2007年07月24日

“売れる仕組み作り”では足りない!?

『マーケティングとは』

■売れる仕組み作り

と説明されることが多いですが、
それだけだと提供者側の論理=プロダクト・アウトの意識に陥りやすいのかなと。


以前掲載した、

■買われ続ける仕組みづくり

ならば、顧客心理に思いを致すマーケット・インの発想力が高められそうです。

ただ、ちょっと受け身な感じがしてしまうところが難点です。


一歩進めて、

■行列のできる会社づくり

では、いかがでしょう?


マーケティングの目的、『市場との同期』がうまくいった結果、

・認知は広まり、
・興味・関心が高まって、
・来店・購入は増える

はず。


昨日の記事に触発されて、財務の視点で分解してみると、

利益=売上−コスト

   売上=客数×客単価

      客数=人数×購入頻度

      客単価=購入点数×商品単価


“減らす”話しは後にして、“増やす”話しをするならば、

行列ができるぐらいお客さんが増え続けることが、

企業の存在価値を測る、最もシンプルな評価項目ではないでしょうか?


マーケティングとは何か?|マインドリーディング・ブログ
「マーケティング」

と言ってしまうと、なんだか、
しっかりした企業組織やマーケティング部門ためだけの言葉
のように響きます。

しかし、その本質は、
下町の八百屋、魚屋のオヤジさん、オカミさんも含めた全ての
商売人、全ての組織が日々行っている活動そのものであること。

そして、客の立場に立ち、
客の気持ちが理解できなくてはならないこと。
(顧客が欲しいと思うからこそ商品は売れる)

なにより、とことん考えて知恵を搾り出すことを継続すること。
(永久に有効であり続ける「売れる仕組み」は存在しないから)

という、マーケティングにおける

「理想とすべき基本姿勢」

が伝わるなあと私は感じたのです。

“マーケティングという行動を突き詰めて言うならば、
 より上手にモノを売っていくために「客の立場に立って
 知恵を使い続けること」と捉えることができる”

「知恵」使い続けてますか?



_| ̄|○ 勉強になります。


関連記事:

企業の目的とは
「事業成長によってステークホルダーの期待に応え続けること」

分解するなら、こんな3条件でしょうか?

■価値を認めてくれる「顧客の創造」
■価値を生み出している「従業員の進化」
■価値から得られた「利益の循環」

法人として国民の3大義務を履行する上で、納税による「利益の循環」「社会(投資家)への還元」は大事な条件の一つではありますが、やはりそれだけでは十分ではないと思うわけです。



なぜか行列のできる飲食店の法則―味・値段・立地は関係ない!
なぜか行列のできる飲食店の法則―味・値段・立地は関係ない!大久保 一彦

PHP研究所 2004-10
売り上げランキング : 45408

おすすめ平均 star
star今までにない考え方で
star中々痛いところを突きます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
著者は「飲食店のお医者さん」という肩書きで、いろいろな飲食店の経営改善のお手伝いをしています。これまでに数多くのお店で店舗設計の見直しやメニュー開発、接客指導などをおこなってきました。その著者がこれまでに培ってきた経験と知恵を結集し、二十一世紀日本における飲食店の成功法としてまとめたのが本書です。
目次:
第1章 「お客のニーズ」は最重要事項ではない!
第2章 競合店を意識して値下げするのは愚策
第3章 「立地が悪い」は不振の理由にならない
第4章 「売れる店」は外見だけでは作れない
第5章 美味しくなくてもお客は集まる
第6章 競合店とはまともに勝負しない
第7章 楽しまなければ儲かる店はできない
MARCデータベースより
「年中無休、値下げ、メニュー増加…。こんなにやってもバタバタ忙しいだけで、儲かっていない!」 あなたの店はそうなっていませんか? 飲食店のお医者さんが、「バタ貧」飲食店を繁盛店に変えるノウハウを一挙公開。
出版社/著者からの内容紹介
味や立地、コストばかりを優先するあまり見落とされている罠を、「飲食店のお医者さん」が徹底解明。この一冊であなたの店も繁盛店に!
「お客様のニーズにあわせてメニューを増やそう!」「多くのお客様に喜んでもらえるように年中無休で……」「隣の店もやってるので、ウチも値下げしてみようかな?」
こんなにやってもバタバタ忙しいだけで、儲かっていない! あなたのお店はそうなっていませんか?
市場が成長して、供給が需要を大きく上回るようになった現在、お客が店を選ぶようになっている。そこそこの「サービス・値段・味」といった平均点的な飲食店では、もう生き残れない!
今まで通用した「味・立地・値段」にこだわるという方法論を捨て、ひたすら個性的でお客を感動させる飲食店。価格競争に背を向け、きれいな店作りを否定し、オンリーワンの店になろう。
「バタ貧」飲食店を繁盛店に変えるノウハウを一挙公開。「飲食店のお医者さん」がこれまでに培ってきた経験と知恵を結集し、これからの飲食店の成功法をまとめた、飲食店経営者に不可欠な一冊である!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大久保 一彦
1965年、神奈川県横浜市生まれ。病気の両親を養うためにお金を稼げる飲食店に就職、飲食チェーン数社を経て株式会社グリーンハウスフーズに入社し、「とんかつ新宿さぼてん」惣菜店の多店舗化に成功。その後独立し、今日まで約1000店の指導、店舗プロデュース実績をもつ。中小零細飲食店オーナーの夢の実現のため「飲食店繁盛会」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タグ:行列
posted by 課長007 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - “売れる仕組み作り”では足りない!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。