2006年07月24日

【号外】製紙業界もWeb2.0?

吉例の日経ケータイ・ニュースの号外です。


王子製紙が北越製紙に敵対的TOB、三菱商事と争奪戦に
製紙業界最大手の王子製紙は23日、業界6位の北越製紙に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。7月3日に経営統合を提案したが、北越が21日に三菱商事から約24%(議決権ベース)の出資を受けて傘下に入ると発表したため、敵対的な買収提案に踏み切る。実現すれば王子の世界シェアは現在の7位から5位に上がる。北越を巡り三菱商事と王子製紙という大企業同士が争奪戦を繰り広げる異例の展開になる。


NHKニュース-北越製紙社長 経営統合を拒否
製紙業界最大手の「王子製紙」が、業界第5位の「北越製紙」の株式の公開買い付けを行って経営統合を目指すことを決めたことについて、北越製紙の三輪正明社長は23日夜、記者団に対し「力ずくでの買収は許されない」などと述べ、王子製紙との経営統合を拒否する考えを明らかにしました。
(7月23日 23時30分)


以上、引用〜〜〜



OA化やIT化の時だけでなく環境経営の現在も「ペーパーレス」が声高に叫ばれてきたが、そのスピードが遅々として進まないのは何故だろう???


今後Web2.0によって世界中の“知”がネットに集まってくるわけだが、そこには常に『デジタルデバイド』とか『メディアリテラシー』という問題が控えている。


下手すると『日本版SOX法』『e-文書法』などの内部統制強化を受けた情報管理施策とも相まって、“紙”の需要は増えることはあっても減ることはないのではないか?と思われるわけで...

↓ここでいいこと聞けるかな?

【セミナー情報】電子社会・電子行政戦略会議





電子政府と知的財産―ペーパーレスシステムの技術と開発
電子政府と知的財産―ペーパーレスシステムの技術と開発石井 正 岩崎 嘉章 赤川 誠一

経済産業調査会 2004-05
売り上げランキング : 340332


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
コンピュータ技術、そのハードウエアとソフトウエアの技術は時代の要請もあり、今日急速の進歩をとげつつある。特許庁では、他の省庁にさきがけてコンピュータ利用を促進し、効率的でスピーディな行政サービスを目指して全ての業務をコンピュータ中心に根本的に改善、多大な成果を修めてきている。本書は、特許庁において開発したペーパーレスシステムについて、その歴史的経緯・システムの目的・システムの技術内容・開発の課題と解決・システム開発の評価等、その全体像を徹底的に紹介した上で、平易に解説を試みた。また、今後の電子政府構想「e‐Japan」実現に向けた展望等、道筋を提示した。更に、米国特許商標庁・欧州特許庁の電子システムについても開発に携さわった現地の専門家により詳しく紹介、わが国ペーパーレスシステムの共通点と相違点を浮彫りにしている。
目次:
第1章 現代のペーパーレス特許庁
第2章 特許庁におけるコンピュータ化の歴史
第3章 特許/意匠/商標審査におけるサーチの課題と解決
第4章 サーチシステムの技術的変遷
第5章 電子出願システムにおける技術的課題
第6章 電子出願システムにおける制度的課題
第7章 電子出願システム
第8章 庁内電子事務処理システム
第9章 工業所有権情報サービス
第10章 米国特許商標庁自動化の計画と変遷
第11章 欧州特許庁の自動化と国際貢献
第12章 日本特許庁による自動化協力
MARCデータベースより
特許庁ペーパーレスシステムの全貌を網羅的・体系的に解き明かすと共に、e‐Japan構想実現に向けた道筋を提示する。米国特許商標庁、欧州特許庁の電子システムについても詳しく紹介し、わが国との共通点・相違点を示す。


IT内部統制実践構築法―急務!!日本版SOX法にも対応する
内山 悟志 金谷 敏尊

4883732231

関連商品
内部統制実践ガイド [新制度対応版]
情報システムの内部統制―ITに対応した評価の計画と手続
SOX法とは何か? 米国企業改革法からCSR、内部統制を読み解く
図解 よくわかる企業セキュリティ入門―事業継続(BCM)とSOX法
なるほど図解 内部統制のしくみ
by G-Tools
BOOKデータベースより
目次:

第1章 IT内部統制の全体像
第2章 IT戦略マネジメント
第3章 IT投資マネジメント
第4章 IT組織マネジメント
第5章 ITソーシング・マネジメント
第6章 ITアーキテクチャ・マネジメント
第7章 ITサービス・マネジメント
第8章 ITプロジェクト・マネジメント
第9章 ITユーザー・マネジメント
第10章 ITリスク・マネジメント
付録 ITガバナンス簡易診断
MARCデータベースより
企業におけるIT運営において重要なITガバナンスを、戦略・投資・組織・ソーシング・アーキテクチャなど9つのマネジメント・ドメインに体系化し、順を追って解説する。



posted by 課長007 at 02:07 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【号外】製紙業界もWeb2.0?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。