2007年01月06日

世界最大のアフィリエイター?

mixiの[Webマーケティング]コミュニティに掲載されたトピックを拝見して備忘ログ。

『「Firefoxの2005年度売上は63億円!」のカラクリ』

参考サイトとして掲載されているのが下記サイト。

The Tech Zone Computer Hardware Reviews|Firefox - A $50+ Million Cash Cow

【Webマーケティング:注目記事】「Firefoxの2005年度売上は63億円!」のカラクリ(POP*POP) - リサーチ/注目記事 - インターネット全般 - Webマーケティングガイド┃Webマーケティング情報ポータルサイト

ついでにもう二つ、

ITmedia News:Mozilla Foundation、2005年の売り上げは5290万ドル

ネット上を飛び交うモジラの売上に関する憶測 - CNET Japan


ここで勝手に、

世界最大のアフィリエイターは、『Mozilla』と認定させていただきます。

余談ですが私は、『シェア10.9%を超えたらFirefox?』です。^^;


要するに、

「寄付金で賄われていた組織=Mozillaが、Googleとの提携により検索ボックスというプラグインの使用量ベースで収入を得る機会を得て、更に検索結果ページの広告クリックも収入となる」

ということらしいです。


これって、ソフトウェアの世界におけるモノ凄いイノベーションだと思えるわけでして、

以前は『シェアウェア』というモデルで、ソフトウェアの配布段階で直接課金されていたものが、Web2.0の恩恵で本来の『アフィリエイト』モデルが機能し始めたことで、“ユーザーの使用量によって間接的に対価がフィードバックされる仕組み”が成立した、と言えるのではないでしょうか?

昔から『投げ銭』という文化はありましたが、それはあくまでも直接対価を払う仕組みなので、このケースでは“間接的”であるところがミソですし、場合によっては“平等主義者”あたりから「報酬が生じているなら事前に説明しろ!」といった批判が生じるところなのかもしれません。(爆)


Web2.0時代はアライアンスの時代

当ブログで以前こんなことを叫んでおりましたが、

◆Mozillaは、寄付以外にも開発費を得る仕組みを構築したい。

◆Googleは、利用者数を増やすことで「より質の高い情報の網羅性」を高めたい。

◆しかもそれは、両者のユーザーの利便に寄与することで継続的に利用し続けられることが望ましい。

このように、異なる組織がそれぞれの欲求に不足する機能を補完し合い、ユーザーのベネフィットを具現化しながら、Win-Win-Winを創造していく好例と受け取りました。

これ書いてて、Youtubeが買収されたワケがつながってきたような気がします。


以下、念のため用語確認..

アフィリエイトとは - はてなダイアリー
インターネット上での広告を目的とし、広告主と広告掲載者が提携するシステム。またその活動。


アフィリエイトって何? - [アフィリエイト]All About
アフィリエイト(Affiliate)の言葉は、「加入する・提携する・関係する」といった意味を持っています。ここでは「提携する」が1番イメージとして当てはまるでしょう。アフィリエイトは、「成功報酬型広告」とも言われ、例えばあなたがある企業の商品を販売したとしたら、その企業からあなたに報酬(成功報酬)が支払われるという広告です。


成功報酬型広告 - Wikipedia
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)またはアフィリエイト・プログラム (Affiliate Program) とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。


経営用語の基礎知識|アライアンス Alliance
企業間の連携や共同行動を指す。常識や系列を超えた合従連衡の動きが表れ、様々な形での連携が広がっている。

 アライアンスの本来の意味は同盟、連合です。企業経営上で用いるアライアンスとは、複数の企業間の様々な連携・共同行動を指します。



21世紀型経営戦略―飛躍のカギはアライアンスにあり
21世紀型経営戦略―飛躍のカギはアライアンスにあり志太 勤一

文芸社 2002-06
売り上げランキング : 243477

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アライアンススキル―合従連衡の成功要件 企業間提携の戦略と組織 競争優位のアライアンス戦略―スピードと価値創造のパートナーシップ グローバル企業の戦略的提携 国際戦略的提携―組織間関係と企業変革を中心として

BOOKデータベースより
不況の時代の今、何をなすべきか?アライアンスの旗手が“最善手”を提示。どんな業界にも役立つビジネスのヒントが満載。
目次:
第1章 今求められるアライアンス構想(アライアンスこそ次世代の経営
社会還元型企業 ほか)
第2章 私の事業の出発点(アメリカで事業を興す
アメリカでの本格修業 ほか)
第3章 二十一世紀ビジネスのキーポイント(情報化と今後の社会変化
グローバル社会でこう変わる ほか)
第4章 私の学んだ経営哲学(理想主義を貫くケネディ一族
日本に従属しない考え方 ほか)
第5章 ベンチャー企業とアライアンス戦略(ベンチャーはすべてに通ず
ベンチャー企業の本質とは何か ほか)
MARCデータベースより
不況の時代こそ変革の時、ビッグチャンス到来と思え! 今、何をなすべきか。アライアンスの旗手が、実例を基にどんな業界にも役立つビジネスのヒントを提示。また、共生型アライアンスという新経営戦略についても紹介する。



posted by 課長007 at 16:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 世界最大のアフィリエイター?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。