2007年11月04日

日経[号外]4日

キターッ!壊し屋!


民主・小沢代表が辞意表明
 民主党の小沢一郎代表は4日午後、党本部で記者会見し「福田康夫首相から要請のあった連立政権樹立を巡り、党内外に政治的な混乱が生じたことを受け、民主党代表としてけじめをつけるため、代表職を辞する」と述べ、党首を辞任する意向を表明した。


虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2))
虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2))平野 貞夫

講談社 2007-10-19
売り上げランキング : 64822

おすすめ平均 star
star『小沢一郎』の『?』
starう〜ん、考えさせられた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
政権交代を狙う真の実力者は、梟雄か英雄か?出生の秘密、自民党幹事長時代の「自民党総裁候補面接事件」の真相。新生党結成から非自民連立政権樹立までの全内幕、そして、次々と離れていった側近たちの思惑などのすべてを、初めて明らかにするインサイド・ストーリー!側近中の側近が見た政治家「小沢」の虚像、そして人間「一郎」の実像とは。
■目次:
第1章 政治的遺伝子
第2章 政治の原点と「角福戦争」
第3章 角栄と一郎
第4章 消費税とリクルート事件
第5章 「豪腕」幹事長の真実
第6章 非自民連立政権の全内幕
第7章 離反した政治家の思惑
終章 生活者の国家を
■出版社からの内容紹介
次の10年を決める男!
総理候補No.1は梟雄か英雄か? 側近中の側近が初めて語る「豪腕伝説」の全真相!!
政権交代を狙う真の実力者は、梟雄か英雄か?出生の秘密、自民党幹事長時代の「自民党総裁候補面接事件」の真相、新生党結成から非自民連立政権樹立までの全内幕、そして、次々と離れていった側近たちの思惑などのすべてを、初めて明らかにするインサイド・ストーリー! 側近中の側近が見た政治家「小沢」の虚像、そして人間「一郎」の実像とは!?
※本作品は2006年9月、小社から刊行されたものを文庫収録にあたり大幅に加筆、再編集しました



posted by 課長007 at 16:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]4日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。