2006年05月15日

B to B だからこそ Web サイトを活用しよう

応援していただいているようで、ありがたいです!

  マーケティングサイトのROIを高めるためにWeb2.0化させる


Japan.internet.com Webマーケティング - B to B だからこそ Web サイトを活用しよう

著者: 日本ブランド戦略研究所 執筆:榛沢明浩
▼2006年5月10日 11:00付の記事□国内internet.com発の記事

一般に、注目度が高いサイトはアクセスが多いといえます。

企業サイトの場合、どうしても B to C 企業の方が多くの人の注目が集まり、アクセスも多くなる傾向にあります。Web サイトに関する各種のランキングでは、上位にはポータルサイトやショッピングサイト、ニュースサイトのほか、企業サイトでは B to C 企業のサイトが入ることはあっても、B to B 企業のサイトが入ることはあまりありません。(マイクロソフトはちょっと違いますが。)

B to B 企業の人も、自社サイトをランキングで見かける機会がなく、メディアなどで取り上げられることも少ないとなれば、いきおい会社の中での注目度は小さくなります。その結果、サイトに配分される予算とスタッフも限られたものとなる傾向は否めない事実だと思います。

しかし、実は B to B サイトのビジネスへの貢献度は決して低くないのです。弊社の調査では、企業ごとにサイト利用率(ある会社の製品を購入した人のうち、どれだけの人が Web サイトを利用して情報収集をしたか)という指標を調べています。それによると、B to B 企業の方が、一般に B to C 企業よりもサイト利用率が高い傾向にあり、しかも上昇傾向にあります。

サイト利用率が高いのは何も IT 関連企業に限ったことではありません。一般的には古い体質で捉えられている業界でも、サイト利用率は確実にアップしています。

このようになる背景として、潜在ユーザーの行動パターンの変化があります。Web サイトは、B to C 企業では多様な情報源の一つと位置付けられていますが、B to B 企業ではその企業に問い合わせをする前にあらかじめ Web サイトで下調べをしておく、というように、購入プロセスの一つに組み込まれています

それにも関わらず、Web サイトに対する評価がなかなか高まらない原因として、先に述べたようなアクセス数に関わる問題のほか、B to B 商品ではユーザーがサイト上で購入などの直接的な行動を取ることが少なく、潜在ユーザーの問い合わせ行為があたかもサイトと独立して行われているように見えることが挙げられます。購入の意思決定には何人もの人が、時には組織を超えて関与していることも問題を複雑にしています。

企業の上層部の方が、昔の足で稼いだ営業の成功体験を持ち、しかも Web サイトをあまり使わない、という場合には更に Web サイトの重要性に対する認識が不足しがちとなります。

B to B 企業にとって重要なことは、Web サイトの貢献を改めて認識した上で、十分な投資を行うことであると思います。その上で、Web サイトから営業への導線をしっかりと作ることが重要となると思います。特に、B to B サイトでは社名で検索してトップページから訪問するユーザーが多いので、目的の情報をスムーズに見つけられるよう分かりやすいナビゲーションを用意することが重要です。

記事提供:(株)日本ブランド戦略研究所




ここまでバッチリ応援してもらっていてなんですが.....


































勝ったな  ( ̄ー+ ̄)キラーン

って感じですが、効果測定の調査をお願いする候補としてログっておきます。


産業財マーケティング―大競争時代のマネジメント革新
産業財マーケティング―大競争時代のマネジメント革新藤井 昌樹

東洋経済新報社 2002-07
売り上げランキング : 132,795

おすすめ平均 star
star産業財マーケの特徴がいまひとつ書ききれていない
star実践書ではなく教科書です
starすべての産業財関係者へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カスタマー・リレーションの戦略論理―産業財マーケティング再考
カスタマー・リレーションの戦略論理―産業財マーケティング再考余田 拓郎

白桃書房 2000-05
売り上げランキング : 114,906

おすすめ平均 star
star膨大な理論研究レビューが参考になりました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B2Bマーケティング―顧客価値の向上に貢献する7つのプロセス
B2Bマーケティング―顧客価値の向上に貢献する7つのプロセスジュリオ・チェザレ パチェンティ Giulio Cesare Pacenti 高達 秋良

ダイヤモンド社 2000-11
売り上げランキング : 147,234


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ソリューション営業の基本戦略
ソリューション営業の基本戦略高橋 勝浩

ダイヤモンド社 2005-07-01
売り上げランキング : 2,784

おすすめ平均 star
starこのセオリーは早く部下と共有した方がいい
star営業マネージャー必読の一冊
starさっそく部下全員に配った

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


戦略的ソリューション営業―顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ
戦略的ソリューション営業―顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ富士ゼロックス総合教育研究所

ダイヤモンド社 2000-04
売り上げランキング : 23,494

おすすめ平均 star
starProfitable Partnership(顧客と利益を共有する関係)に向けた、TQM思想にもとづく法人営業ロジ
star実践的な事例が多く、わかり易かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 課長007 at 17:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - B to B だからこそ Web サイトを活用しよう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。