2007年01月05日

シンプルだけどチープじゃない

なんともチープな、アンケート集計結果の公開である。

日経産業新聞メールマガジン事務局
(このメールは1月4日現在、日経産業新聞デイリーメールの
配信を登録されている方にお送りしています)

日経産業新聞デイリーメール読者の皆様へ

日経産業新聞編集長の近藤勝義です。
日ごろは日経産業新聞デイリーメールをお読みいただき、
誠にありがとうございます。

さて、このたび皆様にご協力をお願いした
「日経産業新聞・インターネット・IT関連サービスに関するアンケート」には
2000を超えるご回答をいただきました。
多数のご協力をありがとうございました。

集計結果は、1月1日付日経産業新聞のニュースエッジ面で
ご紹介しております。ぜひそちらをご覧ください。

また以下のサイトでもご覧になれます(1月10日まで)。
http://ss.nikkei.co.jp/ss/question/ssresult0612.html

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本経済新聞社
日経産業新聞編集長
近藤 勝義
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【日経産業新聞購読のお申し込み】
https://www.nikkei4946.com/

・日経産業新聞ホームページ http://ss.nikkei.co.jp/ss/
・メール配信の変更・停止  http://www.nikkei4946.com/e-service/op/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Copyright(C)日本経済新聞社 2007


期間指定のページなので、『ウェブ魚拓+』で保存

「インターネット・IT関連サービスに関するアンケート」集計結果


多くのインターネットリサーチはポイント制などのインセンティブ付きで運営されているのに、日経産業新聞はメルマガ読者にアンケートへの協力を“お願い”するのみ。

それでも、リサーチ結果の公開段階で“価値ある情報”に仕立て上げてくれるのであれば協力したくもなるが、あのように読みにくく“チープ”なコンテンツでは、協力する気も失せるというものだ。

挙句の果てにメールのフッターで【新聞購読のお申込み】と来れば、そこらの「ネズミ講」や「悪徳マルチ商法」と何ら変わらぬ振る舞いではないか?

まあ、広告目当てや広告主連動のちょうちん記事の多い“経済新聞社”だから、読者や協力者に目を向けろといっても無駄なことは致し方ないのかもしれないが...


そんな彼らを反面教師とし、「シンプルだけどチープじゃない」を励行していきたいものである。


くたばれ!チープなウェブサイト
くたばれ!チープなウェブサイトビンセント フランダース マイケル ウィリス Vincent Flanders

エムディエヌコーポレーション 1998-10
売り上げランキング : 462267

おすすめ平均 star
star本当に楽しい一冊です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
数多くのウェブを検証しながらクールなデザインの作り方を徹底指導。何が役立つか、何がダメか、どうすれば直せるか。人を引き寄せるコンテンツとグラフィックのつくり方、新鮮に保つ秘訣。最新技術による被害を避ける方法。マーケティングを行い、来客数を増やし、金儲けをする方法。ウェブの酷評家として不動の地位を築き上げた筆者が教えるワールド・ワイド・ウェブに関する偽りのない情報がここにある。
目次:
1 じゃあ、ウェブサイトをつくってみるかい?
2 サイトデザインとナビゲーション
3 コンテンツこそ王様だ
4 画像の悩みを一気に解決!
5 テキストの問題を解決しよう
6 フレームとリンク
7 最先端技術と呼ばれるには訳がある
8 サイトのメンテナンス
9 つきを呼び込んでひと儲けする方法
10 検索エンジンとディレクトリ・サービス
11 サイトを売り込む方法
MARCデータベースより
ホームページを作る前にちょっと待った。これであなたがどんな人間か世界中に見られてしまうのだ。アメリカのクールでユニークなWebを手本にして、見栄えも中身も完全無敵のWebサイトの作り方を伝授。


改訂 シンプルマーケティング
改訂 シンプルマーケティング森 行生

ソフトバンククリエイティブ 2006-01-31
売り上げランキング : 29645

おすすめ平均 star
star名著です。
star歯切れが良い
starおどろきのレファレンス!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
商品戦略はなぜ成功し、どう失敗するのか?前著から5年。新たな事例を加え、さらに「シンプル」に解説する。
目次:
第1章 生活者をとらえる(「イノベータ理論」で生活者をとらえる
「ライフスタイル」から生活者をとらえる)
第2章 市場をとらえる(「クープマンの目標値」で戦略を立てる
市場を細分化して考える ほか)
第3章 商品を評価する(プロダクトコーン理論
商品の「記号」と「意味」の一致(ブランド) ほか)
第4章 商品の「戦略」を評価する(3種の攻撃方法
スキミング&ペネトレーション戦略 ほか)
第5章 生活者の意識と商品(レーダー理論とポジショニング
購入基準ヒエラルキー ほか)
MARCデータベースより
商品戦略はなぜ成功し、どう失敗するのか? HDDレコーダー、iPod、花王ヘルシア緑茶、mixi、ウィルコムなど、新たな事例を加え、さらに「シンプルに」解説した改訂版。初心者でも読みやすいマーケティグ教科書。

posted by 課長007 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - シンプルだけどチープじゃない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。