2006年11月24日

ショボ過ぎるセミナー

会場はよかったんです。

新しい本社ビル...

多くの無知な企業と共に、自分達が消耗品だと知らずに新卒入社して、ギャラが高くなる前に辞めていった若者たちから搾取し続けたローコスト経営のお陰で手に入れたビルなんでしょう。

そんなことより!

タイトルやアジェンダに対するコンテンツが、あまりにも!あまりにも!かけ離れてます!

そりゃ我が社でも、「これぐらいガツーンっていっとけ!」という時がほとんどです。

でも、でもですね、あれだけかけ離れてると、ある意味“詐欺”ですよサギ!!

しかもBtoBですからその場で金品奪われることはなく、奪われたのは小職の“時間”だけってのが困りモノです。

えぇー、そりゃもう当然途中退席ですよ。

更にそこであきれたっちゅうか、もうここまでくるとある意味笑えますが、

最後列に並んで座ってる主催社の社員、

わたしが「前を失礼」って感じで通り抜けようとしたら、座って腕組みしながら会釈ですよ!エシャク!!




















今日のところは付近の風景だけで勘弁しといてやるが、

おぼえとけよ!




















ショボ過ぎるセミナーの帰り道


人の振り見て我が振り直せ...


P.S.読者諸兄
どこの会社か?なんて、当てっこしないでくださいね。^^;


失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される
失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される畑村 洋太郎

講談社 2006-09-29
売り上げランキング : 29535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
危険学のすすめ 失敗学のすすめ マネジメント革命 「燃える集団」を実現する「長老型」のススメ 「失敗学」事件簿 あの失敗から何を学ぶか 失敗学

BOOKデータベースより
失敗が起こってから対応するのでは遅い。「起こる前から起こった後のことを考える」、これを実践すれば、事故や失敗も減るし、起こっても損害の広がりを防ぐことができる。ナマの情報をもとに失敗を徹底的に解明した注目の書。
目次:
第1講 想定され得ることは必ず起こる(六本木ヒルズの大型回転ドア事故)
第2講 人の注意力には限界がある(日本航空の連続トラブル)
第3講 追いつかなった企業改革のスピード(JR福知山線脱線事故)
第4講 ゼロからつくり直すことの大切さ(金融システムの失敗)
第5講 見たくないものは見えない(リコール隠し)
第6講 起こる前に起こった後のことを考える(火災に学ぶ)
第7講 それぞれの立場から見える風景(JCO臨界事故)
第8講 トップの孤独(ロケットの打ち上げ失敗)
第9講 「現地」「現物」「現人」が理解の基本(JR羽越線脱線事故)
MARCデータベースより
脱線事故、回転ドア、エレベーター…。失敗が起こってから対応するのでは遅い。失敗学を使うと、事故や失敗も減り、損害の広がりを防ぐことができて、組織・社会は強くなる! ナマの情報をもとに失敗を徹底的に解明する。



posted by 課長007 at 21:24 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ショボ過ぎるセミナー
この記事へのコメント
こわいですね。明日はわが身です。
Posted by くどうちゃん at 2006年11月25日 14:57
くっ、くどうちゃん様
よっ、よりによってこんな記事にコメントいただき恐縮です。^^;
Posted by 課長007 at 2006年11月25日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。