2006年12月28日

欲望産業2.0?

前もってお断りしておきますが、男女平等主義者の皆さんにはご覧いただかない方がよさげなエントリです。


クリエイターは“エロ”に学べ!


先日、雨の赤坂でランチをご一緒させていただいた先輩マーケター達との今年最後の懇談は、そんなネタで盛り上がりました。

「スパムメールのクリエイティブというかストーリーのあるステップメールとか、そもそも電話ボックスのエロチラシにしたって、あのワーディングは感心しちゃうよねぇー。」なんて感じのあくまでも雑談なので記事にはすまいと思っていたら、↓こんなエントリを発見。

404 Blog Not Found:エロは弱し官吏は強し - でも外国人はもっと強し?


詳細は忘却の彼方に葬りましたが、年の瀬にそんな話しをさせていただいたことだけは、先輩に無断で備忘ログ...m(_ _)m


P.S.
ちなみに小職、ヌキ系はマジで苦手なので、くれぐれも語り系でお願いします。(誰に?)


儲けの仕組み―欲望産業の原価がわかる本
儲けの仕組み―欲望産業の原価がわかる本岩永 文夫

ベストセラーズ 2004-12
売り上げランキング : 322199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フーゾクの教訓―「世界一非常識な成功」のつかみ方 こんなにオイシイ!フーゾク起業―年収3000万!1人ビジネスの裏ワザ フーゾク資本論―あなたの2万円はどこへ消えるのか‐業界の原価と仕組みが見えてくる フーゾクの経済学―欲望産業の原価がわかる本 渋谷ではたらく社長の告白

BOOKデータベースより
ソープ用の店を借りるにはどれくらいの金が必要か?スケベ椅子はいくらで手に入るのか?ピンサロの女の子はどのようにして集めているのか?なぜイメクラ嬢の給料水準は高いのか?SMグッズにはどの程度の金をかけているのか?芸者遊びを安くアゲるコツとは?―など、業界を知りつくした著者が年間3兆円以上が流れ込むといわれているフーゾクの世界の金の流れを徹底分析する。
目次:
1 王道フーゾク儲けの仕組み(ソープランド―日本の顔ともいうべきフーゾクはいま…
ピンサロ―お手軽な表フーゾクの代表選手)
2 裏フーゾク儲けの仕組み(ホテトル―出会い系サイトにも進出するたくましさ
大人のパーティ―かつての本気度は健在か ほか)
3 新フーゾク儲けの仕組み(ヘルス―ソープと人気を二分する表フーゾクの雄
性感―本番以外なら何でもありの超過激フーゾク ほか)
4 旧フーゾク儲けの仕組み(芸者遊び―彼女たちの時給三七一四円は高いか安いか
チョンの間―手軽に楽しめる安手の遊び場 ほか)
MARCデータベースより
ソープランドからヘルスまで、欲望産業にかかる様々な原価を知ることで、フーゾク界の内側がクッキリ見えてくる。2003年刊「フーゾク儲けのからくり」の改題。



posted by 課長007 at 01:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 欲望産業2.0?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。