2006年10月23日

JANES-Way episode2

前回の『episode1』は覗いただけでした。

ネットビジネス全般のトレンド追跡のご参考になりますでしょうか?


======== 日本における動画ポータルの将来性は? ========
          カンファレンス申込受付スタート!!

国内最大級のIT・ネットビジネスイベント『JANES-Way』episode2の
詳細が固まりました。

前回をはるかに越える総勢60数社の出展企業によるセッションおよびブース出展
は大迫力となる模様です。

今回は特に、YouTube関連の動画ポータル系がトピックスとなるでしょう!
特にテレビ業界から見たネット業界というものを客観的に見ることができる
パネルディスカッションは必見です。

基調講演では、4名の方にご講演いただきますが、トップバッターである財団法人国際IT財団専務理事の中村伊知哉氏(元郵政省)の「メディア融合2.0」は聞き逃せないことでしょう。

放送と通信の融合の動きは個々毎日のように世間を騒がせていますので、その状況については、大変楽しみであります。

ネットビジネスをもっと身近なものとして感じていただけるように、企業側と参加者側双方にとってメリットのあるカンファレンスの実現を目指します。

未来のネットビジネスをいち早く理解し実践するために、会場で今話題となっている各種のテーマに触れていただければと思います

ご参加お待ちしております

JANES-Way episode2 
『最新のWebテクノロジー&サービスの探求』
〜ブームを巻き起こしたWeb2.0 その経過と先進事例〜

開催日程: 2006年 11月 15日 水曜日
開催時間: 10:30 〜 21:00
     (JANES+就活カンファレンス+懇親パーティ)
開催場所: ベルサール九段 3/4F全面
参加費: 一般 3,000円(事前振込) 5,000円(当日)
    学生 今回につき無料
公式ホームページ:http://janes-way.net/
予定者数: 一般:1,200名以上(前回約1,000名)
     学生:約800名
予定出展者数: セッション:約35社〜45社
       ブース出展:約100〜120社

詳細、お申込はこちらから → http://janes-way.net/

====================================

現時点で聴講したいセッションはありませんが、コマの埋まり具合を見て当日参加でもできればと。


Web2.0が面白いほどわかる本
Web2.0が面白いほどわかる本小川 浩 後藤 康成

中経出版 2006-10-03
売り上げランキング : 9109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Web2.0のビジネスルール 文系のための「Web2.0」入門 グーグル・アマゾン化する社会 Web担当者 現場のノウハウ Vol.01 図解 Web2.0 BOOK

BOOKデータベースより
グーグル、Amazon、ブログ、SNS、iPod―これらのインターネットの世界で話題を集めている企業やサービスは、いずれも「Web2.0」という言葉でくくられています。「Web2.0」は、いまや時代を象徴するキーワードといっても過言ではありません。ビジネスパーソンが最低限、知っておきたい知識や潮流を図解入りでやさしく解説します。
目次:
第1章 Web2.0の基本の基本(Web2.0はなんと読む?
そもそもウェブってなに? ほか)
第2章 Web2.0の世界をのぞいてみよう(Web2.0を代表する企業・サービスとは?
グーグルのどのへんが「2.0」なのか? ほか)
第3章 Web2.0を理解するためのキーワード(サービスを組み合わせる「マッシュアップ」
「データは次世代のインテル・インサイド」の意味 ほか)
第4章 Web2.0は、ビジネスや社会をこう変える(世界のIT企業の勢力図はどう変わる?
日本のIT企業の勢力図はどう変わる? ほか)


Web2.0が殺すもの
Web2.0が殺すもの宮脇 睦

洋泉社 2006-09
売り上げランキング : 5031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天市場がなくなる日 テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 Web2.0でビジネスが変わる

BOOKデータベースより
近頃グーグルの検索結果にはノイズが多い!揺らぐ検索結果への信頼、グーグルの連続シェア拡大がストップ!Web2.0的サービスの知られざる盲点、弱点とは何か?巷にあふれる礼賛本とは一線を画す初のWeb2.0批判書。Web2.0という空疎な言葉を弄ぶ新たな支配階級を引きずり降ろせ。
目次:
序章 あえて行うWeb2.0礼賛―Web2.0ホメ殺し
第1章 Web2.0は誰にとっての金脈なのか―猫も杓子もWeb2.0という状況を嗤う
第2章 グーグルはフリーライドキング(タダ乗り王)だ―Web2.0企業の意外な盲点とは?
第3章 集合知を必要以上にもてはやすな!―グーグル礼賛はグーグル設計者を神として祈りを捧げる行為に等しい
第4章 Web2.0で生まれる情報格差社会―Web2.0的社会で置き去りにされる人々
第5章 Web2.0が消えてなくなる日―グーグルのビジネスモデルの死角、そして破綻までをシミュレートした未来
MARCデータベースより
近頃グーグルの検索結果にはノイズが多い。揺らぐ検索結果への信頼、グーグルの連続シェア拡大がストップ! Web2.0的サービスの知られざる盲点、弱点とは何か? 巷にあふれる礼賛本とは一線を画すWeb2.0批判書。



posted by 課長007 at 19:16 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - JANES-Way episode2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。