2007年08月05日

2007労働経済白書 従業員から見るとROIは下がる一方?

格差に労働白書懸念 「成果配分見直しを」 : ニュース : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 厚生労働省は3日、2007年版「労働経済の分析」(労働経済白書)を発表した。好調な企業業績が賃金上昇に結び付いていない点を問題視し、「今後は企業部門で先行している回復を雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間の短縮へとバランスよく配分し、持続的な経済発展を実現していくことが求められている」として、労働分配率の強化を課題に掲げたのが特徴だ。



信濃毎日新聞[信毎web]|社説=労働白書 ひずみの是正を急げ
 非正社員が増える一方、正社員の間でも賃金格差が出ている。景気が拡大しているというのに、賃金は十分に伸びていない−。今年の労働経済白書は、労働環境をめぐるさまざまなひずみを指摘した上で、仕事と生活の調和を訴えている。



厚生労働省:平成19年版労働経済の分析(要約版)
平成19年版労働経済の分析
─ワークライフバランスと雇用システム─
<要約>

目次、はじめに(PDF:87KB)
 我が国経済は、景気回復の期間からみれば、すでに、高度経済成長期のいざなぎ景気を超えているが、経済の成長は、輸出と設備投資に牽引され、消費支出は力強さを欠いている。企業収益の増加が大きいが、これら企業部門で先行している回復を、雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間の短縮へとバランスよく配分することによって、勤労者生活を充実させ、社会の安定を基盤とした持続的な経済発展を実現させていくことが求められる。

第1章  労働経済の推移と特徴
第1節  雇用、失業の動向(PDF:225KB)
第2節  賃金、労働時間の動向(PDF:141KB)
第3節  物価、勤労者家計の動向(PDF:202KB)

第2章  人材マネジメントの動向と勤労者生活
第1節  企業経営と人材マネジメント(PDF:271KB)
第2節  雇用管理と勤労者生活(PDF:325KB)
第3節  働き方の変化と勤労者生活(PDF:287KB)
第4節  ワークライフバランスの各国の動向(PDF:145KB)

第3章  変化する雇用システムと今後の課題
第1節  経済・経営環境と労働条件(PDF:270KB)
第2節  雇用システムと勤労者生活(PDF:264KB)
第3節  ワークライフバランスと雇用システムの展望(PDF:250KB)

まとめ(PDF:177KB)



以前の記事、『社員力とは、市場競争力の源泉なり』を、厚生労働省が支持してくれているのなら嬉しい限りです。^^;


保身に走る経営者達は、景気回復トレンドの中で株主配当や役員報酬は上昇させているのに、

一方で『ホワイトカラーエグゼンプション』のような人件費抑制の強迫観念は増すばかり。


それで事業を成長させられるのならいいでしょう。


でも、従業員が能力を提供するその先に、適切なリターンを描くことができないなら、自己投資への意欲も萎え、品質劣化や不祥事の頻発が起きることは必然なのでしょう。

先日の『某全国紙からの取材依頼です』でのわたしのコメントも、そんな危機感を盛り込んでいます。


企業のROIと従業員個々人のROIがバランスされている企業


株式にしても社債にしても、こんな観点を持って投資先を選ぶとすると、優良企業のランキングなども大きく変わってくるのでしょう。


過去記事:

行列のできる会社作り 2007年07月25日
最近よく聞く不祥事ほど悪質ではないにせよ、

受注生産モデルだったり、労働集約型や知識集約型のBtoBビジネスでは、

割りとよくある話しではないのかと思うのです。


だからこそ、『社員力とは、市場競争力の源泉なり』といった価値基準を持ち、

教育投資やアライアンスなど、日々リソース拡充に努める必要があるのだと考えます。

それでも、大幅にリソースが不足してしまう事態が起きたなら、

『企業の目的』(ミッション・ビジョン・ポリシー)に則してコミットメントした上で、

顧客にお待ちいただくことも必要ではないでしょうか?



企業の目的とは 2007年07月12日
そんなマーケティング発想を持った企業の目的は、

「事業成長によってステークホルダーの期待に応え続けること」

分解するなら、こんな3条件でしょうか?

■価値を認めてくれる「顧客の創造」
■価値を生み出している「従業員の進化」
■価値から得られた「利益の循環」



会社は誰のものかって? 2005年12月23日
「んなもん、社会のもんに決まっとるじゃろ!」と生まれる前に死んじまった爺さんにどやされそうだが、要するに利害関係者はいても所有者(=オーナー)なんていないのだと思う。



マーベリック・カンパニー 常識の壁を打ち破った超優良企業
マーベリック・カンパニー 常識の壁を打ち破った超優良企業ウィリアム C テイラー ポリー ラーベル 小川 敏子

日本経済新聞出版社 2007-05-24
売り上げランキング : 8276

おすすめ平均 star
star人を主役にした組織のあり方
star「神は細部に宿る」式で丹念に描く未来の組織と競争力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
独創的なアイデアを実行し、イノベーションの常識を打ち壊し、最高の人材を集めて、仕事のしかたそのものを変える。創造的で実験的。新・エクセレントカンパニー32社の強みを解き明かす。
目次:
第1部 競争について考え直す(存在意義を戦略化し、提言する企業たち
競争とその結果―破壊者、外交官、そしてビジネスについて語る新しい方法
マーベリックのメッセージ(1)―あなたの戦略を評価する)
第2部 イノベーションについて考え直す(無限のアイデア―一人の人間の能力には限界があるが、無数の人間の能力は無限
イノベーション株式会社―オープンソースの手法を本格的にビジネスに取り入れる
マーベリックのメッセージ(2)―先入観にとらわれないビジネス)
第3部 顧客との絆を取り戻す(価値あるものを売ることよりも、価値を共有することへ―過剰の時代を乗り切る
小さなジェスチャー、大きなシグナル―突出した存在になるための卓越した戦略
マーベリックのメッセージ(3)―顧客とあなたの絆を結ぶ)
第4部 仕事を新たにデザインする(会社を維持するために―人材あっての事業
人の能力を引き出す―スター、システム、現場を大事にする
マーベリックのメッセージ(4)―人的資源に関するスキルをあげる)
MARCデータベースより
経営や投資のプロが注目する32の企業と組織。そのマーベリック(独創的)なアイデア、経営戦略、人材の活用法、リーダーの哲学を紹介し、強さの理由を解き明かす。これからの成功法則が満載。
内容紹介
これが2010年のエクセレント・カンパニーだ! 急成長している「マーベリック(型破り)」企業を、企業理念、時代の捉え方、顧客の獲得法、人材力の4つの視点から分析。日本企業が見習うべき新時代の成功例多数!



posted by 課長007 at 14:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 2007労働経済白書 従業員から見るとROIは下がる一方?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。