2007年07月13日

みんなの課長 オープン!!

以前の記事、『みんなの課長プロジェクト』で紹介したWebサイトがオープンしました。

ビジネスQ&Aサイト 上司が応えて悩みスッキリ!
みんなの課長 http://www.minnanokacho.jp/
【みんなの課長について】
みんなの課長は、ビジネス全般に特化したQ&Aサイトです。
主に20〜30代の働く人々がビジネス上の悩みや問題を幅広く質問・相談し、管理職の立場に属する相談役(マネージャ)が回答してゆくという、Q&Aサイト方式のバーチャルな空間(会社)をインターネット上に用意いたしました。

みんなの課長であなたにアドバイスするのは現役で管理職として現場をマネジメントしてる人たちです!
どのマネージャーも管理職としての経験を積んだ人たちばかりですので、抱えた悩みにも親身になってアドバイスしてくれる事でしょう。

みんなの課長へのご参加にあたっては、マネージャにお仕事全般の悩みや相談を幅広く積極的に質問し、円滑なコミュニケーションを図っていってください!
また、マイページには招待機能も付いていますので、あなたのお友達やお知り合いの方をみんなの課長に招待してみてください!

【みんなの課長が期待できる効果】
質問する側の利用者は、相談役(マネージャ)の回答によって問題解決の糸口が見つかり、ビジネスに活力が生まれる効果が見込まれます。
また、回答する側の相談役(マネージャ)も、利用者の相談に回答してゆく事で、マネジメント力が磨かれ、上司力の向上に結びつくという効果が見込まれます。

みんなの課長は利用者や相談役(マネージャ)が所属している企業にとっても以下のようなメリットが見込まれます。

・社員が自らの力で幾多の問題を解決する、できるようになる
・所属長が強いマネジメント力でビジネスを推進する、できるようになる
・離職率の低下 / 定着率の向上 / 教育費用のコストダウン効果 / 収益性の向上

みんなの課長は、昨今の離職率やマネジメントといった問題に対して、全てのステークホルダーに対してメリットを生みながらも、社会貢献の一端を担う取り組みとしてプロジェクトを推進して参りました。

ビジネスQ&Aサイトみんなの課長の取り組みに、是非ご参画いただけますようお願いいたします。


MarkeZine:◎仕事の悩みはここで解決 ビジネスQ&Aサイト「みんなの課長」オープン
 株式会社ハイブリッドイデアは7月11日、ビジネスQ&Aサイト「みんなの課長」をオープンした。サイトに登録された相談役(マネージャ)に対して、仕事上の悩みや問題などを幅広く相談する事ができる。昨今の離職率やマネジメントといった問題に対して、社会貢献の一端を担う取り組みにもなりそうだ。


失われた10年と団塊の世代の退職で、ミドル・マネジメントは大忙し!

多くの企業で機能は細分化され、セクション単位の人数は少なくなっている中、プロフェッショナル!でスペシャリスト!なプレイングマネジャーだ!と要求され、多くの課長たちは部下をかまってる暇なんてないのかもしれません。


そんな、かまってもらえない、ほったらかしの部下達は幸せなのか不幸なのか?

わたしの経験則からは、きっと【不幸】です。

会社の人事部門が用意する教育体系が、日々起きる現場の問題解決にすぐ役立つはずはなく、豊富な経験を有する先輩やマネジャーの助言や支援などのOJTの中で「交渉の推移」や「解決の手順・段取り」を見て聞いて感じながら身につけていくものは多いはずです。

疲弊した職場環境では社員達の孤立化がどんどん進み、あのトヨタでさえ、品質管理に問題を来たしている現状があります。

経営トップがそこに気付き対処できている企業はよいでしょうが、トップ達が経験した時代とは環境が変わりすぎていて、そのリスクに気付くことさえできないはずです。


また、身近な上司だからこそ持ちかけられない話しもあるでしょう。

いわゆる「飲み屋のグチ・不平・不満」ですよね。

それだって、飲み屋で聞いてくれる仲間がいてこそのグチでしょうから、そんな仲間のいない、あるいは仲間にはグチなどこぼしたくないような人々の受け皿があったっていい。


片やマネジャー役のオジサン・オバサンは、ホントは他人の部下の面倒見てる暇があったら自分の部下とコミュニケーションした方がよいかもしれませんが、逆にこういった場でのやり取りから、まだ聞けていない部下の悩みに思いを致すこともできるようになり、自身のチームでも同じような問題がないか確かめるきっかけにもできるでしょう。


