2007年05月08日

カップ麺とおにぎりはセットで食え

マイミクのくまあきさんのブログで、勉強させてもらいました。

「赤いきつね」と「緑のたぬき」がおむすびに!|主婦ライターが目指す会社設立への道〜これからの人生、ひと花咲かせますわよっ!
ジャジャーン!! カップ麺がおむすびになりました!

どんな味なんでしょうね〜( ´艸`)

文章で表すとこうなるそうです・・・



カップめんを食べるシーンにおにぎりはつき物。

でもそれは、陳列棚も製造者も別々。

ならばそれを同一ブランドでセット販売!


といった「購買シーン発想」の「クロスセル」なんでしょうか?


GIGAZINE - 「マルちゃん 赤いきつね・緑のたぬき」がおむすびになりました
ファミリーマートと東洋水産のコラボレーション企画として、カップめん「マルちゃん赤いきつねうどん」と「マルちゃん緑のたぬき天そば」がおむすびになるそうです。

「赤いきつね風おむすび」と「緑のたぬき風おむすび」が5月8日(火)から6月4日(月)までの期間限定発売で、全国のファミリーマート約7000店のみで販売され、価格は税込128円とのこと。

以前ファミリーマートから発売された「サッポロ一番しょうゆラーメン風おむすび」と「サッポロ一番みそラーメン風おむすび」は、濃厚な味わいでしたが、どんなおむすびになるのでしょうか。



「マルちゃん 赤いきつね・緑のたぬき」 コラボおむすび5月8日発売! | トピックス
ロングセラーの和風カップ麺『マルちゃん赤いきつねうどん』『マルちゃん緑のたぬき天そば』」とコラボしたおむすび2アイテムを5月8日(火)から6月4日(月)まで、全国のファミリーマートにて販売いたします。
(中国・四国地区の発売日は5月11日(金)となります。)



カップ麺 - Wikipedia
(カップめん から転送)
カップ麺(東洋水産『麺づくり』カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺をカップ状の耐熱耐水容器に入れたもので、熱湯を注ぐだけで調理が可能なもの。即席麺。鍋が要らずお湯さえあればどこでも食べられるのが特徴。 内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、そば、うどんのものをカップそば、カップうどんとも言う。
広義には、内容物の麺が乾燥麺ではなく、真空パック入り生麺のものも含まれる。 日本全国で発売されている商品では、関西と関東で味付けが異なることがある。

市場
商品別での販売量(日本国内、個数)の順位としては、1位、カップヌードル(オリジナル)。2位、カップヌードル(カレー味)。3位、日清焼そばU.F.O.。つまり、初期に登場したブランド・味が今でも良く売れている



カテゴリのトップ=日清食品は防衛戦略で突飛な手は打ちませんが、2番手以下のブランドの打ち手は「積極攻撃」「側面攻撃」か「ゲリラ戦」とのこと。

東洋水産のケースは「積極攻撃」と見て取ればいいのでしょうか?
           ↓

マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術
マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術アル・ライズ ジャック・トラウト 酒井 泰介

翔泳社 2007-04-20
売り上げランキング : 540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル 年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ 勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること 大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」

BOOKデータベースより
本書は近代ドイツの名将であり戦略家として名高いクラウゼヴィッツの『戦争論』を、世界第一級のマーケティング戦略家が数々の「マーケティング戦争」に重ねて、常勝へ導く「4つの戦略」の奥義を諭す。
目次:
マーケティングは戦争である
戦争の二五〇〇年
兵力の原則
防衛の優位性
新たなる競争時代
戦場の性格
戦略の象限
防衛戦の原則
積極攻撃の原則
側面攻撃の原則
ゲリラ戦の原則
コーラ戦争
ビール戦争
ハンバーガー戦争
コンピュータ戦争
戦略と戦術
マーケティング司令官
出版社からの内容紹介
マーケター必携のバイブルが新版となって登場!
本書は近代ドイツの名将であり戦略家として名高いクラウセビッツの「戦争論」を、現代にも通用する本質的なマーケティングのエッセンスとして、米国マーケティング界の鬼才がひも解く。定番書としてゆるぎない地位を確立し、刊行から20年を経ても古びない、マーケティングの4つの戦略を、刊行20周年を記念して、最新の事例を盛り込み常勝の奥義を諭す。
著者のアル・ライズは『ブランディング22の法則』『ブランドは広告でつくれない』など数々のベストセラーを生み出した著名なマーケター。
『ブランディング22の法則』、『ブランドは広告でつくれない』の著者が説くマーケータ必携のバイブルが新版で登場。

マーケティングは勝つこと─その盲点をズバリ突く!

本書は近代ドイツの名将であり戦略家として名高いクラセビッツの戦争論を、現代にも通用する本質的なマーケティングのエッセンスとして、米国マーケティング界の鬼才がひも解く。定番書としてゆるぎない地位を確立し、刊行から20年を経て古びない、マーケティングの4つの戦略を、刊行20周年を記念して、最新の事例を盛り込み常勝の奥義を諭す。
4つの戦略とは:
1:トップ企業(ブランド)がとるべきマーケティング戦略は「防衛線」である。
2:二番手企業がとるべきマーケティング戦略は、「積極攻撃」である。
3:規模で劣る企業がとるべきマーケティング戦略は、「側面攻撃」である。
4:地域企業、地場企業がとるべきマーケティング戦略は「ゲリラ戦」である。



posted by 課長007 at 13:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - カップ麺とおにぎりはセットで食え
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。