2007年05月16日

これからの東京

先日掲載したアカデミーヒルズ アーク都市塾開講式&記念セミナー参加メモ。

これからの東京〜ビジネスと感性が融合する都市像〜
第38期アーク都市塾オープニング記念セミナー パネルディスカッション
「これからの東京〜ビジネスと感性が融合する都市像〜」

パネリスト
隈 研吾 (建築家)
竹中 平蔵 (アカデミーヒルズ理事長/慶應義塾大学教授)
米倉 誠一郎 (アーク都市塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター教授)
詳細
http://www.academyhills.com/school/toshijuku/bs/index_38.html


第38期アーク都市塾 入塾式
ご挨拶:米倉 誠一郎
ご挨拶:米倉 誠一郎

著書「組織も戦略も自分に従う」は、恩師の書名「組織は戦略に従う」をパクったので売れなかった。(泣)
メッセージは「強い個人の集まった組織が、本当に強い組織」
組織は戦略に従う
組織は戦略に従うアルフレッド・D・チャンドラーJr. 有賀 裕子

ダイヤモンド社 2004-06-11
売り上げランキング : 40709

おすすめ平均 star
star経営書の古典、現代の経営者にとっての実用度も高い
star都立大学ビジネススクールの教科書です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本イノベータ-大賞2006の大賞受賞者は小菅正夫氏(旭山動物園・園長)
一人ひとりのイノベーションが受賞理由。

アーク都市塾:4つのコンセプト
・自分に対するインベストメント
・情報処理から情報創造へ
・インプットからアウトプットへ
・旬の知性に出会う


第38期アーク都市塾 入塾式
ご挨拶:森 稔 ※ビデオレター
(アカデミーヒルズオーナー・ファウンダー/森ビル(株)代表取締役社長)
ご挨拶:森 稔

やばい!国際競争力ランキング2007(IMD:国際経営開発研究所)
日本:前年16位から24位に下落
中国:前年18位から15位に前進

「国際競争力」に関連した写真、動画、ブログ、2chスレッド - はてなRSS


パネルディスカッション
「これからの東京〜ビジネスと感性が融合する都市像〜」
パネルディスカッション

当日発表の「アジア・ゲートウェイ構想」は×
「オープンスカイ」すぐやれ!

格差問題
頑張って金持ちになり、高い税金払う人のどこが悪いのか?
「お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちになりません。」(マーガレット・サッチャー)
消費税を10%にした時の低所得者層対策は、生活必需品の非課税などややこしいことではなく、“年収200万円以下は10%還付”などシンプルにすればよい。
格が違うから差がつくのは当然。我々がメジャーリーグに行き、イチローや松井と同じ年俸をもらえるのか?

東京一極集中
山手線の内側には、毎日350万人が流入する。静岡県の人口分が毎日大移動していることになる。
「ふるさと税」もナンセンス。寄付税制を整備すれば、魅力あるふるさとに、個人の意思で寄付させればよい。
郊外の行く末。ダメになったらほっとくニューヨークの例。
都市の護送船団行政。

東京にとっての歴史問題
日本橋の小伝馬町も馬喰町も残ったが、旅籠町は消されてしまった。

失われた10年
回復に時間を要したのは、無駄な公共事業で落ち切らせなかったから。

官僚とのケンカの仕方、教えます
スタンフォード大学とシリコンバレーを作るのに、行政は何もしていない。
行政が何もしない方がうまくいく。

計画性ではなく創発性

東京(日本)はメンテナンスがうまい
東京都の漏水率はわずか3%
建築のフィニッシュは世界一。

競争とコラボレーション

東京のターゲットは大阪ではなく、これからは上海。


宴の後
パネルディスカッション


以上、まとめるなら...

官僚も政治も自分に従う

ですかね


組織も戦略も自分に従う!―ビジョン・キャリア・チャレンジ
組織も戦略も自分に従う!―ビジョン・キャリア・チャレンジ米倉 誠一郎

おすすめ平均
starsI Have a Dream!
starsどうでもいい一冊
stars教科書信奉者からは異説に見える
starsイノベーションとは何か
stars買ってまで読む本ではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
道州制やサマータイムの導入、大学・企業はただのステップ…一見硬直化している社会・人生も視点を変えると姿が一変する。明確なビジョンをもったチャレンジで豊かなキャリアを築こう。
目次:
第1章 自ら自らのボスたれ(Be your own boss)―ここに朗報あり
第2章 チャレンジだけが明日を開く
第3章 キャリアとチャレンジを実現するリーダーシップ
第4章 若者よ、イノベーションを実行しよう
第5章 チャレンジする企業家たち(企業家ネットワーク―徳永卓三
イデアインターナショナル―橋本雅治
オプト―鉢嶺登
トレンダーズ―経沢香保子
ホライズン・デジタル・エンタープライズ―小椋一宏)
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
米倉 誠一郎
一橋大学イノベーション研究センター教授。1953年東京に生まれる一橋大学社会学部卒業、同経済学部卒業、同大学院修士課程修了。90年ハーバード大学大学院歴史学博士(Ph.D)。一橋大学商学部助教授、教授、同イノベーション研究センター長を経て現職。専門は企業経営の歴史的プロセス、特にイノベーションを中心とした経営戦略と組織の史的研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 22:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - これからの東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録