2007年05月12日

07/05/14(月)18:30@日本橋「華のある人生 〜日本人の美学〜」

課長007が行ける行けないに関わらず、勝手にピックアップしたイベント・セミナー情報をロギング。


「華のある人生 〜日本人の美学〜」

開催日 : 2007年5月14日(月)
実施時間 : 18:30〜20:00(開場18:00)
実施会場 : 室町福徳塾
参加費 : 無料
講師 :
蟹瀬 誠一(ジャーナリスト/キャスター/明治大学教授)
池坊 美佳(華道家元池坊青年部代表/京都館 館長)

詳細、お申込み
http://www.fukutokujuku.jp/event070514.html


永田町にも花を生けよう
永田町にも花を生けよう池坊 美佳

講談社 2001-11
売り上げランキング : 826289


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
はじめは2週間だけ仕事を手伝うつもりだったのに…。気がつけば、国会議員の母の公設秘書となって、議員会館のなかを走り回っていた。それまで住み慣れた、いけばなの世界とは、まるで対極の世界に飛び込んだのはなぜなのか。「永田町の常識」から受けたカルチャーショック、小泉首相ほか国会議員たちとの交流などを、みずみずしい筆致でつづった書下ろしエッセイ。
目次:
序章 気がつけば永田町で暮らしていた。
第1章 選挙の魔性
第2章 秘書の日常
第3章 永田町の感性
第4章 決断の波紋・ドキュメント新進党解党
第5章 政治の周辺
第6章 究極の二人
終章 すべての感謝したい人へ
出版社/著者からの内容紹介
いったい、どうして、議員秘書になんて。
華道家元の娘の心を奪った、ワイドショーやドラマで見るより刺激的な、永田町の不思議と魅力。
はじめは2週間だけ仕事を手伝うつもりだったのに……。気がつけば国会議員の母の公設秘書となって、議員会館のなかを走り回っていた。
それまで住み慣れた、いけばなの世界とは、まるで対極の世界に飛び込んだのはなぜなのか。「永田町の常識」から受けたカルチャーショック、小泉首相ほか国会議員たちとの交流など、みずみずしい筆致でつづった書下ろしエッセイ。



posted by 課長007 at 11:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 07/05/14(月)18:30@日本橋「華のある人生 〜日本人の美学〜」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。