2007年06月18日

ブルーオーシャンな相場師

人の行く 裏に道あり 花の山

株式相場の世界で有名な格言の一つだそうです。


マーケティングの目的とは「市場との同期」

「Market-ing」なわけですが、「顕在需要」にだけ対応していては過当競争に陥りやすい。

ところが、
発想を変え、常識を打ち破って新たな価値を創出し、「潜在需要」を喚起・掘り起こすことができれば、競争のない市場を悠々と泳ぐことができる。

株式市場を闊歩する海千山千の相場師たちの格言には、参考になるものが多そうですね。


証券教育広報センター | 相場格言集−人の行く裏に道あり花の山
 株式投資の格言といえば、何をおいてもまず出てくるのが、このことばである。投資家は、とかく群集心理で動きがちだ。いわゆる付和雷同である。
が、それでは大きな成功は得られない。むしろ他人とは反対のことをやったほうが、うまくいく場合が多いと説いている。



↓図解シリーズ、わかりやすいですね。

ポケット図解 チャン・キムとモボルニュの「ブルー・オーシャン戦略」がわかる本―競争のない未開拓市場を創る!
ポケット図解 チャン・キムとモボルニュの「ブルー・オーシャン戦略」がわかる本―競争のない未開拓市場を創る!中野 明

秀和システム 2006-07
売り上げランキング : 18027

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する マイケル.E.ポーターの「競争の戦略」がわかる本―ポケット図解 ポケット図解 ピーター・ドラッカーの「事業戦略論」がわかる本 ポケット図解 フィリップ・コトラーの「マーケティング論」がわかる本 ポケット図解 ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本

BOOKデータベースより
目次:

第1章 ブルー・オーシャン戦略とは何か
第2章 ブルー・オーシャン戦略が注目される理由
第3章 現状の分析と戦略の方向付け
第4章 戦略策定の具体的手法
第5章 ビジネス・モデルの構築
第6章 ブルー・オーシャン戦略の導入と実行
第7章 持続的成長を目指すために
MARCデータベースより
注目される経営戦略論「ブルー・オーシャン戦略」を、図解をふんだんに用いながらわかりやすく解説。その基礎知識や、戦略策定の具体的手法、戦略の導入と実行のポイントなどを素早く理解できる!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中野 明

1962年、滋賀県生まれ。ノン・フィクション、ビジネス系単行本の執筆に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ブルーオーシャンな相場師
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。