増殖しているいま、「考える」ことの重要性がかつてないほどに高まっているからだ。これから本当に重要になってくるのはインターネットやPCでは代替が不可能な、膨大な情報を選別して付加価値をつけていくという、本当の意味での創造的な「考える力」である。本書ではこの基本的な「考える力」のベースとなる知的能力を「地頭力(じあたまりょく)」と定義している。
では、地頭力とは何か。地頭力の本質は、「結論から」「全体から」「単純に」考える3つの思考力である。すなわち「結論から」考える仮説思考力、「全体から」考えるフレームワーク思考力、「単純に」考える抽象化思考力だ。
この3つの思考力は鍛えることができるものであり、地頭力を鍛える強力なツールとなるのが「フェルミ推定」である。「シカゴにピアノ調律師は何人いるか?」。こうした荒唐無稽とも思える問いへの解答を導き出す考え方のプロセスを問うのが、「フェルミ推定」だ。「フェルミ推定」と呼ばれるのは、「原子力の父」として知られ、ノーベル物理学賞受賞者でもある、エンリコ・フェルミ(1901~1954)に由来する。
本書では、「日本全国に電柱は何本あるか?」といった例題やその解答例から「フェルミ推定」のプロセスを紹介しつつ、「好奇心」「論理的思考力」「直感力」という地頭力のベースとそれらのベースの上に重なる仮説思考力、フレームワーク思考力、抽象化思考力の3つの構成要素とその鍛え方を解説している。
本書は、季刊『Think!』2007年春号に掲載されて大きな反響を呼んだ「フェルミ推定で鍛える地頭力」をもとに全面的に書き下ろしたものである。本書が対象とするのは、「問題解決」を必要とする業務に携わるビジネスパーソンはもちろんのこと、「考える力」を向上させたいと考える学生なども含めたすべての職業の人である。フェルミ推定による地頭力トレーニングの世界を経験し、「地頭力」という武器を持ってインターネットの情報の大海をうまく乗り越え、読者なりの「新大陸」を発見してほしいというのが、著者から読者の皆さんへのメッセージだ。
■著者について
細谷 功(ほそや・いさお)
ザカティーコンサルティング ディレクター
神奈川県生まれ。東京大学工学部卒業。
東芝を経てアーンスト&ヤング・コンサルティング(ザカティーコンサルティングの前身)に入社。製造業を中心として製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入、およびM&A後の企業統合等を手がける。共訳書に『市場をリードする「業務優位性」戦略』(ダイヤモンド社)などがある。


週刊 東洋経済 2008年 3/8号 [雑誌]週刊 東洋経済 2008年 3/8号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Think! WINTER 2008 no.24Think! WINTER 2008 no.24
東洋経済新報社


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 課長007 at 18:11 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 世界を救う部下手当とは
この記事へのコメント
ちょうど自分のエントリーにぴったりの話題でした。。。
Posted by ITおやじ at 2008年03月09日 13:30
わたしの場合、主として特別地方消費税で広く薄く分配するようにしています。(笑)
Posted by 課長007 at 2008年03月09日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。