2006年07月19日

SFA導入で失敗する3つの落とし穴

お足元の悪い中(笑)、以前も『セミナー参加』したシンフォニーマーケティングと旧Siebelとのコラボレーションセミナーに行ってきた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タイトル
コラボレーションセミナー
『SFA導入で失敗する3つの落とし穴 〜多くの企業が陥る
データ管理の穴とSFAの失敗から抜け出す方法〜』


日時
2006年7月18日(火)14:00〜17:10 ※受付開始 13:30

会場
日本オラクルセミナールーム

定員
80名

参加費
無料 ※申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。

対象
SFAやCRMの導入を検討されている企業様、法人営業(BtoB)でのビジネスにおける、マーケティングご担当者様、経営企画、販売企画、販売促進、営業支援ご担当者様

主催
日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社
シンフォニーマーケティング株式会社

協賛
日本オラクル株式会社

お問い合わせ
シンフォニーマーケティング株式会社

セミナー内容
■第一部
『SFAのポテンシャルを最大に引き出す仕組みとは
〜社内で眠っていた顧客・見込み客データから案件が続出!〜』
講師:シンフォニーマーケティング株式会社
代表取締役 庭山一郎

受注までのプロセスを可視化して、効率化を進めたい。SFAの導入で営業に科学のエッセンスを導入したい。
贅肉のない筋肉質の企業を創るには営業にメスを入れることは避けて通れない。
ここまでは経営者すべての共通認識です。
しかし、一方ではSFAの導入を成功させることが簡単ではないことも事実です。
SFA導入が成功し、実際に企業の営業案件が可視化できるようになった企業の事例を交えて、劇的に変わる法人営業の最前線をご覧ください。

【課長007】
多分、はじめて聞かれた方には盛りだくさん過ぎたかもしれませんし、我が社より一歩も二歩も進んでいるような企業には物足りなかったかもしれないのでしょうが、小職としては改めて、自セクションのミッションたる“集客力”にフォーカスして企画・実行すべし!と再確認させていただきました。

  マーケティング力とは?、集客力+販売力+商品力(生産力+開発力)


■第二部
『DNAから変える営業支援
〜眠っているSFAを目覚めさせる手法とは〜』
講師:日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社
シニアセールスコンサルタント 宮川崇氏

企業間競争が激化するなかで、営業部門が従来と何ら変わらずにいる事は企業間競争に勝ち抜いていけないことを意味します。つまり、営業部門の強化は時代の必然であると言えます。個々の営業マンが頑張りさえすれば売れる時代は終わり、組織としての営業力の強化、営業マン個々の営業生産性アップなどが求められています。
勝つ営業には組織的な仕組みとプロセスが必要なのです。営業展開を支える仕組みに「シーベル(オラクル社が買収したNo.1 CRMベンダー)」を導入し営業現場でどのように活用し効果を発揮させたらよいか、その「工夫とコツ」についてご紹介させて頂きます。

【課長007】
申し訳ない。この時間眠かった。m(_ _)m
っていうかSiebelさんってこんなにプロセス云々おっしゃるベンダーでしたっけ?というぐらい、ある種『ソフトブレーン』のような趣きのセッションでしたね。


■第三部
『最強の分析機能(ビジネスインテリジェント)を搭載した
Oracle CRM OnDemand 見参!
〜ASP型CRMから始める営業改革〜』
講師:日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社
担当部長 横山富氏

営業力向上のため、システム導入を検討する企業が増えておりますが、本当に成果が出るか疑問を感じている方も多くいらっしゃいます。初期投資を抑え、効果を測定しながら営業改革を進めていくにはASP型CRMが最適です。
オラクル社が買収した Siebel OnDemand (現Oracle CRM OnDemand)は最強の分析機能(ビジネスインテリジェント)を搭載しており「経営の見える化」を支援いたします。SFA/CRMシステム導入に再チャレンジするお客様や新規導入をお考えのお客様に次世代のCRMを体感頂けるものと思います。
本セミナーでは、Oracle CRM OnDemand(ASP型CRM)をご紹介させていただきます。

