2007年01月12日

何年ぶりだろう?

吉野家の牛丼(並)、卵、味噌汁

ランチ限定!
吉野家の牛丼(並)、卵、味噌汁

中学生の頃からの定番コースです。^^;

狂牛病とかBSEとか、あまり風評は気にならない方なんで。


吉野家の牛丼 安全・安心!納得ツアー  〜吉野家の牛丼ができるまで〜
吉野家の牛丼 安全・安心!納得ツアー。広大な牧場からお店のカウンターまで。
吉野家の牛丼に使われる牛肉について、動画でご覧いただけます。



科学者が語るBSE(牛海綿状脳症)のはなし
科学者が語るBSE(牛海綿状脳症)のはなし金子 清俊

コープ出版 2006-06
売り上げランキング : 213240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
家族に伝える牛肉問題―アメリカ産牛肉輸入再開! Talking About the Beef Issue with Your Family 食品のカラクリ2  「肉」のヒミツ 牛肉と政治 不安の構図 狂牛病とプリオン―BSE感染の恐怖 ファストフードと狂牛病

BOOKデータベースより
目次:

プリオン病―正式には伝達性海綿状脳症と言います
これが感染型プリオンたんぱく質の姿です
データによるリスク評価には限界があります
単に20ヶ月齢以下なら安全ということではないのです
特定危険部位(SRM)の除去は重要な対策の要です
ヒトからヒトへの感染は全く評価されていません
これから問題なのは持続性の低度汚染状況です
潜在感染者は1万4000人というデータも出てきました
リスク評価ではバランスも必要です
診断基準に不備があるのではないでしょうか
必要なのは諮問の内容が適切かどうかを評価できる仕組みです
新たに「食品安心委員会」をつくるべきです
MARCデータベースより
2006年5月18日に開催された東京医科大学神経生理学講座主任教授の金子清俊先生の緊急学習会の講演録。プリオン病とは何なのか、またBSEやヤコブ病についての各国の状況や背景、研究で明らかにされたことなどを語る。



posted by 課長007 at 17:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 何年ぶりだろう?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。