2006年06月01日

マイクロソフト転職相談会のお知らせ

人材マーケットの需給が逼迫し、欲しい人材が簡単に採れない時代になりましたね。


『世界中の膨大なユーザーがあなたのアイディアの実現を待っています!』

と銘打った採用セミナーのメール広告が『@ITクラブ』から届きました。

マイクロソフト転職相談会のお知らせ


ITバブルの頃は『転職支度金・100万円進呈!』なんて企画もありましたね。


リクルート ワークス研究所 Works Institute『IT労働市場 能力開発整備への処方』
2000年8月10日
〜〜人材獲得競争の対象となる“ハイスペックな技術者”(ex.マイクロソフトの支度金付き募集)〜〜

影ながら『転職したい会社』のランキングが上がることをお祈り...無理か。(爆)



転職する・しないにかかわらず『いつでも売れる人間』でいたいなと思う次第です。



簡単・明解!あなたのホントの「市場価値」教えます
簡単・明解!あなたのホントの「市場価値」教えます藤田 聡

祥伝社 2003-06
売り上げランキング : 332081

おすすめ平均 star
starよくできた良書です
star自分の棚卸しとキャリアを考える上でお勧め!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
業種・職種に関係なく、全てのビジネスマンに共通のコアスキルを測定。10万人以上が活用した画期的プログラム。
目次:
1 プロローグ―市場価値は何を教えてくれるのか
2 市場価値測定テスト―13のテストで自分のスキルを総チェック
市場価値(年収)測定―能力バランスをチェックして、自分の実力を知ろう
3 市場価値カウンセリング―いかにしてスキルアップを図るか
4 市場価値を決めるその他のポイント―細かいところで勝負が決まる
5 市場価値を高める転職の方法―成功する転職のための6つのステップ

市場価値測定テストで見えてくる自分の「値段」の高め方―人材評価のプロが明かす自己分析とキャリアアップの方法
市場価値測定テストで見えてくる自分の「値段」の高め方―人材評価のプロが明かす自己分析とキャリアアップの方法藤田 聡

大和出版 2003-02
売り上げランキング : 268657

おすすめ平均 star
star自分の気付かなかった一面が見えてくる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
本書では、市場価値測定プログラムの理論と数多くの測定データをもとに、「ビジネスマンの市場価値を下げる意外な落とし穴」や「市場価値を上げる人の共通項」なども明らかにしています。また、「自分の値段」を高めるためのキャリアプランについては、3種類のワークシートを用意しています。実際、このシートを使ったキャリアプランニングで、多くのビジネスマンが自分の市場価値を高めることに成功しています。本書では、そのつくり方と使い方について、記入例をあげて具体的に説明しています。ただ、自分の努力で市場価値を上げても、それがすぐに職場での評価につながるとはかぎりません。そこで、上司と良好な人間関係を築くための方法にも言及し、コミュニケーションのとり方について詳しく解説しています。
目次:
PROLOGUE ビジネスマンの6割が現在の年収よりダウン!
1 まずはあなたの「時価」を試算してみよう―市場価値は13の能力で決まる
2 あなたの値打ちを下げる意外な落とし穴―本当に求められているスキルはこれだ!
3 個性を活かせば市場価値はこれだけアップする―パーソナリティ分析でわかるあなたの持ち味
4 これが「自分の値段」を上げる人の共通項だ!―ビジネスマン「新・三種の神器」とは何か
5 キャリアアップのための10年計画を立てよう―無理・無駄のない自己改造プランニング
6 こうすればあなたの真価は認められる―アピールのしかたで評価はグンと変わる
MARCデータベースより
あなたは、自分の「本当の値段」を知っていますか? ビジネスマンの「価格破壊」の波が押し寄せる今、「自分の値段」を高める方法を伝授。チェックしてわかるコアスキルレベルテスト、パーソナリティ分析を収録。

異端パワー―「個の市場価値」を活かす組織革新
異端パワー―「個の市場価値」を活かす組織革新林 吉郎 福島 由美

日本経済新聞社 2003-05
売り上げランキング : 369767

おすすめ平均 star
star流動化する雇用市場でのモラルアップに貢献したエンプロイアビリティーを解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
多数派の意見は往々にして“月並み”にまとまりがち。多少トゲはあるが、斬新なアイデアを持つ少数派の意見を取り込んでこそ、企業はさらに強くなる。どうすれば新しい発想を活かせるか?異端から学べる組織のあり方と、そこで求められる個人のスキルを探る。
目次:
第1章 個が活かされない日本の組織
第2章 エンプロイアビリティーは何をもたらすか
第3章 迫られる意識改革―それは日本企業に根づくか
第4章 これから求められるスキル
第5章 異端パワーの組織革新
第6章 異端パワーから学ぶために


posted by 課長007 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - マイクロソフト転職相談会のお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。