2007年10月15日

するっと関東

帰宅の途が、山手線の事故で振替輸送になりました。

山手線・振替輸送

このチケット持っていれば、振替輸送先の改札はスルーになるわけです。


考えてみれば、

先日の自動改札のシステム障害なんて、

鉄道員(ぽっぽや)にとっては、きっと大したことではないんでしょうね。


とはいえ、

経営的な減収=損害額はいかほどなんでしょう?


あの日本信号(?)さんと鉄道各社との契約では、瑕疵担保とか損害賠償の条項とかに該当したんでしょうか?


ね〜む〜れ〜な〜い♪


日本信号の自動改札機トラブル、復旧メドも不安残す――検証強化打ち出す。(2007/10/16)
利便性の裏にリスク拡大

 首都圏で十二日に発生した日本信号製自動改札機の一斉ダウン問題は、同社が修正プログラムを作成し、東日本旅客鉄道(JR東日本)などの鉄道会社がソフトウエアの書き換えを始めたことで収束のめどが立った。ただ、高い信頼性が求められる鉄道関連機器の大規模な障害は、高度な利便性を追求した最新システムのもろさをさらけ出し、利用者らに不安を残す結果となった。



企業の災害対策と事業継続計画 (BCP/BCM研究 (vol.1))
企業の災害対策と事業継続計画 (BCP/BCM研究 (vol.1))セコム株式会社

リックテレコム 2007-08
売り上げランキング : 64281

おすすめ平均 star
starこんな本・・・ほかにありませんよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
150項目のチェックシートで会社の“備え”を自己診断!9.11テロ・阪神淡路・新潟中越地震。本当にあった被災体験から教訓を抽出。耐震設備からIT・復旧資金までBCPに組み込む対策を網羅。
■目次:
1 Introduction:基本を理解する
2 How‐To:BCPを実践する
3 Case Study:企業の被災体験に学ぶ
4 Planning:BCPに盛り込むリスク要因とそれぞれの対策Products
5 Watching:内外の動きを知る
■MARCデータベースより
犯罪や災害から組織と資産を守るために改めて注目されている事業継続計画(BCP)。9.11テロ・阪神淡路・新潟中越地震などの被災体験から教訓を抽出し、耐震設備からIT・復旧資金までBCPに組み込む対策を紹介する。



posted by 課長007 at 22:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - するっと関東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。