2007年08月23日

投票行動に見るインプレッション×レスポンス×コンバージョン

以前掲載したイベント、『RTC Vol.26:「インターネットと選挙:参議院選を振り返る」』の参加メモ

主催者、講演者のご尽力とパフォーマンスに、最大の敬意を表明しつつ、

内容については、

いずれ主催者:上原仁さんの『近江商人JINBLOG』や、

講演者:神田敏晶さんの『KandaNewsNetwork』などに

見事に集積されると思いますので、謹んで割愛させていただきます。^^;


で、そもそも投票にいかなかったわたしが四の五の言うことかどうかは別にして、

神田さんの結果は、

選挙のスタートラインである「インプレッション数」=認知・知名度の少なさによって、

AIDMAの“A”段階で既に落選していたことになります。


選挙の争点の一つにもなっていた「格差」は、候補者にとっては新しくもなんともない、昔からあるハードルだったわけですが、

となると神田さんは、

『ランチェスターの法則』的には、「弱者の戦略=差別化戦略」をとらなければならなかったわけですね?

1.商品の差別化: ネット住人
2.価格の差別化: ローコスト選挙
3.サービスの差別化: 効率化
4.チャネルの差別化: ネット
5.地域の差別化: 渋谷じゃなく秋葉原


勝手な推測で書いてみましたが、もし「サービスの差別化」が“効率化”だとすると、

自民党と同じ“小さな政府”を訴えなければいけないことになってしまいます。


ちなみに、わたしが考える「今回の参院選で自民党が負けた理由」は、

“国会閉会前の強行採決にファシズムを見た”

ことによる拒絶反応だったと捉えているわけですが、

その自民党と同じ“小さな政府”を掲げては、

「レスポンスしてくれた人たちもコンバージョンしてくれなかったんじゃないか?」

と思えるわけです。


そもそも、商品であり、かつ共感してもらえそうな想定ターゲットと思われる“ネット住人”が、

・住民票所在地に居住していて
・期間中に投票にいくか

という大問題が根底にありますけどね。(泣)


ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)
ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)竹田 陽一

おすすめ平均
stars弱者=自分自身
stars竹田ランチェスターのエキスがすべて入っています!好著!
stars100円で出会えたこの本がきっかけです。まずは強い願望をもて!
stars昔の本ですが
stars強者にも通用する戦略

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
目次:

第1部 ランチェスター法則とは(ランチェスター法則と戦略概念
強者の戦略と弱者の戦略
初心・原点の戦略
強者・弱者の区分
量七分に質三分の原則)
第2部 ナンバー・ワンづくり15の原則(仕事への情熱が願望開発を生む
競合対策に工夫をこらす
攻撃目標を明確にし、実行に移す
重点主義の“ねらい撃ち”
客づくりに総力の7割を配分
長時間労働が決め手 ほか)



posted by 課長007 at 23:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 投票行動に見るインプレッション×レスポンス×コンバージョン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。