2007年04月23日

なぜドコモは

東京都心及び山手線沿線でつながりにくいのか?!

この怒りにも似た疑問への回答が、もし「都会でのシェアが高いだけ」なんてことだったら暴れるぞ!

NTT DoCoMo -聞かせて!FOMAの電波状況-


などと、都会に憧れる人向けのヤラセCGMを演じてみる


参考:

池田信夫 blog auはなぜつながりやすいのか
ソフトバンクの「予想外」な安売りで、ようやく携帯電話の競争が盛り上がってきた。しかし事前予約では、KDDIの圧勝だ。ヘビーユーザーによれば、「なんといってもつながりやすいのがauの魅力」だという。この理由は、実はKDDIが政府に従わなかったからだ。


【コラム】「つながりやすいケータイ」NO.1目指すドコモ・基地局増設競争の行方 モバイル-最新ニュース:IT-PLUS
■ドコモ、基地局を従来の1.5倍に
 非接触ICカードや携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」、音楽配信など、昨今のケータイ市場は「オマケ的機能」での争いが著しい。そんななかで各社が地道に見直しているのが、ケータイの基本機能である、ネットワーク品質だ。特にNTTドコモではFOMA導入当初、「圏外ばかりでつながりにくい」とユーザーに不評を買ったため、最近では積極的にネットワーク品質の向上に力を入れている。


電話のつながりやすさのみで比較した場合、ドコモのFOMAとauのWinではど... - Yahoo!知恵袋
圧倒的にauです。
auは2Gのアンテナを利用していますので、movaと同じレベルで受信でき
ドコモのような訳の分からない切断などが、ほとんど起きません。
FOMAはソフトバンクの3Gに比べれば入りますが
いまのところソフトバンク2Gよりも劣ると思って下さい。
au=mova>ソフトバンク2G>FOMA>>ソフトバンク3Gと言った感じです。


asahi.com: どの携帯電話会社がつながりやすいの? - デジタル
 ケータイを使っていると、よく話題になるのが「どこの会社がつながるのか」という話。携帯番号ポータビリティー(MNP)が開始されたことで、自由に携帯電話会社を選べるようになり、他の携帯電話会社の様子が気になることも増えてきました。今回は携帯電話のエリアについて、解説しましょう。


NIKKEI NET:企業 ニュース ドコモ、携帯基地局を2割増強・07年度末に5万7000局
 ドコモは06年度に第三世代携帯「FOMA」の基地局数を約4万6000局と、05年度末比1.5倍に増やした。「これでFOMAの通信網が完成した」(中村維夫社長)としていたが、地方都市などで依然つながりにくいという声があり、昨年10月から始まった番号継続制ではKDDIへの顧客の乗り換えが進んだ。そこで07年度は地方を中心に1万1000局程度を増やすことにした。



電話はなぜつながるのか 知っておきたいNTT電話、IP電話、携帯電話の基礎知識
電話はなぜつながるのか 知っておきたいNTT電話、IP電話、携帯電話の基礎知識米田 正明

日経BP社 2006-09-14
売り上げランキング : 3149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識 2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実 やさしい次世代ネットワーク技術―NTTのNGNを理解するために コンピュータはなぜ動くのか〜知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識〜 Javaでなぜつくるのか  知っておきたいJavaプログラミングの基礎知識

BOOKデータベースより
電話はすべてのネットワークの原点だ。ダイヤルしてから一瞬で相手につながるまでを丁寧に解説。10年後も通用する“基本”を身につけよう。
目次:
「電話がつながる」ってどういうこと?
第1部 NTT電話編(音はどうして伝わるの?
電話局までの道のり
ダイヤルすると電話交換機たちがおしゃべり開始
これがNTT電話網の構造だ ほか)
第2部 IP電話編(IPネットに「声の通り道」を作るとは?
集会を開くプロトコル「SIP」
声をIPパケットに入れる
ひかり電話の仕組み ほか)
第3部 携帯電話編(どこに行ってもつながる理由)
商品の説明
電話はなぜつながるのか

長年、通信分野で取材活動をしてきた専門誌記者が、電話の仕組みを分かりやすく解説する。まずNTT固定電話を解説して基本知識を習得した上で、IP電話と携帯電話の仕組みを理解できる構成を採った。新旧の技術を包括的に理解できる。特にIP電話を解説した章は秀逸だ。NTTのIPネットワークの基本構造、IP電話の音声パケットの挙動など、一般には公開されていない情報が多く盛り込まれている。IP電話の採用を検討しているユーザー企業の担当者に役立つ内容となっている。
(日経コンピュータ 2006/10/30 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
出版社 / 著者からの内容紹介
電話機の受話器を上げてダイヤルし、電話相手の声が聞こえてくるまでには、ほんの数秒しかかかりません。この短い間に、電話ネットワークの中では、様々な機器が電話をつなぐために必死に働いています。本書では、電話がつながるまでの処理を一つずつ追いかけることで、電話技術を丁寧に解説しました。取り上げるのは、家庭で使っている「NTT電話」、急速に普及している「IP電話」、どこでも使える「携帯電話」の3つです。つながる仕組みを実感していただくために、NTT電話のほかにも、IP電話はNTTの「ひかり電話」、携帯電話はNTTドコモの「FOMA」という実際のサービスで説明しています。あらゆるネットワークの原点となる電話の基礎知識から、最先端のIP電話や携帯電話まで電話の知識がしっかりと身につきます。




posted by 課長007 at 18:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - なぜドコモは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。