【課長007】
第二部と時間配分をシェアした方がよかったでしょう。というぐらい時間が不足してしまい、見たかった・聞きたかったデモが不十分だったのが残念です。

なんといってもSiebelのBIモジュールが標準実装されたASP型のSFAが月額1万円を切るというのですから、他のSFA/CRMベンダーはうかうかしていられませんね。

  過去記事:『データウェアハウス & CRM EXPO』

Oracleは既存のCRMやBIはすべてSiebelプロダクトにスィッチしていくらしいので、特に飛ぶ鳥を落とす勢いの『salesforce.com』もASPをWeb2.0っぽく見せてるだけでは、Oracleの資金力にはかなわないんじゃないのかなと思う次第です。
「The Future of Software : ソフトウェアの未来 」
〜SaaS がもたらす経営のスピードと柔軟性 〜




営業支援・顧客維持システム―知恵で売るナレッジマネジメント
営業支援・顧客維持システム―知恵で売るナレッジマネジメント長尾 一洋 本道 純一 村上 勝彦

中央経済社 2002-10
売り上げランキング : 201670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
頑張っても売れない時代の営業システムづくり107のポイント―売上アップに直結するIT化とCRMの進め方 これなら勝てる!必勝の営業術55のポイント―最強の兵法を営業改革に活かせ 業績を上げ人を育てる グループウェア日報活用法―日報とグループウェアの融合が生み出す新しい価値とは 実践SFA―究極の営業革新セールス・フォース・オートメーション

BOOKデータベースより
時代は急速に変化し、それに伴い仕事の仕方も大きく変わってきています。営業部門を見ても、「頑張れば売れる時代」が既に過去のものになったにもかかわらず、旧態依然とした感覚で仕事をしている人や企業が少なくありません。本書では、時代に即した仕事のあり方を紹介し、業績を上げるためのSFA(営業支援システム)、CRM(顧客維持管理システム)の導入と運用を、これまで手掛けた多くの事例をもとにやさしく解説します。業績を上げたい、営業部門の改革を行って「売る力」を強化したい、新しい時代の経営を実現したいという経営者や営業部門の責任者に最適の一冊です。
目次:
第1章 頑張れば売れる時代の終焉
第2章 IT化の必然
第3章 SFA(営業支援システム)の実際
第4章 SFA導入の手順
第5章 CRM(顧客維持管理)の実際
第6章 CRMの活用
第7章 知恵で売る時代のナレッジマネジメント
第8章 価値観共有に向けた教育法
第9章 目標から評価へつなぐ習慣化サイクル
第10章 21世紀の企業経営のあり方
MARCデータベースより
既に過去のものとなった「頑張れば売れる時代」の感覚で仕事をしている人や企業は少なくない。時代に即した仕事のあり方を紹介し、業績を上げるためのSFA、CRMの導入から運用をやさしく解説する。


図解 やさしくわかるSFA
図解 やさしくわかるSFA水田 哲郎 森 俊彦

日本能率協会マネジメントセンター 1999-09
売り上げランキング : 109957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
図解 よくわかるCRM トコトンやさしいCRMの本

BOOKデータベースより
企業には今、顧客に対して柔軟・機敏に対応する「顧客中心の経営」を行うことが求められています。そのような状況の中で、顧客対応力の強化を目的として登場した情報システムがSFA(Sales Force Automation)です。本書は、SFAの特徴や導入方法について、わかりやすく紹介したものです。
目次:
第1章 SFAとは何か
第2章 SFA導入の成功ポイント
第3章 SFA導入の考え方と進め方
第4章 SFA導入計画の作成方法
第5章 営業スタイルに応じたSFA化のポイント
第6章 SFAを支える情報技術
第7章 SFA導入事例
MARCデータベースより
営業業務を支援対象とする情報システム「SFA」の特徴、SFAの導入を成功させるポイント、導入の考え方と進め方、導入計画の作成方法、具体的な導入事例などを、図を用いながらわかりやすく解説する。

posted by 課長007 at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - SFA導入で失敗する3つの落とし穴
この記事へのコメント
007様、お久しぶりです。
コメント頂いてうれしかったです!!

今日の記事と関係のないお話で恐縮ですが、007様はSEのようなお仕事もされていたのですね。驚き。いろいろな顔をお持ちの007様、まさに007といったところですね。
Posted by 女課長ことmiemomo at 2006年07月19日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録