2008年01月23日

日経[号外]22日その4?

大恐慌の予防策的な号外ラッシュってことですか?


米連邦準備理事会は22日、臨時の連邦公開市場委員会を開き、最重要政策金利のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を緊急に0.75%引き下げ、年3.5%とすることを賛成多数で決めた。実施は即日。


孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library 6)
孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library 6)ジェシー・ローリストン・リバモア 長尾慎太郎 増沢和美

おすすめ平均
stars初心者読むべからず
stars意味なしw
stars名著
starsリバモア自身の著作です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
相場の世界で大勝利と破産を繰り返した稀代の投機家ジェシー・リバモア―彼はトレーディングにおいて厳しく徹底したルールを自らに課し、ほかからの情報には一切流されず、己の分析のみで相場に挑む孤高の投機家であった。独力で作り出した投機のルールとそのルールを守る規律、破産に至った要因、そして数々の挫折から復活を成し遂げた相場の法則と、その後の多くの賢人たちに影響を与えた増し玉の極意とは…。
■目次:
第1章 投機という挑戦
第2章 株が正しく動くのはいつか?
第3章 先導株に従え
第4章 資金の管理
第5章 ピボットポイント
第6章 一〇〇万ドルの損失
第七章 三〇〇万ドルの利益
第8章 リバモア流マーケットの秘訣
第9章 ルール解説
■内容紹介
アメリカ屈指の投資家ウィリアム・オニールの教本!
稀代の相場師が自ら書き残した投機の聖典がついに明らかに!
相場の世界で大勝利と破産を繰り返した稀代の投機家ジェシー・リバモア――
彼はトレーディングにおいて厳しく徹底したルールを自らに科し、ほかからの情報には一切流されず、己の分析のみで相場に挑む孤高の投機家であった。
独力で作り出した投機のルールとそのルールを守る規律、破産に至った要因、そして数々の挫折から復活を成し遂げた相場の法則と、その後の多くの賢人たちに影響を与えた増し玉の極意とは……!
大勢のマーケットの魔術師のなかでも、その壮絶な最期ゆえに語られることの多いジェシー・リバモア。
没後70年近くになる現在でも、その投資手法や哲学はマーケットに生きる人々に多大な影響を与えている。
彼を100万ドル長者にのし上げたのは、そのたぐいまれな数学的センスと卓越した相場眼、そして成功への強い信念であった。
しかし、そんな彼も何度かの破産の憂き目に遭い、その都度、華麗なる大復活を遂げてきた。
本書は、彼が亡くなった1940年に彼自身の手で書かれた唯一の相場書である。
14歳から相場の世界に一人で立ち向かった彼がその手法や相場観、そしてリスク管理などを余すところなく明らかにしている。
これら「リバモア流相場の極意」は現代のトレーダーにとっても福音となるだろう!
■著者について
ジェシー・ローリストン・リバモア(Jesse Lauriston Livermore)
14歳で株式の世界に入り、20歳でニューヨーク証券取引所での取引をスタート。
「投機王」としてウォール街に確固たる地位を築き、株価暴落の原因とまで噂された相場師。
しかし、その人生は波瀾万丈そのもので、巨額の利益を得る大成功と破産を繰り返すが、そのたびに自身の相場眼で見事に復活を果たしている。
的確な売りによって「グレートベア」と称された。



posted by 課長007 at 00:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]22日その4?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。