2007年09月25日

日経[号外]25日

もう一丁きた!


福田新内閣の閣僚名簿発表

町村信孝新官房長官は記者会見し、福田新内閣の閣僚名簿を発表した。
防衛相に石破茂氏、文科相に渡海紀三朗氏を起用。外相は高村正彦氏。主要閣僚は留任。麻生太郎氏は入閣せず。


保守の論理 「凛として美しい日本」をつくる
保守の論理 「凛として美しい日本」をつくる町村 信孝

おすすめ平均
stars保守ではなく左翼の論理として評価する。
stars保守ではなく左翼の論理として評価する。
stars保守の正論には納得。
stars期待したい
stars言行一致を望む

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
戦後六〇年、そして自民党結党五〇年「正しい姿」を取り戻せば日本は必ずよみがえります。
■目次:
第1部 「凜として美しい日本人」のために(天は自ら助くる者を助く
国家と情報の危機 豊かな時代の「教育の危機」)
第2部 わが家の歴史から日本を考える(幕末から明治へ 大正から昭和へ)
■MARCデータベースより
様々な難題に直面する日本は、これから真の「保守」に立脚しなければならない! 現職外務大臣が日本の歴史、伝統に対する考え方を述べ、わが国の歩むべき道を真摯に語る。あらためて「保守主義」とはなにかを問う。
■出版社 / 著者からの内容紹介
「正しい姿」を取り戻せば日本は必ずよみがえる! 戦後60年、そして自民党結党50年を期して、わが国の歩むべき道を真摯に語る。
戦後60年という節目に、来るべき新しい時代の「日本の保守政治」の基軸となるべき考え方を、力強く打ち出した一冊である。
自分たちが終わりのないリレーの何番目かの走者であるということを自覚するべきだ、という問いかけから、本書の第一部ははじまる。過去を引き継ぎ、いまに生かし、夢のある未来の日本を築くためにいかに尽力すべきなのか。小さな政府とは何か、教育はいかにあるべきか、さらに国家と情報の問題まで、平易な言葉の中に決然と語られる。
第二部では、すべての人が自らの家の歴史を紐解くことによって、歴史を自分のものとして実感すべきだという考えから、町村家の歴史に即して、日本の近現代史を見直していく。身近にひきつけられた歴史の中から、日本の歴史の重みと保守の真髄が浮かび上がってくる。
「凛として美しい」信頼国家・日本をつくる。熱い思いを語りつくした渾身の書。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
町村 信孝
昭和19年生まれ。昭和44年東京大学経済学部卒業。同年通商産業省入省。57年通商産業省資源エネルギー庁石油部石油企画官を最後に同省を退職。58年第37回衆議院議員総選挙にて初当選。文部政務次官、外務政務次官、文部大臣、自由民主党幹事長代理、文部科学大臣、自由民主党総務局長などを歴任。平成16年外務大臣に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]25日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。