2007年01月21日

日経[号外]2050

そう
時代が変わると、価値観も変わるんだ



宮崎県知事選、そのまんま東氏が当確
 県発注の設計事業を巡る官製談合事件による前知事辞職に伴う宮崎県知事選挙は21日投票、午後8時に投票を締め切り、無所属新人でタレントのそのまんま東氏(49)の当選が確実になった。同知事選には同じく無所属新人で元林野庁長官の川村秀三郎氏(57)、同じく元経済産業省課長の持永哲志氏(46)=自民、公明推薦=ら計5人の新人が立候補している。

NIKKEI NET:写真: そのまんま東氏「宮崎県の信頼回復に全力」・一夜明け会見


民間の力で行政のコストはこんなに下がる―「公」と「民」のサービス・コスト比較
民間の力で行政のコストはこんなに下がる―「公」と「民」のサービス・コスト比較坂田 期雄

時事通信出版局 2006-10
売り上げランキング : 106237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
自治体連続破綻の時代 公民連携白書〈2006~2007〉「官から民へ」の次を担うもの 自治体をどう変えるか 実践的事業者評価による自治体の調達革命―PFI、指定管理者制度、アウトソーシングで成功するために 自治体破たん・「夕張ショック」の本質―財政論・組織論からみた破たん回避策

BOOKデータベースより
本書は、現在、「公」と「民」とでは、コストやサービスにどのくらい違いがあるか、「公」から「民」への切り替えは最近どのようなテンポで進められているか、さらに近時、相次いで登場してきている「指定管理者制度」「PFI事業」「民営化・民間委託」「アウトソーシング」など、新しい「公」から「民」への移転方式にも焦点をあて、主要な自治体について、その現状を分析し、よりよい改革に向けての提言を行う。
目次:
第1章 総論(公と民とのコスト比較
民間への切り替えは年ごとに進展・拡大 ほか)
第2章 指定管理者制度(指定管理者制度の創設
指定管理者制度の手続きの概要 ほか)
第3章 PFI事業(最近急速に広がってきたPFI事業
主なPFI事業 ほか)
第4章 民営化・民間委託(ごみ収集
学校給食 ほか)
第5章 その他のアウトソーシング(アウトソーシングの主な手法
アウトソーシングによる主な事業 ほか)
資料編
MARCデータベースより
新しい数字による「公と民とのコスト比較」を調査、提示する。近時、「指定管理者制度」「PFI事業」「アウトソーシング」などの「公」から「民」への移転方式にも焦点をあて、主要な自治体について、その現状を分析する。




posted by 課長007 at 23:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]2050
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。