2008年02月25日

品質管理とは

Seesaaのメンテナンス中にケータイ投稿です。

半年前に、インターネット上のサービスを手がける当社に転職してみて、また、そのサービスを構築する生産部門のマネジャーに就いてみて、改めてその大変さを痛感する日々です。

Seesaaでメンテナンスされている皆さん、ご苦労お察し申し上げます。


ここしばらく、特にケータイからのアクセスでレスポンスが悪くなっていて、「そういえば、以前サーバー増強してたのはいつ頃だったか?」などと思いつつ、

当ブログのトップページで右ナビが表示されなくなっていても、「あれこれとブログパーツ張っちゃってるしな」とのんびり構えてました。


そう、

インターネットでエンドユーザーと相対するのは、企業内で基幹系や情報系と称されるシステムを提供するのとは大きく異なり、

何しろ、

・どんな人たちが、
・どんな目的で、
・どんな時間帯に、
・どんな使い方するか、

サービス提供者の想像を越えた利用・活用がなされる点がややこしいんですね。

品質管理の手法や手順は万国共通だとしても、その適用方法だったり実行判断のプロセスにおいて、複雑化のワナが潜んでいると思うのです。


とはいえ、ただ流されているだけでは埒があかないので、

今年度の事業計画策定にあたって、サイトの構築を担う我が部門でも品質管理の仕組みや仕掛けの導入に取り組んでいくことにしました。


2009年度(来年)に、CMMI・レベル3の認定を受ける

まだこれからですが、こんな目標を掲げてみようと考えており、「そのための基盤を作る」が今年度になります。


CMMI:ビジネス用語辞典 | Wisdom
CMMIとは、ソフトウェア開発を中心としたプロセス改善のモデルを示したもの。
CMMIは能力成熟度モデル統合版ともいい、5つのモデルから構成されており、より高いレベルのCMMIを実現することにより、ソフトウェア開発を中心としたプロセスが改善されていくという考え方。
CMMIは1999年、米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(CMU/SEI)によって開発され、ソフトウェア開発プロセスの能力成熟度を評価・判定するモデルで、国際標準的な指標となっている。



まずは、「チャレンジすることに価値がある」というスタンスで、スタートしてみるとしますか。


CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて
CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべてアクセンチュア

ソフトバンククリエイティブ 2007-11-21
売り上げランキング : 68945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
CMMIモデルではじめるプロセス改善実践ガイド 定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法 図解はじめてのCMMIとプロセス改善 プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル―論理と知覚を磨く5つの極意 強い調達

■BOOKデータベースより
■目次:
第1章 経営におけるITの役割とCMMIの適用効果(経営におけるITの役割
CMMIの適用効果)
第2章 CMMI実践編―プロセス改善推進(プロセス改善推進計画
プロセス改善推進体制の構築 ほか)
第3章 プロジェクトタイプ別ケーススタディ(大規模システム開発プロジェクト
アプリケーションアウトソーシングプロジェクト ほか)
第4章 超訳!プロセス領域(プロジェクト管理
エンジニアリング ほか)
■内容紹介
プロジェクトを成功に導くCMMIの実践的解説
理想論ではない。今ある現実のプロジェクトで活用できるからこそ価値がある。「基礎知識」+「方法論」+「ケーススタディ」+「リファレンス」でプロジェクトを成功に導くプロセス改善のすべてがわかる!

posted by 課長007 at 10:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 品質管理とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86940624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録