2007年10月14日

NHK 1000人の課長を見逃す...の巻

昨日も告知しておいた件、ソファーで寝てしまい気が付いたら4時、

見事に見逃しました。_| ̄|○


仕方ないので、ネット上の情報だけまとめておきます。^^;


NHKが番組「1000人の声〜にっぽんの課長さん〜」でネット参加者募集 お知らせ 語ろ具探偵団 @nifty 語ろ具
NHKは、このほど「1000人の声〜にっぽんの課長さん〜」と題し、日本の課長さんの本音から、現代サラリーマン社会の「気分」を浮かび上がらせる番組を企画、番組にインターネットを通じて参加してもらう「課長」または「課長クラス」の方々を募集している。



「課長1000人」ネット通じて大集合:NHKここに注目!:J-CAST テレビウォッチ
 ネット時代ならではの実験的な番組「1000人の声〜平成の課長さん」が10月13日深夜(14日0時5分)からNHKで放送される。ネットを通じて現役の課長さん1000人が同時に番組に参加するという試みだ。

 NHKが開発した「ネットコミュニケーションシステム」を使用して、参加者は自宅のパソコンでストリーミング配信されるスタジオの様子をみながら番組に参加。質問に対する答えや意見を送信する。



番組: 課長はつらいよ!500人の課長本音を告白!! (NHK総合 2007-10-14 00:05)
[詳細] 課長はつらいよ!500人の課長本音を告白!!◇ある共通点でグループ分けされた人々が、NHKが開発したネットコミュニケーションシステム上に集まり、スタジオの出演者とコミュニケーションする。今回集まったのは全国の"課長さん"。「課長さんの身近なぼやき」「課長という存在を漢字1文字で表すとしたら」などのテーマに寄せられた回答を紹介する。生放送で意見を募るこれまでの番組とは違い、参加者は自宅のパソコンでストリーミング配信されるスタジオの映像を見ながら、質問の答えや意見を送信する。ゲストは渡辺徹、ピエール滝、はしのえみ、評論家の宮崎哲弥氏ら。司会は藤井隆と塚原愛アナウンサー。


アナタは愛していますか? - 〜わーきんぐままのどたばた日記〜 - Yahoo!ブログ
たまたまテレビでNHKを見ていたら、「1000人の声」という番組をやってました。
全国の人とPCでリアルタイムにアンケートを取りながら番組を進めていくというもの。
また、カメラやマイクで直接インタビューも可能っていうやつです。

司会はNHKアナと藤井隆でした。

今日は、全国の1000人の課長さん!!
なかなか面白そう!
自分の上司や、よその職場の課長さんを想像しながら見てました。

↑こちらの記事が一番詳しいかも


平成の課長さん|Midori Notes
大変なんだねえ。ちょっと我らの課長を尊敬した。

平成の課長さん!一緒にがんばろうぜ!?



頑張りますとも!!

世界を救い!日本を救い!会社を救い!友を救い!我が家を救い!

そしてわたしを救うために………


わたくしの収録参加メモ:

日本の課長は誠実なんです!?
昨晩、『948番のID』をゲットした『NHK 1000人の声 にっぽんの課長さん』の収録がありました。



関連ネタ:

ミドルの学びを支援する
先日掲載した『ワークプレイスラーニング2007』にいってきました。

「組織」と「学習」に関する産学共同シンポジウム
ワークプレイスラーニング 2007



以上、最近寝てばっかのダメ課長でした。


やはり↓『MBAが課長を滅ぼす』?!
鋭い頭を持った、世界で通用するMBA的課長術
鋭い頭を持った、世界で通用するMBA的課長術斎藤 広達

幻冬舎 2004-01
売り上げランキング : 474297

おすすめ平均 star
star全く役に立たない本
star“MBA”とつければ本がある程度売れるのだろう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
問題をクリアにし、短時間で意思決定を行ない、そして結果を出していく。そんな世界で活躍する課長が実践する処世術や技を簡単に紹介する本があれば、何も2年間も留学する必要はないではないか?受難の時代を迎えている課長に必要なのは、教科書で学べるMBAの基礎知識ではない。肝心なのは頭の使い方、そして体の動かし方。これさえ読めば「稼ぐ課長」になるために必要なMBAの一番の武器が身につけられる。
■目次:
第1章 いいアイディアがどんどん生まれるMBA的思考術(人生で成功するため、とにかく頭を使って考える習慣をつける!
ややこしく複雑な問題こそシンプルに解決する ほか)
第2章 部下の能力がみるみるのびるMBA的指導術(部下からの“報連相”は3つのポイントでまとめる
コミュニケーションで大切なのは「言う」こと。「言わない」のは「考えていない」のと同じ ほか)
第3章 情報の山から役立つものだけをMBA的情報収集術(熟読なんて必要ない。乱読こそが「使える考え方」の獲得術だ
何でも時間をかければよいって訳じゃない ほか)第4章 これからの自分を考えるMBA的自己実現術(家庭のバランスシートを作ると、何をすべきかクリアに見えてくる
ウエイトコントロールで損益管理のバランス感覚を磨け ほか)
■MARCデータベースより
MBAは欧米の大学に留学し取得するものだが、取得者が学んだものと同じ処世術を身につければその必要はない。取得者のみが知る脳みその使い方を伝授。2002年アミューズブックス刊「MBA的発想人」を改題、大幅加筆。
■出版社/著者からの内容紹介
問題を解決する時は、「結果」と「原因」の2つだけを考える/すべての事柄にある「キーになる数字」を把握するetc. MBAで著者が学んだ「儲かる人の頭のしくみ」教えます。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
斎藤 広達
1968年、東京生まれ。慶応大学商学部を卒業後、エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に勤務。販売部や営業企画部で主にマーケティング関連の業務に従事する。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストンコンサルティンググループ、シティバンクを経て、現在は戦略系経営コンサルタントとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 14:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - NHK 1000人の課長を見逃す...の巻
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。