2006年08月29日

日本の起点?

東京・日本橋 三越本店&三井本館

『JADMA・(社)日本通信販売協会』訪問の帰途に足を止めてパチリ。


景観論争で話題の東京・日本橋と、三越本店&三井本館です。


やっぱ東京で働くなら千代田区か中央区が落ち着いてていいですね。

渋谷区や港区はどうしても浮き草チックなので、取り引きも慎重になってしまいます。



『熈代勝覧』の日本橋―活気にあふれた江戸の町
『熈代勝覧』の日本橋―活気にあふれた江戸の町小澤 弘 小林 忠

小学館 2006-01
売り上げランキング : 113671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
洛中洛外図 舟木本―町のにぎわいが聞こえる 大江戸見聞録 江戸名所図屏風―大江戸劇場の幕が開く モースコレクション / 写真編  百年前の日本 〔普及版〕 一目でわかる江戸時代―地図・グラフ・図解でみる

BOOKデータベースより
200年前の江戸・今川橋〜日本橋の大通りを俯瞰描写した12mの大作を詳細に紹介。88軒の問屋や店、男1439人、女200人、子ども32人、犬20匹、馬13頭、牛4頭、猿1匹、鷹2羽が登場する、いきいきとした風俗絵巻。
目次:
『熈代勝覧』の世界―二百年前の日本橋通り
『熈代勝覧』絵巻(今川橋から本銀町、本石町へ
本石町から十軒店、本町へ
室町三丁目から二丁目へ
室町一丁目から日本橋へ)
『熈代勝覧』にみる諸職・諸芸の図
『熈代勝覧』の町並みをゆく―文化二年(一八〇五)春の長閑けき日楽隠居が案内する日本橋通り
『熈代勝覧』絵巻について
MARCデータベースより
200年前のお江戸日本橋大通りを克明に描いた、12mの絵巻をじっくりと紹介。1671人の話し声やざわめき、笑い声がすぐそこに! 見るほどに面白く、江戸の日常が感じられる本。


三井財閥の人びと―家族と経営者
三井財閥の人びと―家族と経営者安岡 重明

同文舘出版 2004-01
売り上げランキング : 77533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
目次:

第1章 三井家の人びととの対談の意義(どのような関心からか
同族会社の比重)
第2章 三井財閥の位置(日本財閥の特色
三井財閥の特色)
第3章 三井家の人びととの対談(一九七八年、七九年)(三井高公氏―敗戦後の三井家
三井礼子氏―三井家の婚姻と相続 ほか)
第4章 三井系経営者等との対談(一九八一年、八五年)(江戸英雄氏―昭和前期の三井本社
上野直蔵氏―大正期の三越京都支店 ほか)
第5章 「三井各家々憲」について(三井各家々憲)
MARCデータベースより
三井家の人々と三井系企業経営者へのインタビューを通して、戦前から戦後にかけての三井財閥の歴史に光を当てる。1978〜85年に行われた対談記録を収録。



posted by 課長007 at 11:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日本の起点?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。