2006年05月17日

80対20の法則を覆す ロングテールの法則【セミナー】

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

以前掲載した『六本木アカデミーヒルズでのセミナー』の参加速報です。

いきなし

『ネット化』ではなく『自動化』です!!

『Web2.0』とか期待されている方はごめんなさい!


と啖呵を切っていらした割には、アジェンダの時間配分は↓こんな感じだったでしょうか。

●従来のマーケティングは顧客を切り捨てていた!80対20の法則を覆す「ロングテール」 とは?
⇒⇒⇒10%
●ニッチをかき集め、科学的に売上を上げる手法 「ロングテール戦略」
⇒⇒⇒10%
●PPC広告(広告型検索サービス)マーケティング
⇒⇒⇒40%
●ブログ マーケティング
⇒⇒⇒40%





かの書籍、Web2.0的なロングテール本ではなく実はダイレクトマーケティングやデータベースマーケティング本なわけで、そこを掘り下げてくれると期待してたんですが、2時間のうちおよそ8割がWebマーケティングに関するTips集に終始してしまったのは残念ですた。

_| ̄|○

となると『eMplex CRM』の機能拡張ロードマップを推察するに、

ネット広告のチューニングとfeedのモニタリングとかになるんでしょうか???


じゃないと『eMplex CRM』の販促シナリオ的に

■出版によって認知を獲得し
■セミナーによって興味を深めさせ
■他社製品との比較を経て
■購入につなげる

といったクロージングにつなげられないんじゃないのか???

と、他人事ながら心配になってしまいますた。


小職がイメージする『コンサルティングファーム出身者像』の

・テクノロジよりはプロセス
・コンセプトよりはメソッド
・インテグレーションよりはアナリシス


に強みをお持ちの方なんだなぁと、勝手にプロファイリングできました。


楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇
楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇リチャード・コッチ 高遠 裕子

おすすめ平均
starsこんな方におすすめです!
starsリチャード・コッチの最新作
starsすごくいい。
stars【20対80を実際に活用する】

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
「成功の80%は自分の技能や知識の20%から生まれる」「女性の関心の75%は男性の25%に集中する」などなど。手にとるようにわかる具体的な実践例を紹介。
目次
第1部 はじめに(大きな考え方
労力は少なく、成果は多く
時間はわが手に)
第2部 生活そして人生に活かす八〇対二〇の法則(強みの二〇パーセントに絞る
仕事と成功を楽しむ
お金の謎を解く ほか)
第3部 実現に向けて(節約型のポジティブな行動パワー
八〇対二〇方式の幸せ計画)

人生を成功させるための「80対20」革命!
人生を成功させるための「80対20」革命!リチャード コッチ Richard Koch 門田 美鈴

おすすめ平均
stars内容はハプンさせられますが、すべてにあてはめるもねえ
stars有名な法則なのでまずは読みましょう
stars著者が80対20の法則に反していてわねー・・・・・。
starsわかっているのに面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
「自分の一番得意なこと上位20%に焦点をあてて考えろ」「利益を生む20%の仕事のみに絞れ」「富の80%は、20%以下の時間で作り出される」「利益を生む社員と生まない社員とでは、少なくとも16倍の差が出る」より少ない労力で、富と幸せを獲得する方法。
目次
第1部 八〇対二〇人間の台頭(八〇対二〇革命への序論
創造力豊かな個人の台頭)
第2部 八〇対二〇の法則で成功するための九つの要素(自分のもっとも創造的な二〇パーセントを生かそう
優れたアイデアをまとめ変異させる
利益を生む少数の重要な力を活用する
アインシュタインの力を借りよう
優れた人材を集める ほか)
第3部 八〇対二〇革命(資本主義から個人主義へ
もし…だとしたら?)

80対20の法則
80対20の法則ポール マクナーニ Paul McInerney

三笠書房 2005-07
売り上げランキング : 26,102

おすすめ平均 star
star重要な20%を見つけるための3つのキーワード
star見事だ。応用範囲は広い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
「8割の結果は2割の原因から生まれる」―本書で紹介する「80対20の法則」は、きわめてシンプルだがあらゆる分野に応用できる黄金の法則だ。この法則を使えば、いままでよりはるかに少ない努力で、いままでよりはるかに大きな成果を確実に上げることができる。重要な2割とは?ムダな8割とは?この“魔法の数字”にあてはめるだけで、最高の結果を出すための手順が見えてくる。
目次
第1章 仕事で最大の成果を上げる「80対20の法則」―すべてはこの「選択と集中」がカギ
第2章 限られた「時間」を最大限に生かす法―たとえば2割の時間で、8割の仕事は終わる
第3章 自分の「能力」を面白いように伸ばす法―あなたの能力の8割はまだ眠っている
第4章 意外な盲点!これが頭がいい人の「仕事のやり方」
第5章 「宝物を運んでくる人々」の法則―いざという時に役立つ「2割」の人脈づくり
第6章 良質の情報を“最新兵器”で生かし切る法―インターネット、Eメールから読書術まで
第7章 文句なしの「トップ営業マン」になる法―2割の「売れるポイント」にパワーを集中
第8章 ヒット商品を産み出す法則―マーケティング戦略こそ「80対20の法則」の真骨頂
第9章 「最強の仕事師」を育てる法則―この少数精鋭チームで組織は万全

人生を変える80対20の法則
人生を変える80対20の法則リチャード コッチ Richard Koch 仁平 和夫

おすすめ平均
starsレバレッジの効く、重要な20%を発見せよ!
starsまさに、この本が80対20
stars残酷な法則
stars弱者必勝の法則!
starsパレートの法則

