2008年02月22日

筒抜け

200802221113000.jpg

筒型じゃないけど、あちら側筒抜けですね


また、『鉄ちゃん』ネタです

渋谷駅・新南口付近なんですが、渋谷も新宿も、この新南口っつうのが、メインの改札口からやたらと遠くて困る

まぁ、稼働率の低かった貨物線に、『埼京線』『成田エクスプレス』『湘南新宿ライン』なんかを走らせるために作ったホームだから、仕方ないと言われれば仕方ない。

新しい改札口ができて、それまでは駅のはずれだった辺りが、突然駅前になるわけだから、それなりに経済波及効果もあるんだろうし…

デメリットといえば、訪問先が「新南口から徒歩5分」なんて時に、メインの改札口から出てしまったら、遅刻する可能性が高いということ


皆さん、新南口には注意されたし


P.S.
なぜか今日は外人づいてる


東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス 1074)
東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス 1074)東 浩紀 北田 暁大

おすすめ平均
stars人間工学をめぐる世代論
stars日和見ではなく問題意識を
starsそこそこの情報量があって面白いですが、、、
starsGLOCOM ised議事録と併読すると面白いです
stars東京から現在を考える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
ともに一九七一年に生まれ、東京の郊外に育ち、同時期に現代思想の洗礼を受けた気鋭の論客二人の眼に、ポストモダン都市・東京の現在は、どのように映ったか。シミュラークルの街・渋谷の変貌、郊外のセキュリティ化、下北沢や秋葉原の再開発に象徴される街の個性の喪失、足立区の就学支援、東京の東西格差、そして、ビッグ・シティを侵食する新たなナショナリズム…これらの考察を経て、リベラリズムの限界と可能性を論じる。東京の光景を素材に、現代社会の諸問題を徹底討論。
■目次:
1 渋谷から都市を考える(東京の東西差 東京のサブカルチャー的多様性 ほか)
2 青葉台から郊外を考える(青葉台はいつ誕生したのか 駅前風景の変遷 ほか)
3 足立区から格差を考える(記号的空間と動物的空間 なぜ、ガーデンプレイスは「ジャスコ的」に見えるのか ほか)
4 池袋から個性を考える(池袋と西武 北京の都市再開発 ほか)
5 東京からネイションを考える(都市を覆う人間工学的デザインネイション形成の身体的動機 ほか)



タグ:鉄ちゃん
posted by 課長007 at 11:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 筒抜け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。