2006年12月18日

情緒不安定の負けず嫌い

ビジネス誌『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 2007年1月号』の特集「Aクラス社員のマネジメント」から、「Aクラス社員とは」を論じたページからタイトルを引用させていただきました。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 01月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 01月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


XXX

実はAクラス社員とは、一般に信じられている能力の優劣によって類別されるのではなく、能動的か受動的かに関わらず、自分が所属する組織を成長させるという「役割」に目覚めたか否かによるのではないでしょうか。したがって、BクラスにしてもCクラスにしても、同じく何らかの役割を担っているわけです。

P.13 「From the EDITORS」より引用

XXX


大きく共感させていただきます。

ビジネスに限らず、例えば子どもの世界であっても、人が5人集まれば、1人はリーダー(ヒーロー?)に、3人はそのサポートに、残りの1人がおミソ(ヨゴレ?)として、それぞれの役割を演じることになるのだと思います。

かと言って、その役割分担は永遠ではなく、

例えばそのチームが勝てなくなった時にリーダーは苦境に陥り、司令塔を失った3人は右往左往しますが、ハナから頑張っていないおミソが、

「今さら何を悩んでるんだ?君たちが味わっているような挫折を、僕は毎日味わってるんだぜ。へへっ」

なんて具合に元気付けてくれたりすることも、青春ドラマではよく見られました。^^;

※書きながら、イジメっ子とイジメられっ子の関係を思い浮かべてしまいました..



もとい、



以前、『パレートの法則(2:8の法則)』『仕事とは』に書いてきた通り、多くの人間が集い組織を形成する以上、その目的に応じた役割分担がなされることは必然だと認識しています。

ただ、人材管理の厄介なところは、
設立・編成当初は妥当と見られていた役割分担が、経年劣化やマンネリによって変調を来たし、仮に相対的なABC比率は変わらなくとも、質の低下を招いてしまうことが往々にしてある点だと思います。


例えばこんなポートフォリオはいかがでしょう?

Aクラス:2割 【人財】戦略的価値の創造
Bクラス:6割 【人材】戦術の実行、価値の維持
Cクラス:2割 【人在】戦法の駒
Dクラス:?割 【人罪】ES・CS双方の顕在リスク

まあ、Dクラスは蛇足だとしても(笑えないが)、この4分類のどこに自分がマッピングされるのか、実は多くの人が感覚的に認識できていて、自然とそのポジションに応じて行動しているのではないでしょうか?

いわゆる“組織の都合”に合わせるケースとしては、

Cクラスが辞めた時に、“BのC”クラスがその穴を埋める(させられる)なんてことは日常茶飯事だと思いますし、

さすがに事例は少ないでしょうが、Aクラスの抜けた穴を『論功行賞』と装飾してBクラスから抜擢する!なんて愚行を犯している会社をよく知ってたりもします。
※その後、そのBクラス社員は潰れていくんですが...


例えば小職は、『上昇志向』もなく、タイトルのように「負けず嫌い」でもないこともあり、“BのA”を心掛けてきました。^^;

それは決してサボっているのではなく、
小職の“強み”は、AクラスではなくBクラスに存在することで発揮されると認識しているからでして、しいて言うならそれは「平等主義より公平主義」です。


それを話すと長くなるので、今日はここら辺までにしといたるわ!ですが、


中3で“BのA”、若干背伸びして入ったはずの高校では、1年“BのA”、2年“BのC”、3年“C”と真っ逆さまに転落した経験を持つ小職が言うのですから、そこそこ信じられる話だと思いますよ!?(笑)


エグゼクティブ・コーチング
エグゼクティブ・コーチングキャサリン フィッツジェラルド ジェニファー・ガーヴェイ バーガー Catherine Fitzgerald

日本能率協会マネジメントセンター 2005-03
売り上げランキング : 96522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エグゼクティブ・コーチング―社長を鍛え、会社を強くする「心の軍師」 すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる! コーチング・マジック コーチング選書 04 戦略的質問78 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

