2007年04月21日

築地とは

江戸時代に築かれた地
で、あってます?

築地本願寺 築地本願寺

なぜか場外市場にジョナサンとかできてるし

 築地交差点

ザ・築地市場 ホームページ

築地市場を食べつくせ! =場内・場外・“裏”築地のランチ・お食事・お寿司・お買い物ガイド & グルメ情報=

築地魚河岸


ここの市場が、隅田川を越えた先(豊洲)に移転する件が、都知事選で騒がれてましたね


築地とは - はてなダイアリー
東京都中央区の地名。魚市場で有名。
東京メトロ日比谷線の駅名にもなっている。
朝日新聞東京本社がある。


築地 - Wikipedia
築地(つきじ)は埋立地の意味で、埋め立てた土地に付けられる地名である。古語の名残で、地名などで読み仮名をつきぢとする場合がある。

東京都中央区にある地名。日本の水産業界の代名詞ともいうべき築地市場があり、「築地」といえば同市場を指すことが多い。本項で説明する。
兵庫県神戸市兵庫区築地町。兵庫埠頭がある。
兵庫県尼崎市築地地区。

埋立地
上の記述にある通り、東京築地も埋立地である。江戸時代、1657年の明暦の大火の際に焼失した浅草の本願寺の移転のために佃島の住人によってこの土地が造成されたのだった。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され、周辺は寺町のようになった。ほかの地域は武家屋敷が数多く立ち並んでいた。



ほぼ、合ってましたかね。


築地
築地テオドル・ベスター 和波 雅子 福岡 伸一

木楽舎 2007-03
売り上げランキング : 527

おすすめ平均 star
star分館人類学めいた自分語り以外は大変におもしろい、深く広い築地のすべて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
経済、流通、食文化、消費、制度、社会、伝統歴史から重層的かつダイナミックに初めて描かれた築地魚市場の全貌。「アメリカ人類学協会経済人類学部門2006年最優秀賞」受賞。「アメリカ人類学協会東アジア部門2005年特別文献賞」受賞。
目次:
第1章 東京の台所
第2章 掘られた溝
第3章 埋立地が築地市場に変わるまで
第4章 生ものと火を通したものと
第5章 見える手
第6章 家族企業
第7章 取引の舞台
第8章 丸


Tsukiji: The Fish Market at the Center of the World (California Studies in Food and Culture, 11)
Tsukiji: The Fish Market at the Center of the World (California Studies in Food and Culture, 11)Theodore C. Bestor

Univ of California Pr 2003-10
売り上げランキング : 699

おすすめ平均 star
star日本人だからこそ読んで欲しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

商品の説明
From the Back Cover

"Bestor's vivid and meticulous study of Tokyo's seafood market is at once perhaps the best description we have of a modern, large-scale commodity bazaar, an important contribution to comparative economics, and a powerful analysis of the everyday workings of Japanese culture. As a portrait of a master institution in a complex society, Tsukiji represents a major advance in the anthropological description of contemporary life."-Clifford Geertz, author of The Interpretation of Cultures "This is, quite simply, a masterpiece of ethnography and a jewel of a book. It will prove immediately popular and influential."-William W. Kelly, Professor of Anthropology, Yale University "Bestor's rich portrait of Tsukiji is set within the larger frame of Tokyo's urban history, helping us see clearly the forces which, over time, resulted in the creation of the world's greatest seafood market. An impressive amount of ethnographic fieldwork turns his fascination with Tsukiji into a first-rate piece of anthropological analysis. The reader will see Tokyo's colossal fish emporium through Bestor's eyes, far better than we could ever see it with our own."-Sidney Mintz, author of Sweetness and Power and Tasting Food, Tasting Freedom "This study is a fine example of how key local institutions both drive and reflect larger national and global processes. In showing us the global reach of a major seafood market in Japan, Bestor is able to bring the best practices of ethnography to the abstractions of the economy, thus deepening our sense of how money, commodities, risk and drudgery meet to produce a specific - and brilliantly evoked - cultural economy. This is a rare book, full of treats for both the specialist and the general reader. "-Arjun Appadurai, author of Modernity at Large
About the Author
Theodore C. Bestor is Professor of Anthropology and Japanese Studies at Harvard University and past President of the American Anthropological Association's East Asian Studies Section and the Society for Urban Anthropology. His publications include Neighborhood Tokyo (1989), Doing Fieldwork in Japan (coeditor, 2003), and "How Sushi Went Global" in Foreign Policy (2000).



posted by 課長007 at 17:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 築地とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。