2007年06月03日

グローバル・イノベーション・エコシステム2007シンポジウム 07/06/29(金)14:00@経団連ホール

課長007が行ける行けないに関わらず、勝手にピックアップしたイベント・セミナー情報をロギング。


===============================
GIES2007 シンポジウム
グローバル・イノベーション・エコシステム2007―躍動する世界を目指して―

イノベーションは、世界の多くの国において喫緊の課題として取り組まれて来た。2006年9月、京都でGIES2006が開催され、人類の存続と経済的発展とは不可分な関係にあり、とりわけグローバルな取り組みの重要性が一層明確となった。
我が国は、経済社会構造の大きな転換が図られる中、2006年9月に誕生した安倍政権が、オープン化とイノベーションによる新成長戦略を掲げた。日本の経済が新しい成長への歩みを始めようとする今こそ、社会システムの改革を実現し、真にイノベーティブな国家に生まれ変わるチャンスである。
本シンポジウムは、我が国のイノベーションに関する最新の政策や諸外国の取り組みを踏まえ、躍動する世界と持続可能な社会の構築を目指したイノベーションのグローバルな展開には何が必要か、日本はどのような役割を果たすのべきかを議論し、解決策を求めることを目指す。

共催 内閣府、日本経済団体連合会、日本学術会議、
GIES2007組織委員会(委員長 生駒 俊明、副委員長 石倉 洋子、顧問 黒川 清)
協力 アカデミーヒルズ
会議名称 グローバル・イノベーション・エコシステム2007―躍動する世界を目指して―
会期 2007年6月29日(金) 14:00〜18:00
会場 経団連ホール(〒100-8188 東京都千代田区大手町1−9−4)
使用言語 日本語・英語(同時通訳付)
詳細 http://www.gies2007.com/
===============================

経団連ホールなんて滅多にいけないですし、一応申込んでみました。


生態系サービスと人類の将来―国連ミレニアムエコシステム評価
生態系サービスと人類の将来―国連ミレニアムエコシステム評価Millennium Ecosystem 横浜国立大学21世紀COE翻訳委員会

オーム社 2007-03
売り上げランキング : 172399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生態環境リスクマネジメントの基礎―生態系をなぜ、どうやって守るのか 自然再生のための生物多様性モニタリング

BOOKデータベースより
目次:

意思決定者のための要約(生態系サービスの劣化と持続不可能な使用
生態系の非線形的変化、および生態系が突然変化する可能性の増大
特定の人々やグループの貧困の悪化と、グループ間の不平等と格差の助長)
ミレニアム生態系評価において検討された重要な課題(生態系はどのように変わってしまったのか?
生態系サービスとその利用はどう変わってきたか?
生態系の改変は人間の福利と貧困の緩和にどのように影響しているか? ほか)
付録(生態系サービスについての報告
対策の有効性
編著者一覧 ほか)



posted by 課長007 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - グローバル・イノベーション・エコシステム2007シンポジウム 07/06/29(金)14:00@経団連ホール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。