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
最小限の努力で最大限の効果が上がる!「利益の80%は20%の顧客がもたらす」「成果の80%は20%の時間で得られる」―仕事はもちろん、人間関係、投資、家庭、レジャーなどにも応用自在な、成功と幸福を呼ぶ思考法。
目次
第1部 80対20の法則―理解と利用法(80対20の法則とは何か
80対20の考え方)
第2部 実践・ビジネス篇(ビジネスへの活かし方
あなたの戦略はなぜ間違っているか
シンプル・イズ・ビューティフル ほか)
第3部 実践・生活篇(快楽主義の勧め
時間革命
望むものは必ず手に入る ほか)

80対20の法則を覆す ロングテールの法則
80対20の法則を覆す ロングテールの法則菅谷 義博

東洋経済新報社 2006-02-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BOOKデータベースより
ロングテールの法則とは、従来のマーケティング常識の「80対20の法則」(売上の8割は2割の優良顧客が生み出す)を覆す現象のことだ。ブロードバンド時代には、「売れない8割」すなわち「ロングテール(長い尾)」が、「売れる2割」を超える売上をもたらす。本書では、この法則を応用した、目からウロコのマーケティング戦略を解説する。
目次
第1章 ロングテールの法則(80対20の法則
「売上の80%は、顧客の20%が生み出す」 ほか)
第2章 ロングテール戦略(絞り込まないマーケティング
「ポテトはいかがですか?」の効果を知る仕組み ほか)
第3章 戦術レベルでのロングテール(「売れる仕組み」を自動化する
SEOとSEMの違い ほか)
第4章 ロングテールを体現する企業たち(アイクレオ メールマガジン「アイシュア」
グーグル 検索連動広告「アドワーズ」 ほか)
MARCデータベースより
ブロードバンド時代には「売れない8割」すなわち「ロングテール」が、「売れる2割」を超える売り上げをもたらす! 「売上の8割は2割の優良顧客が生み出す」という従来の常識を覆すマーケティング手法をわかりやすく解説。
カスタマーレビュー
ネット時代のビジネス教科書, 2006/05/14
ロングテールの法則について書かれた本ですが、ロングテールの法則以外の事柄でも大変興味深いことがかかれてあります。
ロングテールの法則というと、一見ネットビジネスしか適用しないように思え、リアルビジネスに携わっている人にはこの本は関係ないように思えるかもしれません。
それが意外にも、リアル関係者にもためになる本なんです。
特に、営業とマーケティングの関係についての章を読むと、これからまだまだ改善しないとダメだなぁと危機感を覚えました。
というわけで、ロングテールの法則の本というよりも、ネット時代のビジネス教科書であり、今後活用していきたい良書です。
「ロングテール」の意味をミスリード, 2006/05/08
流行言葉の「ロングテール」を使っただけの、ありきたりのe-Marketingの本。
『ウェブ進化論』を読む事で、著者がいかに誤った認識で「ロングテール」を用いているのかが分かる。
例えば、Amazonの「売れない80%」の売り上げ比率が過半を超えるというのは、後に「三分の一」の誤りであったと「ロングテール」の提唱者が自ら訂正しており、「ロングテール」はネットビジネスでしか成立しえない事を言っている。
菅谷はアクセンチュアのSE出身という事なので、あまり過剰な期待をするのも可愛そうだが、もう少し正しい知識を身に着けてから書いてもらいたいものだ。
書籍中に登場する幾つかの事例企業(ロングテールを体現する企業)が紹介されているが、内容は全くロングテールを体現できていない所に自己破綻をきたしており、笑うしかない。
知識レベルの低い読者にとってはミスリードを行う罪作りな本である。
「ロングテール」に興味のある人は、『ウェブ進化論』を読むべき。
以後、流行語に便乗する誤認に基づいて書かれた本がなくなる事を望む。
読みやすいビジネス書, 2006/04/22
読みやすく解りやすいビジネス書に仕上がっていますが
「ロングテールの法則」に特化した内容の濃いものではありません。
物事を手早く整理する頭のいい著者だと思いますが
断定調の書き方が続くと少々辟易します。
ロングテール戦略、まさに次世代のマーケティング論, 2006/04/15
非常に読みやすくかつ、またマーケティング書にありがちの欧米での事例に特化していないところがよい。 

P.S.
ちなみに「ブロガーは著者からのコメントをとても喜ぶ」というコミュニケーション・ネタも披露されてましたが、この記事は除外されてしまったようです。(笑)

posted by 課長007 at 19:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 80対20の法則を覆す ロングテールの法則【セミナー】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ロングテールの法則
Excerpt:  昨日、”レパートの法則”について書いたのがきっかけで、”ロングテール の法則”というのがあるのを、初めて知りました。 ”レパートの法則”で商品の売上を考えると、上位2割の商品が全体の8割 の売上をし..
Weblog: 自分探しの心の旅
Tracked: 2006-05-21 11:52

【セミナー】Roppogi BIZ『ロングテールの法則 ??菅谷義博??』
Excerpt: 前の記事で紹介した アカデミーヒルズ  が主催する 標記セミナー(5/17開催)に参加してきました。 Web2.0全体についての話が聞けることを期待しつつ 行ってみたのですが、 菅谷氏..
Weblog: ITアーキテクトのTaliesin(タリアセン)
Tracked: 2006-05-22 04:15
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。