2007年02月21日

日経[号外]利上げ決定

はてさて、バブルはまだですが...



日銀、0.25%の利上げ決定・8対1、7カ月ぶり
 日銀は21日の金融政策決定会合で、政策金利の引き上げを決定した。金利を動かす対象としている無担保コール翌日物金利の誘導目標を現状より0.25%引き上げ、年0.5%とする。福井俊彦総裁が利上げを提案、政策委員の8対1の賛成多数で決めた。利上げはゼロ金利を解除した2006年7月以来、7カ月ぶり。


増田俊男の2007年大予測 空前の内需拡大バブルが始まる!
増田俊男の2007年大予測 空前の内需拡大バブルが始まる!増田 俊男

ダイヤモンド社 2006-10-27
売り上げランキング : 11964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
そして、日は昇った! 日本が世界の「富」を牽引する 戦争経済(ウォー・エコノミー)に突入する日本―見せかけの「景気回復」の陰で国が企んでいること 大動乱の世界と日本―2007長谷川慶太郎の世界はこう変わる アメリカ経済終わりの始まり──脱ペーパーマネー経済時代の超資産運用論 日本国破産への最終警告

BOOKデータベースより
公共投資の復活で、下げ知らずの相場がやってくる。
目次:
第1章 日本を犠牲にする構造改革がアメリカを救った(ブッシュ大統領が小泉前首相を「超国賓級」でもてなした本当の理由
日本は、民主主義の学校アメリカのもっとも優秀な生徒である ほか)
第2章 迫りくる中国のバブル崩壊でババを引く邦銀(人気エリアでマンション空室率が急上昇、中国の不動産市場で起きている異変
共産党独裁でも制御できないバブル崩壊へのカウントダウンが始まった ほか)
第3章 日本の経済・軍事協力がドル防衛戦争の行方を決める(胡錦涛国家主席の訪米歓迎式典で暴かれた共産党政府の非人道行為
アメリカは中国政府に弾圧される「法輪功」を支援し、政権転覆を目指す ほか)
第4章 円高、株高、内需拡大で日本の新たな発展が始まる!(二〇〇七年、過去三年間続いた五月の下げ相場は起こらない
二〇〇六年五月の下げ相場を引き起こしたのは日銀の福井総裁だった ほか)
MARCデータベースより
円高ドル安で日本が内需拡大すれば、日本のマーケットが世界のマーケットをリードするようになるのは間違いない。2007年には市場関係者の多くがこの事実に気付くだろう。世界情勢に精通する著者だけが知る日本経済の真実。



posted by 課長007 at 14:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]利上げ決定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。