2006年11月26日

マーケティングの目的とは

mixi「マーケティング」コミュニティに立ってたトピックス『マーケティングの 「目的」』にコメントしたところ(例によってその後のコメントの中では無視されるのだが)、とある参加者がそのコメントに“共感”していただいた旨日記に残され、更にそのことをメッセージで表明していただき、つでに座布団3枚まで頂戴いたしました。

この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。m(_ _)m

ちなみにこんなこと書きました。

> 14: 課長007
> Market―ing
> 市場と同期する。できるだけ長く同期し続けたい。
> そんなシンプルな生存欲に気付いてしまった人々が織り成す活動の総称。

“市場”などと言う前に“人”と同期できるスキルが必須であるところが、群れで生きる動物=我々人間の基本欲求なのかもしれませんね。
→ ね、マズローさん?


さてさて、

ブログしかり、SNSしかり、自身の発言に共感・同感・反感というコメントをいただけることっていうのは、えもいわれぬ感慨が沸き起こってきますね。

そこで思うのですが、

何かの情報に接触したら、人は大抵自分の意見と照合した上で共感・反感を持つものだと思うのですが、正しいか正しくないかは別にして、そう感じたことを表明できるブログとかSNSの仕組みっていうのは、情報の交換・増幅装置としてやっぱ大した仕組みなんだと思います。

そんな情報交換を進めるべく「コメントする」ことを心掛けている小職ではありますが、コメント残せなかった皆様にはここでお詫び申し上げつつ、幾久しくお付き合いいただければ幸甚の限りです。


もののついでに、課長007の「xxとは」をサマっておく

『マーケティングとは?』2005年11月06日
そこで私は単純に“マーケティング=営業”と解釈するようにしています。
「おいおい営業はSalesだろう!?」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、辞書を見ると“Sale=販売”ですよね。
“営業”すなわち『事業を営む』ために行うことすべてをマーケティングと捉えるとすると、
〜中略〜
ドラッカーさん曰く「マーケティングの究極の目的は“販売しなくても売れるようになる”こと」とおっしゃってくれている

『ブログの人気度とは?』2005年11月28日
今世にあるブログランキングの上位にランクされること=人気がある、と言い切れないことだけは共通の認識のようですね。

『情報セキュリティとは?』2005年12月20日
そもそもセキュリティ・ブームはいつまで続くのだろう???

『ビジネス・ニーズとは?』2006年01月12日
ビジネス・ニーズを日本語にすると、『経営課題』と言ってよいものなのでしょうか?

『ITとは?』2006年01月13日
第1弾:intelligent technology 〜インテリジェント・テクノロジー〜
第2弾:internet technology 〜インターネット・テクノロジー〜
第3弾:information technology 〜インフォメーション・テクノロジー〜

『コミットメントとは』2006年02月13日
欧米企業にはないのかもしれないが、日本企業では入社時に「誓約書」や「(身元)保証書」を提出しているので、既に高度成長時代から「コミットメント経営」できていたんじゃないかと思ふ。

『リテラシーとは』2006年03月06日
「ガセネタ」メールなんかに騙されることなく、情報をきちんと処理できる能力を、新たなる「日本人の強み」として、育んでいこうではありませんか!!

『ブログとは』2006年03月16日
・トラックバック機能によるピアツーピアのリンク送出
これができるようになったところが、ブログが実現してくれた劇的な変化なのかなぁと感じております。

『マーケティング力とは?』2006年03月18日
■マーケティング力=集客力×販売力×商品力(生産力+開発力)
■経営力=先見力×分析力×決断力
■成果=(能力+応援)×思考

『モチベーションとは』2006年03月24日
そもそもモチベーションとは他人からの働きかけで上下するようなものではないとも思うのです。

『ベネフィットとは?』2006年03月31日
ベネフィット(便益)=メリット(利)×ロジック(理)×エモーション(情)

『CMOとは?』2006年05月23日
■CMO(chief marketing officer 最高営業責任者)
日本では『営業担当役員』と称した方がよいのでしょうか?
GoogleでもYahoo!でも、日本語サイトの解説がほとんど見つけられないのに驚きました!!

『カイゼンとは』2006年06月13日
“カイゼン”とは「今よりラクして成果を上げる」ために生産性や品質を向上させる仕掛けや仕組みなわけで、決して「サボる」ことではないことをもっともっと意識したいと思うわけです。

『ホスピタリティとは』2006年06月29日
ホストとゲストに主従関係があるのが“サービス”ならば、その上位概念たる“ホスピタリティ”ではホストとゲストは対等な関係であるとのこと。
give & takeがサービスで、Win−Winならホスピタリティということでしょうか?

『仕事とは』2006年09月04日
仕事とは、群れで生きる動物=人間が、群れに所属し続けるために担う役割を遂行すること
〜中略〜
“所属するすべての群れの中で役割を果たす”ことが仕事なら、
「あたしゃ人生の3分の2、寝てる時以外はずぅーっと働いてるぜ」
と言ってもいいんじゃないかと思うわけですよ。


と、これだけ「xxとは」と来たら、言葉の定義やメソッドを求める子羊達の検索ヒット数もあがるかな?(爆)


エモーショナル・バリュー―感動と共感のマーケティング
エモーショナル・バリュー―感動と共感のマーケティングジャネル バーロウ ダイアナ モール Janelle Barlow

生産性出版 2001-04
売り上げランキング : 335924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
共感エンジン―知的共感創造マーケティング 経験価値マーケティング―消費者が「何か」を感じるプラスαの魅力 経験価値マネジメント 招客招福の法則―儲けの王道がみえる88の話

BOOKデータベースより
繊細に、しなやかに顧客との強い絆を築く。『苦情という名の贈り物』の著者が描く顧客ロイヤルティの高め方。
目次:
顧客の経験に感情価値を加える
第1部 感情価値を生み出す組織を創る
第2部 「感情コンピタンス」を選択する
第3部 「共感」によって顧客の経験を豊かにする
第4部 苦情を感情価値を加えるチャンスにする
第5部 感情価値で顧客ロイヤルティを向上する
MARCデータベースより
顧客とのきずなを生む感情価値(エモーショナル・バリュー)とは何か。感情価値を加えた商品やサービスを実現する戦略や、必要な組識、人、しくみ等についての考え方を提案。

posted by 課長007 at 13:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - マーケティングの目的とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28310348
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録