なぁーんて、エラそうなこと言いつつ、

> マネジメント力が磨かれ、上司力の向上に結びつくという効果が見込まれます。

上司力もコーチングスキルも不足してて、効果発揮できなかったらごめんなさい。m(_ _)m


スーパー上司力!―突然部下が輝きだす40の魔法の仕掛け
スーパー上司力!―突然部下が輝きだす40の魔法の仕掛け酒井 英之

アーク出版 2007-05
売り上げランキング : 6482

おすすめ平均 star
star上司として自分に何ができるかを考えなおす一冊
star久しぶりに感動したビジネス書
star現場の知恵がつまった1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
部下を想い、部下を熱くさせた「スーパー上司」たちの選りすぐりの工夫。費用も時間もかけず、しかも身近な題材でできるとっておき“職場修復工事”。
目次:
1章 部下に「職場が変わる」と期待させる仕掛け―上司は管理監督のあり方を見直す
2章 部下から「自分のことをわかってくれる」と安心させる仕掛け―上司は部下とのコミュニケーションのあり方を見直す
3章 部下に「自分は必要とされている」と自信を持たせる仕掛け―「存在の承認」で部下を動機づける
4章 部下に「自分は必ず責任を果たしてみせる」と勇気づける仕掛け―「他人の視点」で部下を動機づける
5章 部下に「自分はこれだけやれる」と誇りを持たせる仕掛け―「職務の充実」で部下を動機づける
6章 部下に「目標達成の醍醐味」を体験させる仕掛け―「仕事の達成感」で部下を動機づける
出版社/著者からの内容紹介
◎「あの人の下で働きたい」と言われる上司になろう!
給与をいくら高くしても部下のモチベーションは上がりません。むしろ、部下一人ひとりが仕事に価値や責任を感じ、職場の仲間からも認められ、また達成感を味わえるような工夫があれば、彼らは喜んで仕事をするようになります。社員研修のような大掛かりなものでなく、上司の工夫次第でできる40の仕掛けを集めました。
出版社からのコメント
 いざなぎを超える景気回復の中で、史上最高益を更新する企業が続出しています。ところが、そんな好決算の陰で、現場で働くビジネスマンたちのやる気はどんどん失われ、職場の雰囲気は停滞していると言われます。「なんとか部下のモチベーションを高めたい」「どうしたら職場に活気を取り戻せるだろう」──職場をあずかる上司なら工夫を凝らしたいところでしょう。
この本で紹介した40の仕掛けは、著者自身が実践しているものや、コンサルタントとして全国各地で知り合ったマネジャーたちから直接見聞きしたものです。「見える化」「レイアウト変更」「個人面談」「決意表明」「感謝状」など、どの職場にもある身近な題材ですから費用も時間も経験も不要です。にもかかわらず、たった一つでも実行できたら職場を劇的に修復することができるのです。
「部下のやる気は上司のマネジメントしだい!」ということを実感できるでしょう。
著者からのコメント
会社の業績は良いのに、職場の元気さがどんどん失われてい
く... 残念ながら、大手でもベンチャーでもこんな職場が増えています。その原因は、管理者たちが職場づくりの方法を知らないまま目標だけを追うマネジメントをしていることにあります。
目標達成という大きな花を咲かせることはとても大事ですが、その花を咲かすためには土を耕し肥料をくべ、害虫から守るという、種が芽を出し育ち易くする環境を作る必要があります。
そこで本書は、活き活きと働ける職場を作りたいと願うマネージャに、種蒔き前の土壌改良のノウハウについて、社員から愛されてやまない経営者や管理者の実例を多数紹介するものです。
著者について
酒井 英之(さかい ひでゆき)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業
(株)入社。入社2年目で考案した商品が大ヒット。営業部では連続優秀セールスマン賞受賞。27歳のとき、仲間と広告会社を興すものの事業に失敗。このとき得た教訓を活かすべく、経営コンサルタントに転身。現在は三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)経営戦略部長兼プリンシパル。
「目標なくして人材育成なし」を信条とし、これまでに研修講師やコーチングなどで300社以上の企業の目標達成をアシストしている。年間講演回数は100回を超え、雑誌やWEB、企業内メルマガ等の執筆も多数。


質問で学ぶシンプルコーチング
質問で学ぶシンプルコーチングマツダ ミヒロ

PHP研究所 2007-06-21
売り上げランキング : 1438


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
目次:

第1章 もっと聴くためのスキル(耳を傾ける 言葉を重ねる ほか)
第2章 自己を知るスキル(じっくりと考えさせる 場を和ませる ほか)
第3章 かかわりあいのスキル(信じて頼る すべてを受け入れる ほか)
第4章 未来へのスキル(×2の法則 ゴールの明確化 ほか)
内容紹介
コーチングをこむずかしく考えないで、カフェでもさらりと読めるような口あたりの本の誕生です。口あたりが軽妙といっても、後味は抜群。しっかりとした読後感を味わうことができます。本書にはコーチングのメソッドをシンプルに理解するためのさまざまな工夫がほどこされています。
まず、ちょっとコミュニケーション下手の男性とコミュニケーション上手で気がきく女性の会話から始まります。会話の中にはコーチングのヒントが隠されています。それを手がかりに、「キーワード」「解説」と続き、さらなる理解をうながします。最後には「質問エクササイズ」。実際のビジネスシーンや生活シーンで活かせる生きた理解が得られるようになっています。「魔法の質問」を運営する著者ならではの実践的で親身な「質問」。
コーチングの要点が驚くほどすっきりと整理された画期的な本です。
著者からのコメント
私がコーチングを学び始めたとき、「こんな本があったらいいな!」というものを創りました。
<難しい言葉>や<わかりにくい説明>をなくし、シンプルかつ【本質的】な本です。机の上で、難しい顔をして読むのではなく、カフェで気軽に読めるような感じ。
・コーチングをこれから学びたい方
・職場などで部下のやる気を引き出したい方
・子育てのとき、どんなコミュニケーションをとればいいか迷った時
そんな方々に手にとって欲しい1冊です。この本には31のコミュニケーションのコツが満載。朝1ページめくって読んでみて、1つだけ実践してみる。
カフェでも読めるコーチングの本です。
カバーの折り返し
こんな入門書が欲しかった!
読んで、
感じて、
学ぶ。
面白すぎて一気に読んでしまわないでください。



posted by 課長007 at 01:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - みんなの課長 オープン!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。