2006年05月19日

やはりKDDIは負け組だったか?!

KDDIとGoogleの業務提携ネタで、

通信業界のカオスは三方一両損か?

以前まで当方が勝手に『負け組』と位置付けていたKDDIが浮上してくるかと思ったが、昨日の発表内容では「やはり負け組か?orz」と言わせていただくしかないと思う。



以下、CNET Japan〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

KDDIとグーグルが提携--「ケータイでググる時代がやって来る」 2006/05/18 15:08

 KDDIとGoogleは5月18日、業務提携を発表した。KDDIの提供するau携帯電話のインターネットサービス「EZweb」において、7月よりGoogleの検索エンジンを採用する。

 これまでもEZwebでは検索機能を提供していたが、検索結果にはEZweb内のコンテンツのみが表示されていた。今回の提携では、EZwebのトップにGoogleの検索ボックスを設置し、検索結果としてEZwebの公式サイト、EZwebの一般サイト、PCサイトの結果が順に表示される。

 EZwebの独自コンテンツへのアクセスも改善される。例えば、EZwebのトップページから好みのアーティスト名を検索した場合、現状では関連する公式コンテンツへのリンクのみが表示されていたが、新機能ではアーティストの楽曲がダウンロードできる直リンクが表示されるなどして、楽曲購入までの使い勝手が向上する。

 Googleの検索技術を利用することで、検索結果のページには検索キーワード連動型の広告が表示される。広告収入が両社間でシェアされるのかについては明らかにされていない。広告主は、Googleの提供する携帯電話向けの「Google モバイル広告」に申し込むことで、au端末に広告を掲載できるようになる。

KDDI 執行役員 コンテンツメディア事業本部長の高橋誠氏は、「EZwebのような携帯電話向けインターネットは、選び抜かれたコンテンツをユーザーに提供することは得意だった。しかしユーザーからは、一般情報を検索して見つけたい場合に十分な情報がないと言われていた。Googleと提携することで、KDDIは他社に先駆けてオープンなインターネットに対応し、情報閲覧のニーズに応える」とした。

 また同氏は、携帯電話のデータ通信に定額制が採用されるようになって以来、「テレビを見ながら携帯で情報を調べたいといったニーズが高まっており、携帯がテレビや新聞など他メディアと連携することが重要になってきた」とした上で、「今回Googleと提携することで、さまざまなメディアを見ながら携帯でググる時代が来るだろう」と述べた。

 Googleのモバイルプロダクト マネジメントディレクター ディープ・ニシャー氏も、今回の提携が「イノベーションを通じてユーザーの価値を高めるものだ」とした。

 なお、18日はソフトバンクが、同社の買収したボーダフォン日本法人の社名を10月1日より「ソフトバンクモバイル」に変更すると発表している。ソフトバンクブランドでサービスを展開することで、同社のグループ会社でGoogleのライバルでもあるヤフーのコンテンツを活用したい考えだ。

 今回のKDDIとGoogleの提携は検索分野のみだが、今後両社は共同で提供できるサービスの可能性についてさらに検討する予定だとしている。

以上、CNET Japan〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






小職も自前のFOMAではGoogleをブックマークして使ってますので、クロスメディアのインフラ拡充は認めますが、例えばISP各社の検索ボックスをGoogleが提供しているのと同じレベルの提携だと思うのです。




ということで、

       NTT   KDDI      ソフトバンク
固定   東西    KDDI      日本テレコム
ケータイ ドコモ   au        ボーダフォン
IP     コム    パワードコム 日本テレコム
ポータル goo   Google    Yahoo!
AV   Microsoft  ???       apple

↑この構図は思い過ごしとして、
↓一旦差し戻しておこうと思います。
 _| ̄|○

       NTT   KDDI      ソフトバンク  ???
固定   東西    KDDI      日本テレコム  ???
ケータイ ドコモ   au        ボーダフォン  ???
IP     コム    パワードコム 日本テレコム  ???
ポータル goo   ???       Yahoo!  Google
AV   Microsoft  ???       apple   ???



業界別対策 一般常識・SPI 情報・通信〈2007年度版〉
業界別対策 一般常識・SPI 情報・通信〈2007年度版〉白石 弘幸

早稲田教育出版 2005-10
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star情報通信で頻出のCABが載ってないのは、片手落ち
star時代はSPIじゃなくて、SPI2だよ!古臭い本!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
本書は、情報・通信業界を専門的に扱った入社筆記試験対策のための本です。
目次:
プロローグ 一般常識・SPI解答の鉄則
第1部 言語能力対策(国語
英語)
第2部 非言語能力対策(数学
判断推理)
第3部 知識問題対策(理科
人文社会)



posted by 課長007 at 11:53 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - やはりKDDIは負け組だったか?!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。