2006年12月22日

Pingoo!の株式会社ぶらんこ、永井さん

セミナーに参加する前のとある会合で、当ブログでも利用させていただいている『Ping一括配信サービス Pingoo!』の運営者、永井さんにお会いできました。


株式会社ぶらんこ 永井洋志ブログ


調べてみたら、ちょうど1年前にトラバ&コメさせていただいてたんですが、“課長”ブログという“ニッチ”“ブルーオーシャン”(?)なキーワードをやんわり覚えてくださってまして、改めて“ポジショニング”の大事さに気付かせていただいた次第です。


2007年

本厄明けの課長007にとって、物凄い年になりそうです。


ぶるっ


ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造するW・チャン・キム レネ・モボルニュ 有賀 裕子

ランダムハウス講談社 2005-06-21
売り上げランキング : 1010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる 戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ 明日は誰のものか イノベーションの最終解 見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み

BOOKデータベースより
差別化、低コスト、コア・コンピタンス、ブランディング…。これまで数々の「戦略」がもてはやされてきたが、ライバルと同じ市場で戦うかぎり、どれほど巧妙に戦略を練ったところでいずれ消耗戦を強いられることになる。血みどろの戦いが繰り広げられるこの既存の市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」と呼ぶのなら、いま企業がめざすべきは、競争自体を無意味なものにする未開拓の市場、「ブルー・オーシャン(青い海)」の創造だろう。本書は、T型フォードからCNN、セメックス、ニューヨーク市警察、シルク・ドゥ・ソレイユまで、過去120年間30以上の業界で生み出されてきたブルー・オーシャンの調査結果をもとに、未知の市場空間を創造し、差別化と低コストを同時に実現するための戦略を説き明かした画期的な書である。
目次:
第1部 ブルー・オーシャン戦略とは(ブルー・オーシャンを生み出す
分析のためのツールとフレームワーク)
第2部 ブルー・オーシャン戦略を策定する(市場の境界を引き直す
細かい数字は忘れ、森を見る
新たな需要を掘り起こす
正しい順序で戦略を考える)
第3部 ブルー・オーシャン戦略を実行する(組織面のハードルを乗り越える
実行を見すえて戦略を立てる
結び:ブルー・オーシャン戦略の持続と刷新)
MARCデータベースより
企業がめざすべきは競争を無意味なものにする未開拓の市場、ブルー・オーシャンの創造。T型フォード、CNN等が生み出したブルー・オーシャンの調査結果をもとに、差別化と低コストを同時に実現するための戦略を解き明かす。



posted by 課長007 at 01:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - Pingoo!の株式会社ぶらんこ、永井さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。