BOOKデータベースより
エグゼクティブ・コーチングの仕組みを組織内にどのように構築するのか!中高年世代のリーダーの能力開発、ベンチャー企業の経営幹部の能力開発、グローバル・リーダーの能力開発、どのように支援するのか。
目次:
1 エグゼクティブ・コーチングの展望(コーチとして得てきた学び―コーチング実践者(コーチ)のための原則とガイドライン
リーダーシップと知性の複雑さ―エグゼクティブ・コーチングの役割
反芻的な実践家としてのコーチ―終わりなき旅路から学んだこと)
2 エグゼクティブ・コーチングの実践(中年期にあるエグゼクティブの発達への理解と支援―心理学的タイプ論による中年期の理解と支援
境界線を越える―エグゼクティブ・コーチングで個人を呼び醒ます
効果的なビジネス・リーダーシップのためのシニア・エグゼクティブへのコーチング―行動変容を伴う変化の基礎として成人発達理論を活用する)
3 組織におけるエグゼクティブ・コーチングのマネジメント(あなたの組織にエグゼクティブ・コーチングを導入する―エグゼクティブ・コーチングの導入手順と注意点
エグゼクティブ・コーチングとビジネス戦略―エグゼクティブ・コーチングとビジネス戦略の関連づけ
組織におけるエグゼクティブ・コーチングの活用―失敗が起こる可能性(そしてその回避方法)
社内コーチによるコーチング―その時期、理由、方法)
4 エグゼクティブ・コーチングの課題(木を見て、森も見る―エグゼクティブ・コーチングへのビジネス戦略モデルと概念の導入
エグゼクティブ・コーチングにおける愛情と恐怖心―恐怖心や自己抑制的な力を乗り越える
失敗とマイナスの結果―エグゼクティブ・コーチングにおけるタブー)
5 特定のコーチング場面についての解説(孤立したエグゼクティブのコーチング―どのようにエグゼクティブ・コーチングを役立てることができるのか
起業家に対するコーチング―起業家特有の課題とコーチング導入の手順
国や文化を越えるコーチング―多国籍企業内におけるコーチング)
MARCデータベースより
エグゼクティブ・コーチングという新しい分野について、豊富な知識と経験をもつエグゼクティブ・コーチや人事の専門家たちが、組織に対するエグゼクティブ・コーチング・プログラム開発を通じて寄稿した16章節。


いかに「問題社員」を管理するか
いかに「問題社員」を管理するかDIAMONDハーバードビジネスレビュー編集部

おすすめ平均
starsちょっとまとまりがない
starsとても考えさせられる
stars笑えるー!
stars甚だしく現実性に欠ける
stars私にも問題がある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
いくら指導しても業績が改善されない「Cクラス社員」。頭がよくて仕事もできるが、自己中心的で傲慢な「ボスザル社員」。裏工作を働いたり、平気で人を陥れたりする「詐欺師社員」。あなたの組織にも必ずいる「困った社員」を矯正する技法。
目次:
第1章 ボスザル社員を手なずける法
第2章 「Cクラス社員」のマネジメント
第3章 「Cクラス社員」のモチベーションを高める方法
第4章 「Bクラス社員」のレーゾンデートル
第5章 アタマ打ちマネジャーの活性術
第6章 有能な人材の「悪癖」を取り除く方法
第7章 悪の腹心
第8章 リーダーが部下に翻弄される時
第9章 スター・プレーヤーの中途採用は危険である
MARCデータベースより
いくら指導しても業績が改善されない社員、頭がよくて仕事もできるが自己中心的で傲慢な社員…。あなたの組織にも必ずいる「困った社員」を矯正する技法を伝授します。

posted by 課長007 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 情緒不安定の負けず嫌い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けず嫌い
Excerpt: 何に対して負けるのが嫌なのかを書いているテキストを探し出すべく、本日のキーワードは「負けず嫌い」です。
Weblog: たのしい検索 ゆかいな検索
Tracked: 2007-08-23 06:52
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。