2006年08月09日

BtoBセールスはロングテールを拾えるのか?

CNET Japan Blog - 坂本健太郎のIT業界マーケティング活用術:ロングテール的マーケティング戦略

ロングテール的マーケティング戦略の主なポイントは下記の通りです。

1、少顧客数×大案件規模→多顧客数×小案件規模への営業思考の変化

2、顧客価値を元にしたマーケティング戦略の立案

3、製品にパートナーが付加価値を加えやすいインターフェースの開発

4、顧客に近いパートナーとの関係強化

 このロングテール的マーケティング戦略は、よくあるチャネルの中抜きではありません。顧客価値という視点でサービスビジネス戦略を構築したうえで、顧客価値を共同で提供可能な企業とパートナリングを行うという発想です。

 今後、ソフトウェアのサービス化という考えが市場に浸透するにしたがい、顧客価値は複雑化することが考えられます。顧客価値を提供するという観点で重要なのは、「自社だけでは顧客の満足を得られない」ということです。顧客価値に基づいて、今後のパートナー戦略を再検討されてみてはいかがでしょうか。


引用終わり〜〜〜〜〜〜〜


いわゆる多品種・少量・短納期の『ジャストインタイム』なんだと思いますが、それを製造業だけでなく流通・サービス業にまで広げられるような、コラボレーションやパートナーシップの必要性を痛感する日々ですので、結びの部分に大きく共感させていただきました。


さて、どう我が社にインプリできるものか...



マーケティング・チャネル研究のフロンティア
マーケティング・チャネル研究のフロンティア高橋 秀雄

同文舘出版 2006-03
売り上げランキング : 122003


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
目次:

第1章 チャネル関係に関する調査・研究の動向とその検討
第2章 チャネルにおけるパートナーシップ、戦略提携に関する議論の問題点
第3章 チャネル・パワー論、チャネル・コンフリクト論の検討:Sternを中心として
第4章 マーケティング・チャネル研究の方向性
第5章 産業財のマーケティング・チャネル
第6章 サービス製品(財)のマーケティング・チャネル
第7章 有形財の電子マーケティング・チャネル
第8章 サービス財の電子マーケティング・チャネル―旅行商品を中心として
第9章 国際マーケティング・チャネルの管理
MARCデータベースより
チャネル関係の分析、チャネル・パワー、チャネル・コンフリクト等に焦点を当てた議論を展開。さらに、今まであまり研究がなされてきていない産業財のマーケティング・チャネルなどを取り上げて検討する。


実践!ジャスト・イン・タイム生産―徹底したムダ取りの思想と技術
実践!ジャスト・イン・タイム生産―徹底したムダ取りの思想と技術平野 裕之 古谷 誠

PHP研究所 2003-11
売り上げランキング : 333468


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
必要なモノを、必要な時に、必要なだけ!!現在は多品種少量短納期生産、スモールメリットの時代 造りすぎのムダ、手持ちのムダ、在庫のムダ…徹底したムダの排除を実践!!在庫は企業のあらゆる問題を覆い隠してしまう モノづくりの思想、技術を分かりやすく解説した決定版。
目次:
第1章 市場の変化と製造企業
第2章 JIT生産とは何か
第3章 5S・3定
第4章 流れ生産
第5章 多工程持ちと少人化
第6章 平準化と標準作業
第7章 かんばんと目で見る管理
第8章 品質保証と自働化
第9章 段取り替えと保全・安全
MARCデータベースより
現在は多品種少量短納期生産、スモールメリットの時代。造りすぎ・手持ち・在庫など、様々なムダを徹底排除! 企業のあらゆる問題を覆い隠してしまう在庫の解消を目指して、モノづくりの思想・技術をわかりやすく解説する。



posted by 課長007 at 12:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - BtoBセールスはロングテールを拾えるのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。