2006年12月24日

フジテレビ vs PRIDE

格闘技に興味があるというわけではなく、「メディア vs コンテンツ」ということで気になっていたネタです。


フジテレビ:大みそかは細木数子&荒川静香で−テレビ:MSN毎日インタラクティブ
大みそかのNHK紅白歌合戦の裏番組としてフジテレビが「細木数子の日本の大みそか(仮)」(後7・00〜9・00)を放送することを決めた。格闘技「PRIDE」からの撤退で大みそかの番組編成が注目されていたが、バラエティーの“視聴率女王”に年末を託すことになった。


PRIDE統括本部長 高田延彦フォトノート「日々是発見 〜毎日が人生だ〜」
フジテレビさんがPRIDEから撤退というニュースが飛び込んできた。かなり唐突?突然なタイミングだった。
私ときたら、恥ずかしながら、いまのいま、新聞に目を通したところだ。
「へえ〜、そうなの。」正直、これが私の感想だ。
統括本部長の立場にある私も、PRIDEをずっと応援してくれている皆さんと同じタイミングで、この情報を受け取ったことになる!
ただこのニュース、私にとっては格別驚くような事ではなかった。



フジテレビの代替コンテンツもインパクトは弱いし、

高田氏のコメントもちょっと無理してる感は否めないし、

「フジテレビ vs PRIDE」に名を借りた「メディア vs コンテンツ」という格闘は、結局は引分けドローとなるのだろうか。


DMM.com「PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-」をネット生中継!
12月31日(日)に行われる大会の全模様を中継します。今なら限定先行予約販売中!このチャンスを見逃すな!
ただいまSeesaaブログでは対戦カードについておおいに語ってくれるブロガーを大募集!詳しくはこちら



だからって、「テレビ vs インターネット」というのは短絡的なインフラ論だと思うぞ。


ネットがテレビを飲み込む日―Sinking of TV
ネットがテレビを飲み込む日―Sinking of TV池田 信夫 林 紘一郎 山田 肇

洋泉社 2006-06
売り上げランキング : 41834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 電波利権 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル・アマゾン化する社会 テレビはなぜ、つまらなくなったのか―スターで綴るメディア興亡史

BOOKデータベースより
電波利権を守ることに汲々としているうちに、カメ(通信)がウサギ(放送)を追い抜いてしまう!いまメディア界で起きている地殻変動は、古くなった業界体質や旧態依然とした規制を押し流さずにはおかないだろう。日本最大の既得権益、テレビに明日はあるのか。
目次:
INTRODUCTION ネットではどうしてテレビが見られないのか
00 ネットがテレビを飲み込む、その理由
01 放送は通信の技術革新を受け入れよ
02 テレビに明日はあるか
03 著作権は通信と放送の融合を阻害する悪役なのか
04 マスメディアとジャーナリズムはどう変わるか
05 エレクトロニクスメディアの世代交代を考える
06 座談会 通信と放送の融合は何を変えていくか
MARCデータベースより
ブロードバンドの普及により「通信と放送の融合」が可能になったが、著作権や新しいメディアから既得権を守ろうとする既存業者などが障害となっている。そんな多くの問題を抱えるメディアの現状をわかりやすくまとめた一冊。

posted by 課長007 at 13:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - フジテレビ vs PRIDE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録