2008年02月26日

失敗とは

今まさしくこの時間にNHKで放送中の『プロフェッショナル 仕事の流儀』での一言


あきらめなければ、失敗ではない


『島田紳助』の新番組ではないが、『深イイ』と思った。

昨日の『品質管理とは』にも通じるし、以前書いた『成功とは』のようにゴチャゴチャこねくり回したわけでもなく、また、『失敗学会』のような小難しさもない、シンプルな「深イイ」である。


自身の人生を振り返ってみれば、これもう失敗の連続、積み重ねである。


なぜ、失敗したのか?


なんてことはない


そこであきらめたり、成し遂げることをやめてしまったからなんだと、この言葉を聞いてようやくわかった気がする。


この間mixiだったかで、

「創業時に、いやだったけど受注してしまったハードクレーマーがいる。」

「切ったらよいか?」

みたいなトピが立っていて、何ともいやぁーな感じがした。


シーンは違えど、自分自身が同じようなことをしてきたからそう感じたのだと、今気付いた。


折しも「プロフェッショナル」が終わり、次の番組『SONGS』の再放送で『甲斐よしひろ』『HERO(ヒーローになる時、それは今)』を唄っている


♪HERO
♪空はひび割れ

♪HERO
♪太陽は燃え尽き

♪HERO
♪海は枯れ果てて
♪月が砕け散っても

♪HERO
♪HEROになる時

♪A-HA
♪それは今

♪HERO
♪引き裂かれた夜に

♪お前を離しはしない


と、

あきらめずに一途であれば、わたしだってHEROになれるのかもしれない…


なんてな


♪HEROのシングル、持ってたんですYO!_(^^;)ゞ
『ツイスト』の『燃えろいい女』、『寺尾聡』の『ルビーの指輪』と共に、カラオケのオハコ3点セットと言っても過言ではありません。(笑)


YouTube - 甲斐バンド - HERO(ヒーローになる時、それは今)
1979/9/2@NHKホールヤング・ミュージック・ショー


YouTube - 1979-夏 ツイスト 燃えろいい女
Twist-burn out! my honey(1981)夏の曲は、主に涼しくしてくれるバラード系ととことん暑くする2タイプありますが、この曲は後者ですね。


YouTube - ルビーの指環 寺尾聰
ザ・ベストテン 新記録



もとい、


『日本課長の会』としましては、月曜夜の『カンブリア宮殿』『プロフェッショナル 仕事の流儀』が、推奨番組です。^^;


人をあきらめない組織―育てる仕組みと育つ現場のつくり方
人をあきらめない組織―育てる仕組みと育つ現場のつくり方HRインスティテュート 野口 吉昭

おすすめ平均
stars広く浅くは知るには"○″、深く掘り下げるには"×″
stars分かっているようで分からないことに気がつく
starsなんとかしないと!
starsやはりトップに読んでほしい
starsこんな会社になったらな・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
人材不足企業から人材成長企業へ。みんなが「働きがい」を感じる職場を創ろう!本書は、いかに人を育てるか?どういう切り口によってあるべき人を育てる組織になれるのか?をテーマにした本である。
■目次:
第1章 人をあきらめない!
第2章 働きがいのある現場をつくる
第3章 プリンシプルで意識と行動を変える
第4章 ウェイ・マネジメントで人を進化させる
第5章 モチベーション・エンジンを根づかせる
第6章 診断タイプ別「人をあきらめない」組織へのプログラム
■商品の説明
人をあきらめない組織
経営コンサルティング会社、HRインスティテュートの代表者らが、専門職の中途採用や派遣社員の確保に傾倒し生え抜き社員の育成をおろそかにしがちな企業に注意を促す書。成果主義を単なる数値目標とすると、組織の中で人が育たない原因になると言う。企業それぞれが「らしさ・ならでは」を再認識したうえで、その「企業遺伝子」を吸収して実践することを成果と認めて評価する仕組みを作れば、「育ててもらう」ではなく「自ら学んで育とうと努力する社員」に変わると説く。
多くの企業の社員にとって、高い給与や昇進といった“実弾”が「働きがい」に直結する時代は終わったと指摘。就職活動に臨む優秀な新人たちは、社員の満足度が低い企業への就職を避けるという統計を示し、「今いる社員をあきらめない」組織作りや研修こそが急務であることを強調する。
「企業遺伝子」の継承の牽引役を担うのは、各職場のリーダーである。にもかかわらず、そもそも「リーダーが育つ遺伝子」を持たない企業が少なくないと言う。トップは常に「教育的な行動」を取っているか、「企業遺伝子」を表現した言葉が目に見える形で存在しているか、意見を言いやすい職場を実現する施策を取っているかなど、具体的なチェック項目を挙げる。
(日経ビジネス 2007/05/28 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
「日経ビジネス」2007年5月28日号72頁
目の前にいる社員を育てよ「専門職の中途採用や派遣社員の確保に傾倒し生え抜き社員の育成をおろそかにしがちな企業に注意を促す書」

posted by 課長007 at 02:08 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 失敗とは
この記事へのコメント
>自分自身が同じようなことをしてきたから

えっ? 007さんてハードクレーマーだったのですか?
Posted by miemomo at 2008年02月26日 17:34
>あきらめなければ失敗ではない

部屋でPCに向かいながら、「プロフェッショナル」聞いていました(たまに見ながら)。

「常識」では失敗としてあきらめてしまう局面でも、あきらめないで立ち向かう!
驚きました。
自分もあやからないといけないと。
(実際、僕は今、そんな局面にあります)

By the way,

そのうちカラオケ、ご一緒お願いします。
課長さんとなら、燃えそうです。
Posted by 井上秀二 at 2008年02月26日 21:54
miemomoさん、ありがとうございます!

「あきらめてしまったことがある」に掛かってます

こんな小心者がクレーマーになんてなれるわけがないっすよ。:-O

Posted by 課長007 at 2008年02月26日 22:07
井上さん、ありがとうございます!

「あきらめる」は日常的に起きてるんでしょうね

そのジレンマをカラオケで晴らしましょう!

もちろん、昭和オンパレードで!!(爆)

Posted by 課長007 at 2008年02月26日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。