2006年12月18日

平蔵でっす♪

アカデミーヒルズからニュース・メールが届きました。


宇宙行って帰ってきた人

みたいな。^^


竹中平蔵アカデミーヒルズ新理事長就任のご挨拶

「新たな知の拠点」をめざして
このたび、アカデミーヒルズの理事長に就任させて頂くことになりました。日本のいや世界最先端の都市拠点である六本木ヒルズ――そこに位置するアカデミーヒルズで、皆さんとともに新たな知的発信に挑戦していきたいと思います。

〜中略〜

アカデミーヒルズで皆さんにお目にかかるのを楽しみにしています。

2006年12月 竹中平蔵

竹中平蔵

竹中平蔵



この夏にすっぽかされた小職としましても、ぜひ一度お目にかかりたいと願っており、可能であれば出勤スケジュールなど公開していただけると嬉しいかもです。


竹中平蔵の戦争 金融再生に挑んだ730日
竹中平蔵の戦争 金融再生に挑んだ730日小野 展克

PHP研究所 2005-04-23
売り上げランキング : 297477

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
竹中平蔵の特別授業―きょうからあなたは「経済担当補佐官」 郵政民営化―「小さな政府」への試金石 官邸主導―小泉純一郎の革命 外交を喧嘩にした男 小泉外交2000日の真実 やさしい経済学

BOOKデータベースより
メガバンク『崩壊』!そして金融危機の終焉…。その時、何が起きていたのか。徹底取材で改革の内幕をはじめて明かした渾身のドキュメント。
目次:
第1章 開かれた政策の窓―竹中プラン決定までの舞台裏(小泉純一郎の決断、小泉人事、経済戦略会議での挑戦状 ほか)
第2章 始まった金融改革―りそなへの公的資金投入(首相官邸、りそなグループ、会長通牒 ほか)
第3章 メガバンク『崩壊』―UFJ、ダイエー問題の実相(UFJ問題、検査忌避、ダイエー問題 ほか)
MARCデータベースより
ペイオフの完全解禁など、なぜ竹中平蔵は堅牢な日本的システムを崩すことができたのか。歴史的ともいえる政策転換の舞台裏を探り、そこで繰り広げられた興味深いドラマを、できるだけ忠実に再現しようと試みる。



posted by 課長007 at 16:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 平蔵でっす♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。